« 市道山麓線と原田線 | トップページ | ナチュラルな味、信州発のチーズ »

2008年8月 8日 (金)

真夏の夜のタイタニック

「空豆」(舞踏会で踊る連中)  照りつける日射しの中、栄町に到着。エレベーターでB1に降りてPAXREXのドアを開けると、ほの暗い空間にフワァ〜と冷気が漂う。汗を拭き拭き眺める、志賀伸子さんの「菜園」シリーズ・・・。美しく、深い漆黒と、誘い込むような造形美がイマジネーションを掻き立てる。ふと、頭ン中に何故かタイタニックが! 何年も前だけど、話題をさらったあの超大作。今も耳に残る切ないサウンド・トラック。
 うっふ! 一人だけの空間で、けいママのタイタニック・イン・PAXREXの始まり、始まり。(写真にカーソルを合わせて、キャスティングを確認しながらお読み下さいね。)「空豆」(舞踏会で踊る連中)
もろこしの母「あら、そろそろ今夜の舞踏会の準備を始めなきゃ。ころころ豆粒みたいな連中、今日は何を着るのかしら? パッとしないわよね、どうせ。で、わたくし? ヒロイン、ローズの母親ですわ。もろこしに見えるですって? 失礼な! 由緒正しき貴族の家系ですのよ。とは言え、昨今その肩書きだけではやっていけなくて・・・。でも、もう安泰ですわ。娘がアメリカの大富豪に嫁ぎますの、オッホホ。なんかもろこし畑が広がる野蛮な国のようですけど、少なくとも貴族らしい生活は出来ますわよね。「メロンの人」(白菜ボレロを着たローズ)ところでローズは何をしているのかしらん? そろそろ着替えの時間だわ」。
 メロンの人「ああ、憂鬱だわ、今夜もまた。あの豆粒みたいな連中が踊って、飲んで。何がいやだって、アートの事なんてな〜んにもわからない! お金を稼ぐことしか脳が無いのかしらん? それにしても、今夜の衣装の白菜ボレロは、ちょっと窮屈だわ。なんか頭がメロンみたいにでかく見えない?」
素顔かぼちゃ 「ラッキーだよ、僕は。ローズのような女の子に出会って。「素顔かぼちゃ」(ローズと恋に落ちるジャック)身分なんて、常識なんて関係ないんだ。一皮剥けば人間はみんなかぼちゃ? いや、これはあくまでたとえだけど。ハートで分かりあえるって大事だよね? 共に手を取り合って、前を見据えて生きていけるって。彼女がさまざまな心の呪縛から解き放たれて"わたし、飛んでいるわ”と叫んだシーン、いつまでも心にとどめていて欲しいな」。
 ああ、レオさま、ジャックさまと、ちょっとウルウルのけいママ・・・。はい、ラストはこれです。
ドリアン赤ちゃん「私は、深海に沈んだ大粒のジュエリー。「ドリアン赤ちゃん」(深海に沈んだ大粒ジュエリー) ええ、ローズがラストシーンで、投げ込んだでしょ? 血眼になってみんなが私を追い求めた。でも海という大きなゆりかごの中で眠りに付いたの。人はみんな、壮大なロマンを描く。自分が目にすることが無いモノに惹かれる。あなたもそう?」
 ギクッ! 私を見つめているのは、ドリアンの赤ちゃん? それとも大粒のジュエリー?
かくして、けいママのイマジネーション・タイタニック・イン・志賀伸子は終わりを告げました。心に残る名作。それが映画であれ、フォトであれ、絵画であれ、出会いは嬉しい、楽しい・・・。

PAXREX 夏 STYLE 展
7月5日(土)〜8月10日(日)
11:00〜19:00(水曜日定休)

※8月11日(月)〜20日(水)まで夏休みとさせていただきます。また23日(土)より「藤井保の世界 Ⅲ」を開催。みなさまのお越しをお待ちしております。

|

« 市道山麓線と原田線 | トップページ | ナチュラルな味、信州発のチーズ »

展覧会情報[2008]」カテゴリの記事

コメント

真夏の夜の夢は、人それぞれに思いもよらぬ世界へ行くものでね。モノクロの映像は、特に想像力を掻き立ててくれるようで、けいママは、
映画「タイタニック」の世界ですか。この作品は、いずれにしろファンタジーの世界へいざなってくれるようで、空豆の舞踏などは、星座の
世界へ誘ってくれますね。思いっきりイマジネーションを夜空に羽ばたかせて、心ゆくまで広げたいものです。

投稿: deep shell | 2008年8月 8日 (金) 11時31分

うわあっ、アップしたばかりの記事に
早速のコメントを有難うございます。
なるほど、星座ですか。それもありですね。
ローズが助けを待っている間、
冬の夜空に星が光ってましたっけnight
deep shellさんのほうが、はるかに
ロマンティックなストーリーに
仕上げてくれそうな気がしますlovely

投稿: けいママ→deep shellさんへ | 2008年8月 8日 (金) 14時20分

おひさしぶりです。いやあ まるで
アーチンボルトの絵の写真版みたいです。
 でも 写真の方が 物語性があるような。
 作品に流れている静寂な空気・・・。
 
 この暑さを忘れさせてくれますね。

投稿: minacci | 2008年8月10日 (日) 17時54分

さすが、minacciさん!
あの絵を連想されましたか。
彼はイタリア人でしたかね?
私なんぞ、野菜は野菜でしかないんですが、
世のアーティスト達は
いろいろ想像力を働かせるんですねapple
暑さを忘れさせてくれる
名画にも出会いたいものですsun

投稿: けいママ→minacciさんへ | 2008年8月10日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/42029217

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜のタイタニック:

« 市道山麓線と原田線 | トップページ | ナチュラルな味、信州発のチーズ »