« 絵里先生とビザンティン | トップページ | 泉ちゃんとビザンティン »

2007年5月15日 (火)

佐々木さんの“愛車物語”

ビアンキーナ(bianchina)・横から   昼下がりの栄町に、突如出現したこのクルマ。か、かわいい、かわい過ぎる! 今や日本国内では、せいぜい十数台しか無いレアもの「ビアンキーナ」ですよ。イタリアの名門自動車メーカー「アウトビアンキ」から1957年に発売されたのですが、何と1962年には、生産中止! ね? 滅多にお目にかかれないおそれ多い車なんです! 所有者はグラフィックデザイナーの佐々木さん。この車のためにイタリア語教室にまで通い始めちゃった・・・な、なんで?ビアンキーナ(bianchina)・ロゴ
 それはかれこれ4,5年前のある日のこと、その頃乗っていた車の部品を探すため、中古車情報の雑誌をペラペラめくっていた佐々木さん、あるページで目が釘付けに! そこには長年探し求めていた、夢見ていた、恋し続けてきた「ビアンキーナ」の売り情報が! はやる気持ちを抑えて、その店に出向いてみるとそこには“彼女”が居た!  お、落ち着け〜。深呼吸した佐々木さん、おもむろに店の親父に「へええ〜、わりと珍しい車やなあ。おっさん、なんぼで売るの、これ?」 心臓バクバク・・・。「ン万円位で、と持ち主に言われてますけど・・・」 え、ええ〜! ほんまかいな? 予想の半額以下やないか! もう倒れそう・・・。ビアンキーナ(bianchina)・前から し、しかし落ち着け〜。「何言うてんの? おっさん、テールランプも一個しかないのに。まあ、〜ン万円位なら考えてもええけど。もちろんテールランプの修理代込みにしてや。」とめでたく“ビアンキーナ”をゲットした佐々木さん。
 その日から、ある意味佐々木さんの苦難の日々が始まった。気分よく走っていたかと思うと突然“パスン”と止まる。しかも原因がわからない。エンジンを分解して、また組み立てて何とか調子はよくなったようですが、「佐々木さん、スピードどれ位出るんですか?」 「まあ、95㌔くらいやね。ええ? 高速? そんなもん、恐くて走れますかいな。今日、栄町来るのも恐かったわ。」 ビアンキーナ(bianchina)・車内 はあ、いつも何処走ってはるんやろ?とちょっと不思議なけいママ。それにしても、さすがイタリアは自動車の歴史が長いんですねえ。今でもネットとか、あるいは現地の自動車専用の蚤の市とかで、ちゃんとレアモノの部品やパーツが手に入るんですって。そのために佐々木さんはイタリア語を。そりゃネットも日本語ではありません。現地での交渉もいわゆるマニアック・・でしょうねえ。しかも値切らなあかんし。ビアンキーナ(bianchina)・後ろから ビアンキーナのためならよいしょ、こら! 苦労なんてなんのその。坂道やなんかの手前では優しく声を掛けることも。「さあさ、もうすぐおうちやで。がんばろな。帰ったら何か美味しいもん・・・ああ、ガソリンしかいらんか。」 
 で、佐々木さん、ビアンキーナの魅力は? 「ふ〜ん。脳天気って感じするでしょ?」 します、します! “佐々木さんとビアンキーナ”実におしゃれな関係ですよね? そう言えば、オードリーヘプバーンの映画「おしゃれ泥棒」で、彼女がフルオープンで走らせていた車が「ビアンキーナ」ですよ。フツーに町中走ってる車なんてオモロないわ、と思うあなた、きっと佐々木さんといいお友達になれます!

|

« 絵里先生とビザンティン | トップページ | 泉ちゃんとビザンティン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわいいっ!!!
なんて愛くるしいデザイン!!
フロントが大きくて、バックが小さい…。
遠近法かマンガのよう。
その感じがたまりませんねえ~。

ビアンキーナさんに声を掛ける気持ちが、
よくわかります。
かっこいい乗り物が好きな私…。
私も愛する自転車に、よく声を掛けます。

佐々木さんと仲良しになれそうです★

投稿: Giena | 2007年5月15日 (火) 18時38分

うーん、くやしい・・・。

投稿: giovanni | 2007年5月15日 (火) 20時44分

アウトビアンキは知ってたけど「ビアンキーナ」は知らなかったな〜。A112は有名なんやけどね。こんなサイトもあるし(http://www.a112abarthclub.org/)。

投稿: しょう | 2007年5月16日 (水) 00時38分

佐々木さんとは4~5年くらい一緒にお仕事させてもらってるけど、面白い方ですよね~。
確かに独特のふんわりした雰囲気もってはるけど、
仕事上こだわりのかたまりのようで、脳天気には見えへんし・・。
いや、脳天気にみせることにこだわってんのかな?
2004年に一緒にイタリア行ったときは
半分仕事やったし、パーツ屋さんに行けなくって、残念。
でも、けいママ、最近イタリア語学習者の人口が増えてるけど、こんな目的で始めはった人は佐々木さんだけじゃないですか??

投稿: ciaonao | 2007年5月16日 (水) 05時35分

ホントにかわいいでしょう?
次回また、道路が空いてて車が多くないときだったら、栄町にきてくれるかも・・・です!

投稿: けいママ→Gienaさんへ | 2007年5月17日 (木) 12時01分

佐々木さんは自転車も、何とかいうメーカーのを(たぶんマニアック?)所有されているそうです。一度、彼に会ってみますか?

投稿: けいママ→giovanniさんへ | 2007年5月17日 (木) 12時04分

クルマの事には全く弱いけいママですが、
これはブログに書いてみなさんに紹介せなあかん
と使命感がムラムラ!したのです。
しょうさんが教えてくれたサイトも見て、
ちょっと車の勉強をしようかな?

投稿: けいママ→しょうさんへ | 2007年5月17日 (木) 12時06分

そうですか、ciaonaoさん同行のときに、マニアックな専用蚤の市に行けたらよかったですね。
意外とこういう通訳って、需要があるのかもしれませんよ!
それにしてもホント、佐々木さんには“脳天気な”この子の存在が大事なんでしょうねえ。Perche?

投稿: けいママ→ciaonaoさんへ | 2007年5月17日 (木) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/15021692

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木さんの“愛車物語”:

« 絵里先生とビザンティン | トップページ | 泉ちゃんとビザンティン »