« 顔のない人々 | トップページ | ニーチェと、日本の美意識と »

2008年10月29日 (水)

圧力なべvs陶器の煮込みなべ

左がクロックポット、右がフィスラー・ビタクイック 私の苗字は何故、ワタナベさんとかタナベさんとかナベシマさんとか“なべ”の入るものでは無かったんだろう? なべという言葉を聞く度に心が沸き立つ、胸踊る。
 そんなけいママキッチンに溢れるなべたち。「海を渡ったなべたち」に続いて第二弾を読んでやってくださいまし。と、今日は何やら穏やかではない?火花散るバトルの予感!
 10年以上も前に購入した、ドイツ製圧力鍋フィスラー・ビタクイック。かたやそれより以前にけいママキッチンにやって来た陶器製のクロックポット。「ふん! アタシのほうが古いようね」。「何言ってるの! 古さなんて関係ないわよ」。 早さが売りの圧力鍋まあまあ落ち着いて、お二人さん・・・ふ、ふたり? なべなのに!
 それにしても両者の言い分は真っ二つ。早さが売りの圧力鍋。確かに早い。野菜を炒めてブイヨンを入れ、蓋をして、圧力の表示ピンが上がったら火を弱めてわずか5分。その後火を消してピンが下がるまで置いておく。と、お肉もじゃがいももとろとろ。「そうでしょ? けいママ。カレーも、シチューも私の真骨頂! 私さえ居ればさ・・・・」と、ととと今日の献立は豆シチュー。
 実は前の晩からクロックポットに豆を入れて水に浸し、ふっくら脹らんだところで電気のスイッチを入れ午前中いっぱいコトコトと。その間子犬のように掃除や洗濯やと家事をこなす。キッチンをまったく気にせずに放っておける。「でしょ? でしょ? 昔から土鍋を使って、炭火や練炭などでゆっくり煮炊きするとろ火料理があったのよ。私が居ればただほっとくだけで、その美味しさが・・・」。今日の献立は豆シチュー
 皆さんも首をかしげています? けいママ、なんでどちらか片一方のなべだけで、豆シチューを作らないの? 洗い物が増えるだけじゃんって。ザッツ・ライト! あなたのおっしゃる通り。圧力鍋に豆も一緒に放り込んでしまえば、あるいは陶器の電気なべにベーコンブロックや野菜を入れて煮込めば、豆シチューが出来るんです、ちゃあんと。
 ところが昔からけいママキッチンでは、これがスパッと見事にお二人さん(?)の分業なんですね。まあ豆は一度にたくさん茹でて冷凍するからとか、理由はありますが、何よりキッチンで異なった時間の流れを楽しみたいと思うから。
 クロックポットでコトコトと豆を煮込んで、家ン中にじわじわとよい匂いが漂ってくる。あえて2つの鍋で分業しますそんな穏やかな時間を楽しむ。あるいはシュワシュワ〜と勢いよく圧力がかかって、あっという間になべという空間の中で食べ物が美味しく変化してゆくサマに立ち会う。どちらもわたしにとっては、何気ない日常の大切な時の流れ。ささやかなこだわり。ってなわけでお二人さん、握手して下さいね。これからも仲良くけいママキッチンで働いてください。

|

« 顔のない人々 | トップページ | ニーチェと、日本の美意識と »

けいママ・キッチングッズ」カテゴリの記事

けいママ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ケイママさん、そうなんですよ!圧力なべって短時間で素材をやわらかくする天才なんだけど、コトコト煮詰めて行く作業にはやっぱり時間と根気が必要なんですよね。だから違う特徴を持つ、どちらのお鍋さんも必要なんですね。なんだか人生を考えさせられる?
ま、私はコツコツ派(のつもり...)で、だれかさんは短期勝負型ですわ。(笑)

投稿: mari | 2008年10月31日 (金) 02時05分

わかります!
ダッチオーブンで作る料理も
美味しいですもんね〜!

投稿: Vn | 2008年10月31日 (金) 11時31分

maariさん、ドンピシャのコメントを
有り難うございます。
たかがなべ、されどなべ
奥が深いですよね?
世の中すべてこんな感じでしょうか?
洗濯物干すのに、いかに美しく干すかを基準に
とろとろやるヤツ
早さが勝負と、チャッチャカやるヤツが
同居している・・・また語りましょうねcafe

投稿: けいママ→mariさんへ | 2008年10月31日 (金) 11時32分

あっ、ダッチオーブン!
それも憧れています。
Vnさんのおっしゃる通り
素材の良さが引き出されますよね?
いつかゲットしてしまいそうで
こわいですeye


投稿: けいママ→Vnさんへ | 2008年10月31日 (金) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/42930792

この記事へのトラックバック一覧です: 圧力なべvs陶器の煮込みなべ:

« 顔のない人々 | トップページ | ニーチェと、日本の美意識と »