« 栄町でお買い物 その7 | トップページ | ガスパチョ普及委員会 »

2007年7月12日 (木)

陽光溢れる“リヴィエラ海岸”

リヴィエラ海岸にある・・・  「ねえ、けいママ、みんなで“チンクエ・テッレ”に行かない?」 ミナ&アマが誘ってくれたのは、アパートを引き払う日も近づいていた5月の始め。へええ〜、フィレンツェから日帰りでそんなところまで行けるんや! 東リヴィエラ海岸、その名を聞いただけでも胸躍る・・・。チンクエ・テッレ 切り立った海岸線のわずかな隙間にへばりつくように、何ともカワイイ色合いの建物が、垂直に立ち上がってびっしりと並ぶ小さな小さな5つの村。チンクエ・テッレ(イタリア語で5つの大地)は、今でこそ鉄道で結ばれていますが、厳しい陸路のため移動には、もっぱら船が使われていたとか。それは厳しい自然条件と引き替えに、侵略を逃れて人々が手に入れた安全な生活。そして守り抜かれた見事な景観。チンクエ・テッレ 世界遺産にも登録された現在、その海沿いの遊歩道を散策する観光客、もちろん船からこの絶景を心ゆくまで楽しむことも出来ます。
 ところでこの遊覧船の乗車券は、何やらとても複雑。船に乗りっぱなしのチケット、あるいは何回か途中下船可能なモノ、また帰りは列車を利用するチケットなどなど、細分化されていて、もちろん値段も微妙に違います。ミナでさえ、最初に来たときはわけが分からず、その後ネットで調べてやっと納得がいったとか。チンクエ・テッレ 今、このチンクエ・テッレで過ごした一日を、写真を見ながら懐かしむとき、私は改めて友人がいたからこその、素晴らしきロングステイを実感します。ツアー旅行と違って、好きなときに好きな場所へ行ける気楽さ、それがロングステイ。けれど同時に、言葉も十分にわからない、習慣も常識も違う国で暮らす、それもロングステイ。切符を買う、ご飯を食べる・・・。どうなってんの? どうすればいい? 次から次へと押し寄せてくる疑問、局面。でもそれとは無縁、引率者に連れられて過ごしたチンクエ・テッレの一日。チンクエ・テッレ まるで奇蹟のように、目の前に繰り広げられる絶景に歓喜し、盆地であるフィレンツェでは、滅多に味わうことが出来ない海の幸に舌鼓を打ち、狭い路地裏を散策しながら、人々の穏やかな暮らしに想いを馳せた。子供のようにはしゃぐ我々を、まるで親のように見守っていたミナ(年齢からすると、もちろん逆です)。 レストランでの勘定が、間違ってないかどうか厳しくチェックしていたアマ(毎度の事。ホンマにきっちりしてはります)。改めて感謝のキスを! そんなん、いらんって?
 それにしてもお二人さん、長く暮らすといやなこといっぱい(らしい・・・)の国でしょうけど、やはりこの国の美しさには脱帽ですよね? チンクエ・テッレとよく似た、風光明媚な場所が他にもてんこ盛りなんだから・・・。そうそう、山だって凄いぞ! よければ昨年紹介のアオスタ編も見て下さいね!

|

« 栄町でお買い物 その7 | トップページ | ガスパチョ普及委員会 »

[伊]フィレンツェ ロングステイ」カテゴリの記事

コメント

リヴィエラ海岸とは直接関係ないけど、今日「モーダイタリア展」に行ってきました。アパレル関係の展示でイタリア人が大量におり、彼らの服装や香水の匂い、醸し出すオーラに、まるで現地にいるかのような気分になりました。男も女もみんな「セクシー」。そんな風に見ていたことを思い出し「やっぱ、ええ〜な〜、アモーレ・カンターレ・マンジャーレやな〜」と。楽しくさせてくれる料理や服、色彩感覚・・・、それらはあの多様で美しい風景とは無縁じゃないよね(ちょっと強引にコメントらしくしてみた)。

投稿: しょう | 2007年7月12日 (木) 20時39分

この前 世界遺産の番組でトスカーナの
オルチャ渓谷の特集してましたね~!
 
