« 2度目の“テラス会”持参料理 | トップページ | フィレンツェの“蚊”に捧ぐ »

2007年6月19日 (火)

“藤井保作品”ここに在り

Photo_462  和歌山県南紀白浜 椿温泉。ここに部屋数わずか6つ、なかなか予約の取れない超人気旅館「海椿葉山」があります。空の青、海の青にくっきり浮かび上がるベンガラの紅。竹原義二氏設計 “2002年建築学会作品選奨”にも輝いたその建物は、“人をもてなす”という行為を、究極に突き詰めた結果生み出されたお宿、Photo_472 そんな印象を受けます。  そしてこの美しい建物のロビーを、堂々と飾るのが巨匠「藤井保氏」のこちらの作品。台風の日に「待ってました!」とばかりに、機材担いで馳せ参じる藤井さんの真骨頂でしょうか。Photo_473  鋭い洞察の元に切り取られた自然は、己の身に降りかかる水しぶきをも連想させるド迫力! 「へええ〜! ここで藤井氏の作品に遭えるとは・・・。何か得した気分ってお客さま、結構いらっしゃるんですよ。」とオーナーの伊谷さん。
 昨年カムイミンタラ展の時に、PAXREXにお越し頂いて、この作品をお選び頂いたんですよね。 さて我々が訪れたこの日、客室前に拡がる大海原は静まり返り、初夏を思わせる爽やかな陽光にキラキラと輝いていました。Photo_474 “海”という上質の舞台を、思う存分味わうために設えられた空間。廊下の片隅にさり気なく飾られた野の花、繊細な料理の数々、すべてに宿のオーナーの心づくしがあるからこそ味わえる、贅沢な時間です。母なる安らぎに身を委ねながら、刻一刻と変化する空の色や、空気や、風を楽しみ、そして明日の海をも、そう、藤井さんの作品のような荒れ狂う、牙を向いた荒々しい父なる“海”をも心に描く。 それはひととき癒されて、また慌ただしい日常の日々に戻っていく、旅という名のサプリメントでしょうか。
Photo_475  帰り際に求めたポストカード、藤井保氏の元アシスタント、現在チョー売れっ子カメラマン「瀧本幹也氏」撮影の海の表情・・・。さすが!空気写真家と評される師匠の技をしっかり受け継ぎ、しかも独自の世界を! 是非ともPAXREXでの個展をお願いせねばなりませぬ。この「海椿葉山」の案内パンフレットをPAXREXにて、僅かですがご用意しております。「ステキ!」と叫びたくなるほど「ステキ!」ですよ。気品溢れるホームページも必見です。

|

« 2度目の“テラス会”持参料理 | トップページ | フィレンツェの“蚊”に捧ぐ »

国内出張」カテゴリの記事

コメント

初めまして。どうも有難うございます、と言いたくなります「ご案内」をいただいたような建物、コントラスト、風景の模様。表現巧みで、余計に印象に残るようです。とても行ける場所ではありませんので、このような形で紹介、お教えいただいただけでも、有難いことです。

投稿: Lucky sound | 2007年6月19日 (火) 16時46分

こちらこそコメントを有難うございます。ひょっとして「海椿葉山」のホームページも見てくださったのでしょうか?瀧本幹也氏はここに2、3日滞在して“海”の写真を撮影されたとか・・・いろんな表情を見せてくれる海、そして真剣に向き合うカメラマンの凄さを感じました。

投稿: けいママ→Lucky soundさんへ | 2007年6月19日 (火) 18時22分

滝本幹也さんが載っている「人物ライティング」の本を持っています。文字でみて思い出しました。凄いはずです。またコレで、ブログネタを一つ手に入れました。ありがとうございます

投稿: 三木写真舘 | 2007年6月19日 (火) 23時46分

Buongiorno Keiko, come va?
Io tutto bene, ho sistemato e organizzato in questi ultimi mesi la confusione accumulata.
Passero' prima o poi a PaxRex.
Intanto un Saluto a tutti.
Marco

投稿: Marco | 2007年6月20日 (水) 13時49分

やはり凄いお師匠さんの元で勉強されると、たくさんの事が学べて才能が開花するんでしょうね。一流の方達は人間性もやっぱり素晴らしいですもの。奥脇さんもホントに!お弟子さんたちの活躍が楽しみです。

投稿: けいママ→三木写真館様 | 2007年6月21日 (木) 14時11分

Ciao,Marco!Quanto tempo che non ci vediamo. Siamo tutti bene.Adesso sta facendo come la mostra collezione a PAXREX. Siccome e poco cliente, potremmo fare conversazione bene...pero
io dimentico l'italiano..Ti aspettiamo.
A presto.

投稿: Keiko→Marco | 2007年6月21日 (木) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/15359005

この記事へのトラックバック一覧です: “藤井保作品”ここに在り:

« 2度目の“テラス会”持参料理 | トップページ | フィレンツェの“蚊”に捧ぐ »