« 栄町の“ディスク・セレクトショップ” | トップページ | 立体?無彩色?の源氏物語絵巻 »

2008年9月11日 (木)

エルフさんの店

高柳佐知子さんの『エルフさんの店』  昨日あなたはどんなお店に行って、何を買いました?コンビニでお弁当?キオスクでお茶、雑誌?スーパーで野菜と魚?・・・な、なんか夢が無い。でもだいたいは、こんなもんですよね?そんな中、ステキな一冊の絵本に出会いましたよ。
 高柳佐知子さんの『エルフさんの店』。タイトルにもなっている“気まぐれや エルフさんの店”で売っているものは何? それは行ってみなきゃわからない。でもあなたの欲しいものに出会えるかもしれない。不思議なお店が40以上も登場しますそしてこのお店ではいつも、妖精のような女の子が飛び跳ねていて、あなたがいいなと眺めているものを“あげるわ”と手渡してくれたりする。“気まぐれや”だから、いつもそうとは限らないけれど。
 ファンタジックショップと副題が付けられたこの絵本には、そんな不思議なお店が40以上も登場します。ページをめくる度に、次はどんなお店が? とそれはもうワクワク。これは帽子屋さん例えばトウィンクルさんのお店“ことば屋さん”。ひと袋にひとこと、言葉が入っていてリボンを開ける度に同じ言葉が聞けるのです。“悲しいことなんかいつまでも続かないよ。”とか。さあ、私ならどんな言葉の袋を買うかしらん?
 風屋さんや、ゆめ屋さん、5月に一度だけ開く“帽子屋さん”や、秋の“木の実屋さん” 
 作者の高柳佐知子さんが、美しいご自身のイラスト入りの、2冊のお店シリーズの絵本を出版されたのは、はしご屋さんもう30年も前だそうですが、最近になって多くのリクエストを受けて、一冊となって復刻されたそうです。もしもこんなお店があったらどんなに楽しいだろうと、空想の世界に遊ぶ楽しさを伝えてくれる。そして見渡せば風や木や雨や影や、お店に買いに行かなくても手に入る、素晴らしいものが、実はたくさんあるというメッセージを私たちの心に届けてくれます。時代を超えて、少しも色あせる事無く。
 この絵本を読んでから、ブラブラ栄町のけいママ、俄然また楽しくなりましたよ。何て読むんだろ? この店名、と長い間悩んでいたご近所の美容院「テキパキ」。中に入ったことはないけど、テキパキさんと言う名のカニさんが、昼間は人間に姿を変えて美容師を・・・と空想して一人でニヤけてみたり。
 モノや技術を売る人、お金を出してそれを買う人。今や画一化された社会のしくみだけど、ちょっと振り返ってみたい、幼い頃の“お店屋さんごっこ”。品物を選んで、カゴに放り込んで、支払いをして店を出る。それだけならたぶん、この遊びは成立しなかった? 『エルフさんの店』。オススメです売る側、買う側、心の余裕があればきっとそこに、ファンタジックな世界は広がっていく。で、みなさん、PAXREXで売っているのは何でしょうか? 店主のひろパパ、昼間は仮の姿で実は???な〜んて。

ギャラリーPAXREX
藤井保の世界Ⅲ」展
9月28日(日)まで
11:00〜19:00
(水曜定休)

|

« 栄町の“ディスク・セレクトショップ” | トップページ | 立体?無彩色?の源氏物語絵巻 »

けいママ・セレクトの本」カテゴリの記事

神戸でショッピング」カテゴリの記事

コメント

「のんびり」に見える店主は
実は「テキパキ」・・・。
そういうことやね!

投稿: しょう | 2008年9月13日 (土) 16時49分

ええ、どちらが仮の姿かわかりませんが・・・
ただ「テキパキ」の姿は誰も知らないかもrun

投稿: けいママ→しょうさんへ | 2008年9月13日 (土) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/42086580

この記事へのトラックバック一覧です: エルフさんの店:

« 栄町の“ディスク・セレクトショップ” | トップページ | 立体?無彩色?の源氏物語絵巻 »