« “竹の海”で独創的中華を | トップページ | 絵里先生とビザンティン »

2007年5月 4日 (金)

三日待ってね!の牛タン

Photo_376  このグロテスクなモノはいったい何? 牛タンです。モー君の舌です、はい! っと、さっさと写真を撮って、調理を始めなきゃ!とちょい焦り気味のけいママ。そうなんです。この料理に必要なのは、牛タン、お味噌、そして時間・・・。お呼ばれしているパーティーに持ってくためには、そこから三日間を逆算して“モーモー”始めなきゃ、タイムリミットなんだ! そうかあ、大変なんだと、思った皆さん「グリルにバナナをポン!」のノリで行きますからね、Photo_381 ついて来て下さいな。 まずはこの牛タンを茹でます。けいママの場合は、ほったらかしにしたいから電気の鍋を使いますが、何でもいいです。とにかくセロリやローリエや野菜の屑や、におい消しになるようなものを水と一緒に入れて、竹串がスーッと通るくらいまで。だいたい1時間半か2時間くらいかな? オーオーいい匂いがしてきたぞ。
Photo_378  さてと、冷ましてからまわりにお味噌(甘くないモノ、高値ではないモノ)をベタベタ塗り、ラップに包んで冷蔵庫で三日間。これが大事! 即席ラーメンの三分間よりは長いけれど、たかが三日、されど三日。お味噌をきれいにぬぐって、スライスして・・・。まあま、口に入れて見て下さいな。Photo_379 初めて食べて、お味噌の味と気づいた人は居ない、牛タンなんて気持ち悪いという人もついつい食べちゃう。
 幾つかの本にも紹介されたシンプル極まりないこの料理、けいママもいったい何人に伝授したでしょうか? ただ今ニュージャージー在住のゆきえちゃん、確かメールでレシピを送ったけど「けいママンちで食べたのと、全く同じに出来たわ!」と興奮の返信がきたっけ。以来、おもてなしはもっぱらこの牛タンで始まると言ってくれてたよね?今回のパーティーでもみなさんに好評をいただいた「牛タンの味噌漬け」今度はこのレシピを見て、誰が作ってくれるかな?
Photo_380  ところで、この日のパーティーでクウネルさんが作ってくれたこちら“新タマネギときのこの蒸しもの”バターと塩であっさりいただく、これ絶品です!こちらは次回けいママが真似して作るぞ。美味しいモノと気の合う仲間、楽しいひとときはアッという間に過ぎてゆく。だからこそ、大切な出会いを心にとどめて、次回を待つ、待つ・・・♪

|

« “竹の海”で独創的中華を | トップページ | 絵里先生とビザンティン »

けいママ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うわっ、やってみよう。でも連休明けだわ。牛タンはもっぱら「塩タン」です。今日も長男が帰ってきたので食べました。忙しいからと、少し手を抜きすぎかな。ガンバローーー。

投稿: 三木写真舘 | 2007年5月 5日 (土) 00時04分

こんばんは。
蒸し物、喜んでいただけ光栄です。
蒸篭はほんと買ってよかったです。
牛タンも美味しかったです。
しかし、牛タンって、どこで売ってるんですか??

投稿: onosin | 2007年5月 5日 (土) 00時04分

あの 例の牛タンですね・・・。
あれ、私も何回かご馳走になりましたが
まさしく 絶品の味でした。

考えてみれば ここは神戸牛の隠れた出所なんだから
牛タンも 入手可能のはず。
 探して 絶対作ろうと思ってます。

 テラスでパーティなんて しゃれてるぅ~!
景色もええでしょうなあ・・・。
 ここからは どうも神鋼の煙突が
邪魔で邪魔で・・・。

投稿: minacci | 2007年5月 5日 (土) 09時41分

あっ。塩タンですか。それも美味しいですよね。塩とか味噌とか、凄い威力だなあと作っていて思います。
でも今回は久しぶりでした。喜んで食べてくれる人が居るからこそ作る気になりますよね?

投稿: けいママ→三木写真館様 | 2007年5月 5日 (土) 16時25分

あらあっ、minacciさんちも、いい眺めではないですか。でも確かに、このクウネル邸には我が家も完敗!ホントにアッと驚く眺めでした。
minacciさんにも何回か食べて頂いたこの料理、こんなに簡単とは知らんかったでしょ?

投稿: けいママ→minacciさんへ | 2007年5月 5日 (土) 16時28分

あの後も、とても美味しい料理が出たそうですね?残念!それと後片付けのお手伝いを全くしなくてゴメンナサイ。大変だったでしょ?次回は私もやりますから、懲りずにまた、呼んでくださいね。
牛タンですが、私は阪急六甲駅のスーパーに注文して取り寄せてもらってます。昔は国産もありましたが、今はオーストラリア産、しかも奪い合いだとか・・食肉事情がどんどん変わってきましたよね。

投稿: けいママ→onoshinさま | 2007年5月 5日 (土) 16時35分

あ、この牛タンレシピ公開しちゃったんだー。
日本で教えてもらったときに、こっそりただの安物かたまり肉で試したけどおいしかったよ。
そうか、ゆきえもニュージャージーで作ったのね。
じゃあ、私もバルセロナで試してみなくちゃ。でも牛タンって売ってるのみたことないけど。スペインの人は食べないのかなあ。

投稿: el patito | 2007年5月 6日 (日) 23時34分

それは是非、旦那様に尋ねてみて下さい。笑!牛タンよりお味噌のほうが手に入りにくいのではないかと思うのですが、そんな事はないのですか?
ゆきえちゃんは、ニュージャージーのスーパーで、牛タンがあまりに安価で売られていて、ビックリしたそうですよ。それにしても、いわゆる味噌漬け・・・ 日本が世界に誇る食文化ですよね。

投稿: けいママ→el patitoさんへ | 2007年5月 7日 (月) 13時10分

GWはギャラリーでお会いできて嬉しかったです。
牛タンレシピにびっくり!!
味噌漬けとは……見抜けませんでした。
時間がおいしくしてくれるなんて、ステキですね。
私も作ってみようかな。

最近、イタリアに興味シンシンなので
けいママさんが教えてくださるなら
イタリア語、スタートしてみようかしら……。
もやーん

またお会いしたいです!

投稿: 鈴木 | 2007年5月12日 (土) 12時59分

はい、ぜひ一度作ってみてください。失敗はしないです!ちょっと(いや、かなり)早過ぎますが、私が伝授してから、おせちに必ずこれを作るという友人が居て、毎年「またまた、牛タンがおせちのヒーローでした。」という報告が・・・笑!
一方イタリア語のほうは、とても人さまに教えるレベルじゃあ・・・ ただレベルのすごいヤツ、イタリア通のヤツ、現地に住んでるヤツ、その他色々居ますから、何でもご相談くださいませ。またのご来店を心待ちにしております。

投稿: けいママ→鈴木さんへ | 2007年5月12日 (土) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/14916487

この記事へのトラックバック一覧です: 三日待ってね!の牛タン:

« “竹の海”で独創的中華を | トップページ | 絵里先生とビザンティン »