 イタリアの景色の美しさは
言葉が見つかりません。
 とにもかくも 美しいの一言。

 そして ユーロはどんどんあがる~!
もうすぐ170円になりそうです・・・。
 円はますます 弱くなるぅ~(涙)
 
 これじゃあ なかなかイタリアに行けなくなる。
ガンバレ!円!! 

投稿: minacci | 2007年7月13日 (金) 16時16分

ママさんのブログを拝見してると、行きたいところが増えて増えてしょうがないじゃないですか。。。
ロングステイしたいなあ。
来春の初イタリアは恐らく10日間…最大14日…。
たくさんの場所を訪れたいし、でも1つの場所を堪能したいし…。
ううぅ…。
30歳までにロングステイを実現します!
ここに!ママさんに誓います!(笑)

カモン・マネー☆

さてさて、来春はイタリアの美しさに何回脱帽するやら。
美しすぎて帽子脱ぎっぱなしになりそう。(笑)

投稿: Giena | 2007年7月13日 (金) 17時14分

「モーダ・イタリア」展、忙しいなか大阪まで来てくれて本当にありがとうございました♪
日本にいることを忘れてしまいそうなとこだったでしょ。
来年はまた新しい企画が飛び出すかも!?なので、これに懲りず、また遊びに来てくださいね。
次回はけいママも一緒にプチイタリアを楽しみに来てください。
リヴィエラのような景色はご用意できませんが・・・それらしい雰囲気はイタリア人から溢れ出てます。ぜひ日帰りチンクエテッレを。
ちなみに、私のおすすめリヴィエラは、
サンタ・マルゲリータ・リグレです♪

投稿: ciaonao→しょうさんへ | 2007年7月14日 (土) 07時23分

内容と関係ない事で申し訳ありませんが、三木写真舘のコピーをお願いします。詳しいことは後ほど・・・

投稿: 三木写真舘 | 2007年7月14日 (土) 09時15分

モーダの国イタリア、その長い歴史は、至るところに点在する見事な景観と無縁ではありませんよね、確かに。日常茶飯事、美しいものに触れているからこそ「美」を見る目が育っていく・・・アートもそうです。
さりげない日常に、PAXREXの上質な写真アートを!とこれもちょっと強引なコメントだったでしょうか?

投稿: けいママ→しょうさんへ | 2007年7月14日 (土) 13時41分

オルチャ渓谷、私も見ました。銀行員から転職して写真スタジオをやっているというシニョーレが登場してましたよね?何処を撮っても絵になる風景・・・何でこんなに綺麗なの?と泣けてくるよね。
でも素晴らしい景観を守るために、不便をじっと耐えている事もあるんでしょう・・・ある日突然コンビニがどん!なんてこと論外?

投稿: けいママ→minacciさんへ | 2007年7月14日 (土) 13時48分

おおっ!30歳までに・・それはロングステイというよりはプチ留学でしょうか。いいなあ~、若いって事は(笑!)取りあえずは来年、下調べってとこですね?
イタリアに関しては、けいママの周り「一言語りたい!」って面々が山ほど・・・何でも相談に乗りますよ。

投稿: けいママ→Gienaさんへ | 2007年7月14日 (土) 13時58分

あのしょう君が戴いてきたモーダイタリアの資料、あれを見ているだけで、ため息が出ます。イタリアの香りがする~!モーダに関して日本は今のところ、やっぱり悔しいぐらい完敗ですね・・とっほほ
サンタ・マルゲリータ・リグレとやら、ひろパパとネットで見ました。高級リゾート地ですよね?いいなあ、ここも・・・ciaonaoさんとは、いつもイタリアの話しはするけど、一緒に行った事ないですね。機会があれば是非!

投稿: けいママ→ciaonaoさんへ | 2007年7月14日 (土) 14時11分

え、ええ~!?今、ひろパパにちょっと話を聞いたんですが、そんなん私がやっていいんですか?何せせっかちなので、ちょっと落ち着いて話を聞いてみます(笑!)

投稿: けいママ→三木写真館様 | 2007年7月14日 (土) 14時16分

とにかく宜しくお願いします。

投稿: 三木写真舘 | 2007年7月15日 (日) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽光溢れる“リヴィエラ海岸”:

« 栄町でお買い物 その7 | トップページ | ガスパチョ普及委員会 »