« 信州ながわ“不思議童子”冬篇 | トップページ | PAXREXスタイルって? »

2008年1月15日 (火)

栄町でお買い物 その8

 今から7,8年前、ベトナムに憧れてツアー旅行に参加したけいママ。バチャン焼きから、洋服、ランチョンマット、食材と買いも買ったり! ずっしりと重くなったスーツケースを引きずるように帰国しましたっけ。んまっ! 今は栄町でベトナム気分、お買い物が楽しめますよ。
Photo  昨年11月、ビルの3階にオープンした「Mu't Ngot」。この店名“甘いジャム”という意味だそうですが、Nは発音しないそう。だからムットゴットとなるわけですが、じゃあNはただの飾り? いえ、Nがあるつもりで・・・と、こんなところでばかりひっかかっていてはいけない。
 店内を散策しましょう。通りに面したガラス窓、差し込む光を受けて陶器や漆器が並んでいます。Photo_2 その昔フランスの統治下に置かれた事もあって、この国の雑貨には独自のセンスが光ります。もちろん買い付けてくるオーナーのセンスもキラキラ。華やかでシックな色使い、そして可愛くて気品の漂うフォルム。手先も器用なこの国の人たち。それが陶器の絵付けはもちろん、さまざまな刺繍製品、アクセサリー類にもよく反映されています。
Photo_3  このマグカップは、このお店のオリジナルだそう。この絵のような格好をした女性が、朝にフランスパンを売り歩いているのを何度か見かけました。食文化もいいとこどり。私たちの国とよく似ていますよねえ。はい、やっぱりけいママ、食材コーナーに吸い寄せられて行く。
あっ! ありました。我が家ご用達のものがいくつか。ベトナムと言えば生春巻き!Photo_6  以前けいママクッキングでご紹介しましたが、まさしくこの皮! 水道水をジャーとかけただけで使える、破れにくいお奨め品のメーカーもの。
 そして今日のお買い物はこちらのロータス・ティー。蓮の花のお茶です。「ええっ? 蓮ですか?」と、PAXREXでこのお茶をお出ししたお客さまはたいてい驚かれます。 優しくて、ちょっと複雑な味わい。Photo_7 体にスウーと染み込んでいくような味わい深いお茶です。へええ〜どんなだろ?と興味ありの方、お店の奥にある居心地良さそうなコーナーで、店主が振る舞ってくれますよ、きっと。
 そしてベトナム旅行に話は弾む。「ますます発展してそうですね、あの国は。」「はい、伝統的なモノに加えて、モダンなモノが増えました。」と店主。あのベンタイン市場に充満していたヌクマムの匂い、エスプリ溢れるドンコイ通りのおしゃれなお店。初体験だったフォーの美味しさ・・・とっとと、ベトナム談義を始めたら止まらなくなってしまった。栄町でベトナム気分をあなたも是非!
※『Mu't Ngot』は2008年7月、栄町から南京町へ移転しました。詳しくはリンク先のホームページでご覧くださいね
※その後、閉店されたようです。再チャレンジを期待しています

|

« 信州ながわ“不思議童子”冬篇 | トップページ | PAXREXスタイルって? »

神戸でショッピング」カテゴリの記事

コメント

けいママに遅れて1年後にホーチミンに旅行したのが6、7年前? あちらの挨拶も「チャオ」やったね。そう言えば。しかしあちらの人達には片言のベトナム語は全く通用せんかったのを思い出します。「トイ モイ ディー チョー ベンタイ!」「・・・?」って。懐かしい。

投稿: しょう | 2008年1月15日 (火) 23時24分

え、ええ〜っ!それはいったいどういう意味ですか?とにかくしょうさんは、この言葉を何回も使っていたんでしょうね?
ここのベトナム語の店名も、何か不思議な印が付いていて、パソコンでどないして表示するんやろ?とやってみましたが、あきらめました。
発音がいかに難しいか、わかります。それに比べりゃ、イタリア語は気楽ですね。

投稿: けいママ→しょうさんへ | 2008年1月16日 (水) 12時00分

確かに食材コーナー、一番気になりました。今度行ったら、もっとよく見てみたいです。オーナーの方も感じの良い人で安心しました。もっとオタッキーな人かと。。^^
蓮のお茶は香りが高く、すっきりしていますね。美容に良さそう。

投稿: まり | 2008年1月17日 (木) 03時25分

蓮のお茶は鎮静作用があると、確か店主のブログに書いてありました。
先日頂戴した“お抹茶のお茶”美味しいです!晩ご飯の後、戴いてほっこりするのを楽しみにしています。有難うございました。
栄町で、あちらこちらお茶出来るスペースが出来ると楽しいです。

投稿: けいママ→まりさんへ | 2008年1月17日 (木) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栄町でお買い物 その8:

« 信州ながわ“不思議童子”冬篇 | トップページ | PAXREXスタイルって? »