« 夏の終わりのドルチェ・ヴィータ | トップページ | エルフさんの店 »

2008年9月 8日 (月)

栄町の“ディスク・セレクトショップ”

Photo  うん? ディスク屋さん? とんと最近ご無沙汰だな。でも何やらワンダーランドみたいな雰囲気につられて、中に入って見れば・・・。うわ〜っと押し寄せて来る、ジャケットの数々。けれど知らん、知らん、知らんアーティストばかり。私の頭ン中、音楽に関しては骨董品! ビートルズの頃でほぼ止まっちゃってますからね。ちょっと悲しくて、道に迷った子羊(?)のように立ち尽くすけいママ。と、よく見れば「あっ、見つけた!“vivo,va”でライブをされてた人のCDも  笑顔が印象的なCDジャケット。このアーティストさん、昨年近所の“vivo,va”ブックストアーで、ライブをやられた人ですよね?」「はい、そうです!これはうちのレーベルなんです。 北欧発のボサノヴァ・シンガーのヨハン。また来日の予定があるんですよ」。とスタッフの女性がにこやかに。おおっ! 打ち解けて来たぞ。よしよし。
 それにしても、決して広くはないスペースに試聴機が5台! ジャズ、ソウル、ヒップホップ...etc。ジャンルも国籍も何でもありなディスク屋さんです ジャンルも国籍も何でもござれ。オーナーとスタッフが「これ、いいね」。と選んだモノがずらり。そのこだわりは半端じゃない。こんなんです、あんなんですと、添えられたコメントから、熱の入れようが伝わってくる。もちろん選ぶのはあなた。ふらっと立ち寄って、ええほど試聴して「これ、いい!」ってそんな一枚に出会えたらステキだね。料理に合わせてワインをセレクトするように、音楽も選びたい。悲しい時に悲しい曲を。でもその逆もあり得る。ディスクを入れるミニバッグ あくまで素直に、頭を柔らかく。そうすれば耳に心地よい、選び抜かれた上質のサウンドがすっと体の中に入って来る。
 お店の名前「disques dessinee」(ディスク・デシネ)は、ディスクをデザインするという意味だそう。そっか〜と、それが全てを物語る。ディスクを愛する心が溢れ出て、何でもやっちゃう。ディスクを入れるミニバッグも、レディースブランドとコラボで制作。トリコロールカラーがおしゃれでかわいい。
 目まぐるしく移り変わる音楽の世界。LPレコード盤は、CDに、MDに、そしてiPod?(よう、わからんけど。) でも一方で大手レコード会社じゃなくても、気軽にCDが制作出来る時代。古いとか新しいとかじゃなくて、何を自分らしくセレクトするか。だよね? 写真の世界も同じ。フィルムからデジタルへ。イチオシの「パスカル」 激変する中で、多様化を喜んでこそ、チャレンジが生まれる。PAXREX取り扱い作品の作家さんたち、誰も“昔はよかった”なんて言わないよな〜。このお店にビートルズは流れないけど「ポール・マッカートニーから影響を受けたアーティストは数多いんですよ」。とけいママとは明らかに世代が違うスタッフさん。ちゃあんと繋がってる、骨董品じゃあないんだと、上機嫌のけいママ♪ ちなみにコレだけでも聞いてってとスタッフ一押しのマジカル・ポップの「パスカル」とやら、あなたも是非!

disques dessinee ディスク・デシネ
Tel&Fax. 078- 321- 3008
神戸市中央区栄町通2-1-2
日東ビルディングB 03
12:00~20:00
定休日なし(年末年始は休業)

|

« 夏の終わりのドルチェ・ヴィータ | トップページ | エルフさんの店 »

神戸でショッピング」カテゴリの記事

コメント

またまた おじゃましま~す♪
音楽も、神戸も大好きなのにこのお店知らなかった~(T_T)
こういう、変わったCDショップ大好きです(^^)
次、神戸行く時はPAXREXさんやCDショップやLikelikeさんと・・行きたい場所がいっぱいで楽しみです♪

ちなみに、、、ビートルズはレットイットビーとイエスタデーくらいしか分かりません・・・アハハハ(^^;)

投稿: nao | 2008年9月17日 (水) 23時14分

naoさん、ひょっとしてビートルズは
学校の音楽の教科書に載っていましたか?
ン十年前は、この音楽に顔をしかめる
大人達がたくさん居たんですよ
ディスク・デシネは、PAXREX同様
地下にあります
スタッフのハシダさん、ハキハキしていて
とてもステキな女性ですよ。
是非遊びに行ってみて下さい。
もちろんPAXREXや、LikeLikeにもお越し下さいね

投稿: けいママ→naoさんへ | 2008年9月18日 (木) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栄町の“ディスク・セレクトショップ”:

« 夏の終わりのドルチェ・ヴィータ | トップページ | エルフさんの店 »