« レジデンスホテルという選択 | トップページ | 藤井保氏の「ESUMI」 »

2007年11月 6日 (火)

ヴェネツィア・ビエンナーレ(1)

ヴェネツィア・ビエンナーレ(La Biennale di Venezia)  今年で第52回、110年を超える歴史を持つヴェネツィアのビエンナーレ。駆け足で見てきました。まず1日目、ヴェネツィアでは珍しい緑豊かなジャルディーニ地区の各国パヴィリオン。2日目は長い大きな建物のアルセナーレ(旧造船所跡)。結果としてこの順番は正解でした。2日目はシロッコがきて大荒れの天気。朝から名物のアクアアルタ(高潮)で、こりゃダメかなと思ったくらい。傘もさせないほど風雨が強く、手はかじかみ唇青ざめ、とてもパヴィリオン巡りなどする気にならない寒い一日。ヴェネツィア・ビエンナーレ(La Biennale di Venezia) でもアルセナーレを2日目にして正解、といっても会場にいくつかあるオープンカフェはすべてクローズ、帰りのヴァポレットでパニーニをかじるはめになりました・・・とほほ。
 今回の総合ディレクターはロバート・ストー氏。彼が示したテーマタイトルは「Think with the Senses - Feel with the Mind. Art in the Present Tense」。ちょっといいでしょ。うまく訳せませんが「感覚で考えろ、理性で感じろ。
(これが現在のアートだよ)」てなことでしょうか。今回のテーマタイトル(ヴェネツィア・ビエンナーレ、La Biennale di Venezia) どなたか気の利いた訳を教えてください。
 もともと論理的思考が苦手なひろパパ&けいママは、ストー氏には申し訳ないけれど、感性のみを頼りにアートのお祭りを存分に楽しみました。アートって結局のところ、好きか嫌いか、に尽きますから。予備知識も仕入れず、作家名も作品名も見ず、行き当たりばったり、出会い頭の発見を求めて膨大な数を見てまわるのは、すごく刺激的で充実した時間。さすがにヴェネツィア、おもしろい作品にいくつか出会いましたよ。あとでグッタリ疲れたのはしようがないか。ヴェネツィア・ビエンナーレ(La Biennale di Venezia) このあと気に入った作品については、断続的に5〜6回書こうと思っています。なんとかお付き合いくださいませ。
  ここでひとつ言っておきたいことがあります。いまPAXREXで開催中の「藤井保の世界 Ⅱ」はとてもレベルが高い、ということ。ヴェネツィアを見て再認識しました。サッと通り過ぎた、メッセージがむき出しで表現力が未熟な作品、「こんなのアートじゃないよ」と失笑する作品が、いかに多かったか。頭でっかちで自分よがりの作家たちに、奥深い美意識・FUJII WORLDを見せてあげたいね、いやホント。

|

« レジデンスホテルという選択 | トップページ | 藤井保氏の「ESUMI」 »

[伊]ヴェネツィア・ビエンナーレ 07」カテゴリの記事

コメント

ヴェネツィアビエンナーレといえども
玉石混淆なのですね。
"ジャルディーニ地区"の写真は本当に
ヴェネツィアとは思えないですね。
ルッカの並木道もこんなだったような。

投稿: たく | 2007年11月 7日 (水) 22時14分

もと造船所だったというアルセナーレ、重みがあって良い感じですね。全部見るには2日間かかるのですね。広〜い!アート三昧って感じでしょうね。日本人の作家は出品してたのかな?

投稿: まり | 2007年11月 9日 (金) 00時14分

ちょうど 千住博氏が ヴェネツィアヴィエンナーレで 名誉賞を受賞した時の苦労話を本で読んでいるところだったので
とても 興味深かった。
 何でも 直前に作業員の不注意から 1000度近いコールタールが 作品に飛びちりその場に居合わせた彼は
やけども気にせず 夢中で
その熱い熱いコールタールを
剥ぎ取り その後不眠不休状態で
何とか 修復して 賞を勝ち取った話は
ドラマのようでございましたよ。

投稿: minacci | 2007年11月 9日 (金) 05時21分

いっぱいあるから疲れますが、その中から世界の新しい“玉”を見つける楽しみがあります。
ジャルディーニはサンマルコのずっと東の公園地区。観光ではいかないところですね。

投稿: ひろパパ→たくさんへ | 2007年11月 9日 (金) 17時16分

レンガ造りの造船所(工場)跡なので、天井も高くだだっ広いところです。それが現代美術の展示にはちょうどいい感じです。
日本人の作家は、このあとのブログで触れますが「束芋」と「加藤泉」がアルセナーレに出品していました。

投稿: ひろパパ→まりさんへ | 2007年11月 9日 (金) 17時21分

そうですか、千住博さんも苦労したんですね。
ヴェネツィアビエンナーレは
アート界の登竜門ですから、
作家はみんな必死で頑張りますよ。
ここで認められたら、
世界中の美術館が作品を買いに来てくれます。

投稿: ひろパパ→minacciさんへ | 2007年11月 9日 (金) 17時29分

先ほどのコメント、間違っていました。
「束芋」さんと「加藤泉」さんは
アルセナーレではなく、ジャルディーニの
イタリア館での出展です。スミマセン。
2日間ではぜんぜん少なくて、メイン会場2カ所を
駆け足で見るのがやっとで、それ以外はあきらめました。

投稿: ひろパパ→まりさんへ | 2007年11月 9日 (金) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴェネツィア・ビエンナーレ(1):

« レジデンスホテルという選択 | トップページ | 藤井保氏の「ESUMI」 »