« 神戸栄町・新店情報 | トップページ | 栗の季節の“渋皮煮” »

2008年10月 5日 (日)

まもなく還暦・ギャラリー店主

まもなく還暦を迎えるギャラリー店主 人生60回目の誕生日を還暦と言うそうな。赤いちゃんちゃんこを着せてもらい、祝いの膳を前に目を細め、その回りでは孫達がはしゃぐ・・・。とは成りませぬ、ギャラリーPAXREX店主の還暦。
 折しも10月4日からスタートした「Decay」展。あれやこれやと準備に追われ、滑り込みセーフ。フーッ! 乙仲通に看板を出しました。麦わら帽にランニング姿の青年、まるで絵のよう? でも写真です。肩の辺りにすっと一本入った展覧会のロゴ、実はキリストの磔刑を少しイメージしています。現代文明の行き詰まりで、人も社会も崩壊してゆく。信じられない事件が毎日のように起こる。そんな今の日本の若者を捉えた作品が、時代に押しつぶされる受難者を表現したように感じたそうです。折しも10月4日からスタートした「Decay」展 鮮やかな色調、モダンで洗練された都会的な作風に込められた、重いテーマ『壊れてゆく』。
 作家のモルテザ・アリアナさんの、このシリーズを一目見て、ギャラリー店主は展覧会をお願いしました。何と幸せな還暦でありましょう。自分の想い、感動をそのまま引きずって、仕事に繋げてゆくことが出来るのですからね。多少の労苦もなんのその。
 今回はタイトルを最終的に決定するまでも、かなり時間がかかったようです。そりゃドイツ人のモルテザさんにとって、今回のテーマは『壊れてゆく』 まず浮かぶのは日本語ではありませんからね。さあ、何と訳せばいいのか・・・。ギャラリー店主は学生時代に使っていたボロボロのドイツ語の辞書をひっぱりだし、ベランダでタバコの煙をくゆらせながら考えあぐねておりました。でもそんな時間の流れを過ごす事に、限りない充実感とエキサイティングな喜びがあるんです、きっと。少なくともボケてはいられない!
 絵のような写真ですビルの地下空間にひっそりと佇むギャラリーPAXREX。ここはまもなく還暦を迎える店主の、仕事場であり、遊び場であり、そして出会いの場。60歳になってもなお「そんなん、知らんかった!」事はたくさん。「へええっ!」と驚く事も、美しさに打ち震える事も。今日出会えたあの人に、また会えるだろうか?PAXREXのアートが、あなたの心の慰みとなり、いつまでも愛され続けるだろうか?
 恐ろしいくらいに変わりゆく世の中で、壊れてゆく日常の中で、ぶれる事なく、PAX(平和)のREX(王様)でありたいと、60歳になる店主がお待ちしております(写真ギャラリーPAXREX) 肩肘はることなく穏やかな日々は続きます。

ギャラリーPAXREX
Decayー壊れてゆくー
Morteza Ariana
10月4日(土)~11月9日(日)
11時~19時(水曜定休)

|

« 神戸栄町・新店情報 | トップページ | 栗の季節の“渋皮煮” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お誕生日おめでとうございます!
今年も良い年になりますよう!
還暦を迎えられて
ますますギャラリー店主としての風格が
でてくるのでしょうねhappy01

投稿: Vn | 2008年10月 5日 (日) 11時35分

ありがとうございます。
正確には誕生日まであと4日、まだ50代です。
還暦を迎えても、風格が出るとは思えませんね。
まだまだガキの気分で、これからもっと成長しなきゃ
けいママに叱られそうです。

投稿: ひろパパ→Vnさんへ | 2008年10月 5日 (日) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/42679573

この記事へのトラックバック一覧です: まもなく還暦・ギャラリー店主:

« 神戸栄町・新店情報 | トップページ | 栗の季節の“渋皮煮” »