« MIHO美術館の“ほほえみ” | トップページ | 南京町のスペイン・バル »

2007年8月14日 (火)

癒しのミュージシャンたち

ピアニスト・平原誠之さん 平原誠之、一度彼のピアノ演奏を聴いたものは、そのとてつもない才能に畏れおののきます。普段は物静かで、はにかみ屋の26歳の青年、ところがピアノの前に座ったとたん、その全身全霊がピアノと一体化し、共鳴し始めます。楽譜なんて必要ないんです。ピアノの神様がそこに舞い降りて、彼の体を借りて弾き始める。あるいは内面からふつふつと沸き上がる、何かしらの力に動かされるように、ピアノの上で指が動く・・・。そんな彼には何とか音大卒とか、海外留学とか、いわゆる正規の肩書きは一切ありません。とにかくスゴい演奏です 8歳の頃にピアノを始め、独自の演奏法や作曲法を追求し続けたとは言え、22歳までピアニストになる意識も無かったとか! でも最近やっと天職だと自覚が生まれたそう・・・。ええ、彼の才能を見つけたのは、お偉方の教授でも、コンクールの審査官でもない、彼の演奏に魅せられた聴衆だったのです。北野にあるクラブ・タリスマンですでに二度、彼の生演奏を聴いたけいママ、う〜ん一押しは「アルハンブラ宮殿の思い出」かな? 秋にはあちらこちらで、コンサートの予定が目白押しです。まだご存じで無い方、是非!「平原誠之」を体験してみてくださいな。
こちらはギタリスト・御守孝明さん そうそう、彼のように若くはないけど御守孝明というギタリストも凄い! 若き日はかの吉田拓郎のバックバンド、また都会派フォーク・グループ“猫”のメンバーとして活躍。その後数々のコマーシャルソングを作曲。そのうちのどれか、あなたもきっと口ずさんだことがありますよ。そしていわゆる団塊世代のお仲間として年を重ねた今、彼の奏でるギターは円熟味を帯びて、しかもますますパワーアップ! マシンガン&パーカッションギター奏法とやら・・・。海外からも注目されています。人生で辛いことにもいっぱい出会って、でも決して音楽を辞めようとしなかった。数々のコマーシャルソングを手掛けられています 現在は「LIVE&Cafe Ommori」を拠点に活躍中。立派なレコーディングスタジオ付きのカフェでは、気軽に彼のライブが楽しめます。オリジナルだけでなく「さあ、何が聴きたい? 今の君は」。そう言ってリクエストにも応えてくれますよ。
 もしもあなたが今、多忙で殺伐とした日常に居るのなら、アートや音楽はいかが? 言葉だけが何かを伝える手段ではない。ふと別世界を経験したら、また元の日常に戻れる・・・。あなたに癒しが届きますように。

|

« MIHO美術館の“ほほえみ” | トップページ | 南京町のスペイン・バル »

神戸のイベント」カテゴリの記事

コメント

御守さんのライブはクラブタリスマンで観ました。平原さんのライブは先日、タリスマン・オーナーに誘われて伊川谷のリハビリセンターオープン記念ライブに行きました。確かに、スゴかった。最近思うのは、音楽はやはり「生」が良いな〜と。このお二人に限らず、生演奏は良いよね。

投稿: しょう | 2007年8月16日 (木) 12時40分

この二人のミュージシャンは、何よりも人柄が素晴らしい!そして音楽の無限の可能性を、いつもいつも信じて多くの人と分かち合いたいと思っていらっしゃる事。
音楽好きのしょうさんも、いい演奏をたくさん聴いて、自身もずっと、音楽とかかわっていって下さいね。

投稿: けいママ→しょうさんへ | 2007年8月20日 (月) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/15865941

この記事へのトラックバック一覧です: 癒しのミュージシャンたち:

« MIHO美術館の“ほほえみ” | トップページ | 南京町のスペイン・バル »