« ヴェネツィア・ビエンナーレ(3) | トップページ | NY、街を歩けば楽しさ満載! »

2007年11月15日 (木)

MoMAもいいけどDia:Beaconへ

 お待たせしました。久しぶりの「さくらぎ通信」です。ヴェネツィアビエンナーレは少し休憩して、最新ニューヨーク情報を3回どうぞ。かぜくさ便りも国際的になってきました。そうそうTANTO TEMPOさんのパリフォト2007(世界最大の写真イベント)ライブ情報も面白いですよ。こちらもぜひチェックしてくださいね。

Photo  グランドセントラル駅からメトロ・ノース鉄道でいざBeaconへ。案内所で時刻表を手にいれ、窓口で切符を買う。大人1人片道$11.50。10時51分発の普通列車に乗り込む。日曜日なので結構席がうまっています。進行方向に向かって左側が3人席、右側が2人席。3人席がほぼ一杯なので、2人席に。グランドセントラル駅を出発。しばらくは地下を走る。次の駅Harlem-125Streetからは地上に出る。
 抜けるような10月の青い空。ハドソン川が左手に見える。なるほど3人席が一杯な訳がようやく解った。ということで私たちも別の車両に移動し、やっと3人席へ。Diabeacon_4 列車はハドソン川と別荘が点在する丘陵地帯を眺めながら、12時17分に目的地Beaconに到着。 日本の観光地にあるような駅前の地図がない。駅のプラットホームを降りた地下のコンコースに矢印とWALK Dia:Beaconだけの表示がありました。心細いが矢印を頼りに歩く。10分ぐらい歩くとDia:Beaconの看板が目に飛び込んできた。
 現代美術館Dia:Beaconは知人のアーティストの方から「ぜひいってらっしゃい」と教えていただきました。ナビスコ社のパッケージ印刷工場をリノベーションし現代美術館に。Diabeacon_3 広大な自然に囲まれ、広々とした展示スペースにRichard Sera、De Mariaほか、この半世紀で最も重要なアーティストたちの作品が心ゆくまで鑑賞できます。私が好きになったものは、糸で空間を表現したFred Sandbackの作品。東洋的な哲学を感じました。
 帰り路は、駅まで周囲をゆっくりと眺める余裕がありました。川が駅のすぐそばにあり、公園のような美しさです。15時50分発の列車。行楽客でほぼ満席状態。なんとか2人座れる席を見つけ、しばらくすると車掌さんが切符拝見に来ました。Beacon 駅で切符を事前に買わなかったので、その旨伝えました。その場合、規定料金より高くなる事もあるのですが・・・。ちょっと心配。「2人で$15」と車掌さん。「???」 理解できません。大きな切符をもらい、ジーッと見ていると「SENIOR」の欄にハサミが入れてある。「何か問題でも?」と車掌さん。「いいえ」と即座に答えました。なんと老人割引になっていたのです。うれしいようなさみしいような気持ちになりました。
 17時21分グランドセントラル駅に到着。現代美術に関心がある方は、ぜひ1日かけてBeaconへ足を伸ばしてください。車窓からの眺めも楽しめます。

|

« ヴェネツィア・ビエンナーレ(3) | トップページ | NY、街を歩けば楽しさ満載! »

さくらぎ通信」カテゴリの記事

コメント

待ってました、ニューヨーク便り!
やっぱり、さすがさくらぎ通信、ベタじゃない。
MOMAもいいけど・・・ってちゃ〜んといいところ押さえてくれてはる。
かぜくさ便りにピッタリですわ。けいママって見る目あります。引っ張り込んだ自分を褒めてあげたい。
それにしてもニューヨークもいいなあ、やっぱり。

投稿: けいママ→さくらぎさんへ | 2007年11月16日 (金) 21時37分

え?さくらぎ通信・・・わぁ、ニューヨーク便りもあるのですか? すごい! 憧れますね。
けいママ、ここってお得ですねぇ〜! 国際的で勉強になります!
Paris Photoライブの宣伝もありがとうございます(笑)

投稿: まり | 2007年11月17日 (土) 04時23分

イタリア、パリ、ニューヨーク!
頭クラクラでしょ?
さくらぎさんはひろパパのお友達ですが、まりさんたちに是非ご紹介したい方です。と、言うのも・・・その理由は今度ギャラリーでお話します(笑!)

投稿: けいママ→まりさんへ | 2007年11月17日 (土) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/17022818

この記事へのトラックバック一覧です: MoMAもいいけどDia:Beaconへ:

« ヴェネツィア・ビエンナーレ(3) | トップページ | NY、街を歩けば楽しさ満載! »