« 笑える“砂糖”でカフェタイム | トップページ | 南京町のクレモナ!? »

2008年3月 2日 (日)

若者たちの挑戦

Img_9269  フ〜ム、学生チャレンジショップか、ちょっと覗いてこようかな? 元町商店街を西にプラプラ。6丁目のはずれ辺りに、ひときわ賑わう店先が。ふんふん、ここだな。先月12日にオープンしたばかり、追手門学院大学(大阪府茨木市)の学生さんたちが、運営するという雑貨屋さん「追風」。仕入れや販売、会計処理を彼らが担うという・・・なかなか盛況じゃありませんか! し、しかし、なんか商品少なくない? 新聞記事には約50平方mの店内に、雑貨やアクセサリー、文房具など約60種類400点が並べられていると書いてあったけど。Img_9279_2まあ、このボールペンを数にひっくるめたらそうなるか・・・。
 以下、店員さんでもある学生さんと、けいママの会話です。
「神戸店は茨木市などに次いで4店目ですって? 凄いな! 破竹の勢い!」
「いえ、まだまだ、どこもトライの段階で、試行錯誤で」。Photo_9
「なるほど。確かに商品棚がすけすけだよね。え? ああ3月になったら、また色々入荷するわけね」。よかった、よかった。
 このメイド・イン・イタリーとしっかり書かれたカトラリーは、メイド・イン・イタリーの割にお得感あるような気も、気持ちするけど。
「あっ、これちょっといいね。このコップもメイド・イン・イタリー?」
「さあ? よくわかんないっす」・・・ 追い追い、仕入れたのは誰なん? でもまあ君たち素直だし、感じいいし。Img_9282
「あっ、この加湿器は最近流行で、よく見かけるやつだよね。 なかなかいい色。ちょっと他より安い?」
「いえ、実は気持ち高いんっす」・・・ ??? 追い追い! でもまあ、爽やかな風が吹いてるよね、ここ。今はそれがここの“売り”かもね。
 改めて皆さんにお伝えしましょう。ここはチャレンジショップです。チャレンジ! Img_9285思えばPAXREXがオープンしたての頃、お客さまに「この写真はデジタルですか? 銀塩ですか?」と聞かれたけいママ。 「あのう、銀塩って何ですか?」・・・ 追い追い! そして一周年のブログにこう書きました。“季節をぐるっと一周、培った自信と経験がほんの少しだけ顔を覗かせてくれるかもしれない。”
 はい、経験が人を育てる。ここの学生さんたちも、キャンパスを飛び出して社会との接点を持つ中で、きっと何にも代え難い貴重な体験を得て、社会人になっていくのでしょう。Photo_7
神戸店を含め、4つの店舗ではさまざまな試みがなされているそうです。日本語がほとんどわからない海外からの留学生による語学講座とかも。経営のノウハウを学ぶと共に、県内の名産品なども扱って、地域活性化にも貢献したいそうですよ。ううん! ええこっちゃ!とまずは声を掛けに、“追風”受けて彼らが羽ばたけるように・・・。「追風」の皆さん、ちょっと辛口の“かぜくさ便り”になっちゃいましたね。お許しあれ!
 PAXREXにも明日の「藤井保」氏や「瀧本幹也」氏を夢見て、懸命に創作に励むフォト・グラファー達がたくさんやってきます。若きチャレンジャーたちよ、日々進歩を期待しています。

|

« 笑える“砂糖”でカフェタイム | トップページ | 南京町のクレモナ!? »

神戸でショッピング」カテゴリの記事

コメント

4店舗目とはスゴい! 若い人たちに頑張って元町界隈を盛り上げて欲しいものですね。

投稿: Vn | 2008年3月 3日 (月) 00時41分

若い人が元気な街は良いですね

こちらは年配が元気です・・・!!
それはそれで楽しいですが、、、、


今度行くときは旭ポン酢持参しますね

投稿: 三木写真舘 | 2008年3月 3日 (月) 13時13分

商品もこれから、どんどん増えていくそうです。
元町散策の時には、立ち寄ってあげてくださいね。

投稿: けいママ→Vnさんへ | 2008年3月 3日 (月) 17時12分

幾つもの新聞に掲載されたこともあって、
年配の方々がたくさん来店。
頑張ってやあ〜とボールペンを買っていかれたり・・・
なかなかいい光景でした。
そろそろ暖かくなってきましたかねえ。
また神戸に遊びに来て下さいね。

投稿: けいママ→三木写真館様 | 2008年3月 3日 (月) 17時16分

ベンチャーのためなら~~
追大、小西先生ばんばります。

投稿: Ron | 2008年3月11日 (火) 17時25分

コメントを有難うございます。
若者たちのチャレンジ、ベンチャーは
爽やかで、見ている側も心が弾みます。
追大の皆さんは、とりわけ感じいい!
けいママも精一杯の応援を送ります。

投稿: けいママ→Ronさんへ | 2008年3月11日 (火) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若者たちの挑戦:

« 笑える“砂糖”でカフェタイム | トップページ | 南京町のクレモナ!? »