« 三木写真館で撮影! | トップページ | イタリア生まれの「FIORI」たち »

2007年9月30日 (日)

ヴェネツィア・レースの島

ブラーノ島 ヴェネツィア本島からヴァポレットに乗って一時間余り、ブラーノ島というかわいい小さな島。私がそこを訪れたのは今から10年も前、当時レース作りの講座に通っていたこともあって、是非ともその島にある世界最古のレース学校(SCUOLA MERLETTI DI BURANO)を見てみたかったのです。SCUOLA MERLETTI DI BURANO 冬真っ只中、底冷えのする、歴史が刻まれた古い建物の中で,シニョーラたちがせっせと手元を動かしている。節くれ立った指から紡ぎだされるそのレースを目にした時、私は息を呑みました。私の作っているレースと、技法は確かに似ているんだけど、何て細い糸! 何て繊細なその作業! ここから発信されたレースが、ヨーロッパの高貴な女性の身を飾り、そしてまたその技術が様々な形を取り、国境を越えてなお女達へと伝わっていったのです。なんて繊細な作業!果ては今、東洋の女が1人、そのレースの魔力に吸い寄せられてここに。
 それから五年後、関西のデパートで開かれたイタリア・フェアで、1人のイタリア人女性と出会いました。彼女の名前はクリスティーナ、何と、あのブラーノ島のレース学校のマエストラ! レース販売のデモンストレーションのために来日したのです。見事な作品!彼女の膝に広げられたレースを見たとき、懐かしさが込み上げました。「あらあ、あなたレース学校に来てくれたの? うれしいわ。私達、年取っても頑張ってるのよ。でももう後を継ぐものは居ないわ」。ちょっと寂しげにそう話す彼女ですが、ヴェネツィアという、世界に類をみない都市に生まれ、そこに根付く文化を愛し、肩肘張ることも無く淡々と仕事を続けている・・・。そんな彼女からプレゼントされた私の宝物、見事なランプ・シェード。こんな貴重なものをいただくわけには・・・。「いいえ、価値の分かるあなただから、差し上げるのよ」。大切なランプ・シェードそう言ってくれたクリスティーナ。優しい光にいつもあなたの面影を重ねます。

 さて、この歴史ある町に脈々と受け継がれていく素晴らしき美とアート。次回は世界的なイベント、ヴェネツィア・ビエンナーレに出展された時の丸山貴央さんの「FIORI」達をご紹介します。

|

« 三木写真館で撮影! | トップページ | イタリア生まれの「FIORI」たち »

[伊]フィレンツェ ロングステイ」カテゴリの記事

コメント

10年前の写真やからかな? ちょっとアライ感じがかえって良い雰囲気が出てるね。

投稿: しょう | 2007年9月30日 (日) 18時38分

うわあ、さすがしょうさんですね。指摘が鋭い!あの頃のカメラと最近のは、格段の差。飛躍的に進歩したってことですね。でもこの見事なレースの技法が伝承されないとしたら、ほんとに残念無念。

投稿: けいママ→しょうさんへ | 2007年9月30日 (日) 22時22分

久しぶりです♪
いろいろがんばってるね!!

有美の家のパソコンで見ました。

時間ができたらまた
会いましょう~ヽ(^∀^*)ノ

投稿: こふみ | 2007年10月 2日 (火) 17時20分

ご無沙汰してます。いつの間にか夏が過ぎ、秋になりましたね。ブログで"けいママ”の日常を知ってもらって嬉しいです(笑!)みんな元気ですか?ちょっと先の話ですが、11月22日から始まる展覧会には是非来て下さいな。
めちゃめちゃ楽しめますよ!

投稿: けいママ→こふみさんへ | 2007年10月 3日 (水) 09時58分

時間と手間をかけた贅沢感が
そして技術のたかさ

受け継がれる高級感て日本も難しくなってきましたよね

投稿: 三木写真舘 | 2007年10月 4日 (木) 12時14分

三木写真館もとても丁寧なお仕事をされていますよね。
時代を超えて、伝えていきたいものはたくさん!

投稿: けいママ→三木写真館様 | 2007年10月 5日 (金) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/15764293

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェネツィア・レースの島:

« 三木写真館で撮影! | トップページ | イタリア生まれの「FIORI」たち »