« 旅人とビザンティン | トップページ | フィガロの誘惑 その2 »

2007年5月29日 (火)

フィガロの誘惑

一枚の雑誌の写真・・・  “フィガロって誰? イケメン? ”残念でした。今回登場のフィガロは、雑誌「FIGARO」の事。1996年、何と今から10年以上前に「FIGARO」の特集で、美しい田舎町の一つとして紹介されたトスカーナの町「ルッカ」。この写真を目にした時、一瞬にしてけいママは“この風景に恋をした!” いつかは行くぞ!と瞳はキラキラ。そしてフィレンツェ滞在中に、そりゃ行きましたとも。ルッカの並木道ただ夢が叶う瞬間が、ちょっと怖かった。だってよくあるでしょ? 実際に行ってみたら「な〜んや、しょうもないわ〜。」という観光名所・・・。何処とはいいませんけど。。。“フンフン、で? どうだったの?”・・・う〜ん、ルッカを語るけいママの表情を見て貰えれば、一目瞭然なんですけどね。うっとり夢心地、乙女のような・・・(ちょっとあつかましい。)
 町をぐるりと取り囲む城壁、その上に4㎞にも渡って続くこの並木道、雑誌の写真が撮影された頃ほどには、まだ緑が茂ってなかったのですが、そこを行き交う人々の何とも満ち足りた表情。乳母車を押した若いママさんと老夫婦が、すれ違いに「チャオ!」
そう。96年の『フィガロ ジャポン』で紹介されていて・・・ この町に暮らすと、毎日この並木道を散歩するよね、そりゃ。そして気持ちも優しくなるよね。マロニエ、プラタナス、ライム・・・。たくさんの木々の、季節毎の移り変わりを見て、感じて、日々が過ぎていく・・・。茂みの下でお弁当を広げている植木屋さん達にも出会いました。どうか、この美しい町が、永遠でありますように。
 ところで我々の滞在中、フィレンツェに観光旅行にきた友人、「私、ここ行きたいんだけど。」と取り出した切り抜きは「あらあ! あんたもかいなあ〜!」・・・。同類が居った! 10年以上あたため続けた・・・恐ろしや、「フィガロの誘惑」!っと、もう少し「ルッカを」語らせていただけるでしょうか? 次回に続きます。

|

« 旅人とビザンティン | トップページ | フィガロの誘惑 その2 »

[伊]フィレンツェ ロングステイ」カテゴリの記事

コメント

私、アルハンブラ宮殿に行きたいです。トスカーナとは関係ないですけど・・・。変なコメントでごめんなさい。でも何か、仕事に追われて、夢ばっかりかなーーーー。

投稿: 三木写真舘 | 2007年5月30日 (水) 23時28分

最後にイタリアに行ったのは2年前。ホンッとそろそろ行きたくなって来たな〜。帰りの飛行機の辛さはイヤだけどね。でも、まだまだ知らない、すっごいイイ街がいっぱいあるんやろな〜と思います。ルッカも行ったことないし。

投稿: しょう | 2007年5月31日 (木) 00時19分

アルハンブラ宮殿、私も行きたいです!この宮殿を一望できる素晴らしいパラドール(スペインの国営ホテルですよね?)があるらしく、いつも満員なんだけど、知り合いが運よく宿泊したそうです。それはもう、素晴らしいと言ってましたっけ。

投稿: けいママ→三木写真館さま | 2007年6月 1日 (金) 18時09分

はい、フィレンツェに二ヶ月居ても、行き損なったところがいっぱい!それに行ったけど、このブログで紹介してない所も結構あります。凄い国ですよねえ~。

投稿: けいママ→しょうさんへ | 2007年6月 1日 (金) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィガロの誘惑:

» イタリア - フィレンツェ旅行トラベル口コミ情報 [イタリア - フィレンツェ旅行トラベル口コミ情報]
フィレンツェ(Firenze)はイタリアのトスカーナ州フィレンツェ県に属する人口36万人の都市である。トスカーナ州の州都、フィレンツェ県の県庁所在地であり、近郊の人口は約20万人。古代ローマ時代、花の女神フローラの町としてフロレンティア(Florentia)と名付けた事が語源とされている。 ... [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 02時04分

« 旅人とビザンティン | トップページ | フィガロの誘惑 その2 »