« ヴェネツィア・ビエンナーレ(6) | トップページ | ただ今大ブレーク!南インド料理 »

2007年12月 1日 (土)

栄町で絶品ミックスサンド!

喫茶エイト  栄町界隈、PAXREXのある乙仲通りを西へ、こんな外観の喫茶店があります。はい、喫茶店です、いわゆる今風カフェとは言いがたい・・・が、それがどうした! トレンディでなくてどこが悪い! かってトレンディドラマの主役としてモテハヤされ、消えていったタレントとはわけが違うぞ「喫茶エイト」は! と、えらく鼻息荒い今回のけいママ。
 と、言うのもこの店のホットコーヒーと、ミックスサンドに心底感動してしまったのであります。喫茶エイト店内 オープンして35年。開店当初からほとんど変わらないというこれらのメニュー。毎日この店にモ−ニングを食べに訪れる会社員たちも。そう、ここはイタリアでいうところのバールですよ。仕事の合間にちょっとコーヒー一杯。常連客の間で交わされる会話。カフェ文化はちゃあんと日本にもあるんですよね? しかも立ち飲みと席に着いてとお値段違う、なんてややこしいこと言いません、ここの女主人は。店内禁煙なんて何のその!
 「こんにちわ、こんにちわ、世界の国から♪」の万博の頃にオープンかあ。喫茶エイト・ミックスサンドその頃から店内の雰囲気も、そして味も少しも変わらないよう。女主人が、丁寧に入れてくれるサイフォンコーヒーのいい香り、そして手作りの優しさがじゅわ〜っと口の中に広がるミックスサンド。注文してから焼いてくれるタマゴ焼きは、ほんのり暖かく、しゃきっとしたレタスとベストマッチ。一度、電話で持ち帰りの注文をしておいたら、それでも「早くから作っておくとまずくなるから」と昼時の忙しい時間にもかかわらず、顔を見てから作ってくれました。そして驚くなかれ、みなさん、このセットがたったの550円!(ホットコーヒー¥250 ミックスサンド¥300) コーヒーのお得回数券まで!喫茶エイト店内
 え、ええ〜っ! 値段まで当時と変わらん? 「ちょ、ちょっとお! あまりにも安すぎません? もうちょっと値上げしません?」と思わずここでもテンション上がってしまったけいママ。かつて喫茶店をサテンと呼んだ、アイスコーヒーをレーコーと呼んだ我が同志よ、あるいは最近の甘ったるい、雰囲気だけのカフェにちょっと嫌気がさしている若者たちよ、共にいざ行かん「喫茶エイト」へ。
 
喫茶エイト
TEL 078-341-0638
神戸市中央区海岸通4-3-17
6:30〜17:30 定休日・日曜日・祝日

|

« ヴェネツィア・ビエンナーレ(6) | トップページ | ただ今大ブレーク!南インド料理 »

神戸でグルメ」カテゴリの記事

コメント

うんうん。ホンマにこの店はいいと思う。いわゆる「カフェ」は僕のような男一人では行きづらいので重宝してる。昔は港湾関係の人たちでスゴい賑わいやったそうやけど、そんなことにも思いを馳せながらコーヒーとタバコ。なんかいいんだよね。

投稿: しょう | 2007年12月 1日 (土) 18時42分

神戸のカフェをたっくさん知ってるしょうさんも絶賛ですか!
ホントにここのミックスサンドは美味しいですよね。
メニューには「ミルクセーキ」もあって、今度注文してみたいなと思っています。
いわゆるスイーツなんてモノはないけど、ずっと受け継がれていく喫茶店メニューは、今の若い人達にとっても、逆に新鮮だと思います。
「喫茶エイト」を、これからも応援していきましょう!

投稿: けいママ→しょうさんへ | 2007年12月 1日 (土) 21時50分

あ、ここのお店知ってる・・・前は通るけど、入ったことはありませんでした。こうやって紹介してもらえると安心して行けますね。ミックスサンドとコーヒーのセット。
う〜ん、美味しそう〜、思わず画像拡大してチェック!
ちょっと疲れたときに、本当に美味しいコーヒーを飲める、こういうお店っていいですね。

投稿: まり | 2007年12月 8日 (土) 00時55分

奇をてらわないというか、本当にやさしい素直な味わいで、けいママ久々に感動した味なんです!
ちょっと入りにくい(?)雰囲気あるかもしれませんが、絶対お薦めと声を大にして言いたいですわ!
女主人のエプロン姿は、これまたステキです。
まりさんも、きっと好きになりますよ。

投稿: けいママ→まりさんへ | 2007年12月 8日 (土) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/17181794

この記事へのトラックバック一覧です: 栄町で絶品ミックスサンド!:

« ヴェネツィア・ビエンナーレ(6) | トップページ | ただ今大ブレーク!南インド料理 »