« 東京特許許可局 | トップページ | 冷静と情熱のあいだ »

2007年12月12日 (水)

今年はテディ“マウス”?

いまはルミナリエ期間中 いまはルミナリエ期間中で、神戸の街が最も輝きを放つシーズン。しかし資金難で今年限りとも言われています。皆さん、できるだけ100円募金に協力してあげましょうね。
 さてこの時期、もうひとつ心がポッと温かくなるイベントがあります。それは、全国のボランティアによって、家に眠っている布や毛糸で1体ずつ手作りされたぬいぐるみを、世界の子供たちに贈ろうという「フェリシモ ハッピー トイズ プロジェクト」の展示。この時期、もうひとつ心がポッと温かくなるイベントがあります
 会場は旧居留地、大丸の少し東、地下にシネリーブルが入っている朝日ビルの1階アトリウム。大きなクリスマスツリーいっぱいに飾られた色とりどり、表情さまざまなぬいぐるみに、思わずほほが緩みます。このプロジェクト、説明を読むと今年で11年目だそうです。今回集まった数はなんと3,200体を超えるという。こんないい企画はいつまでも続けて欲しいですね。
 2007年のキャラクターは『元気なねずみくん』。「フェリシモ ハッピー トイズ プロジェクト」世界中をかけまわって子供たちに笑顔を届けるメッセンジャーになって欲しいとの願いを込められているとか。あれ、もしかして来年はねずみ歳だから? 展示コーナーをよく見ていくと、スタートした1997年はクマさん(まさにテディベア)で犬や猫、鳥もある。コアラまでありました。干支とはまったく関係なかったのですね。そりゃそうです、干支なんてない国がほとんどなのだから。クリスマスツリーにたくさんのぬいぐるみが他人に言うと恥をかくところだった、ヒヤヒヤ。
  ひとつひとつの端切れにも、きっと思いがこもっているのでしょう、とても温かく感じる。世界にたった一つのぬいぐるみを貰った子供の顔が、パッと明るくなるのが目に見えるよう。来年は参加しようか、と思わせるこのプロジェクト。ここのツリーを見るだけでも、ほのぼのとしてきますよ。ルミナリエの行き帰りに一見の価値ありです。

|

« 東京特許許可局 | トップページ | 冷静と情熱のあいだ »

神戸のイベント」カテゴリの記事

コメント

早いなぁ~。確か、去年もけいママさんのブログでルミナリエの記事があり、読みながら「混んでるんだろうなぁ」とぼんやり想ったことを思い出しました!
ぜひ、短期間でもいいから(地元の方は短気のほうがいいですよね♪)続いて欲しいです。。。

投稿: kumi | 2007年12月12日 (水) 20時49分

そう言えば、関空にも良く似たツリーがありましたよ。
クマちゃんばかりの大きなツリーで、確か世界の子供達に届ける・・・とかなんとか。とても可愛かったので写真を撮りましたが、説明は詳しく読まなかった・・
ギラギラと派手なツリーじゃなく、このような暖かい企画もいいですね。
ルミナリエ、今年が最後かもしれないそうなので、やっぱり行っておこうかな〜?

投稿: まり | 2007年12月13日 (木) 02時39分

けいママにとっても、あっという間の一年でした。
そして今年も“ルミペル”(?)はい、去年のブログで紹介した、ルミナリエの期間中だけやってはる、個人宅のペルシャ料理を食べ、もちろんルミナリエを眺め・・・何回見ても、やっぱりきれいですよね。

投稿: けいママ→kumiさんへ | 2007年12月13日 (木) 17時55分

食料や、医薬品だけが支援じゃないって発想、ステキですし、その通りですよね?
新聞や、テレビニュースでもこのイベントが紹介されて、結構広まりつつあるみたいです。
ルミナリエ、今年はホントに早々と終わってしまいますよね。けいママも一応は光の回廊を歩いてきましたよ。


投稿: けいママ→まりさんへ | 2007年12月13日 (木) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/17328468

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はテディ“マウス”?:

« 東京特許許可局 | トップページ | 冷静と情熱のあいだ »