« なぜ花に魅せられるの? | トップページ | アートフルなアクセサリー »

2006年12月 3日 (日)

イタリアのクリスマス

1_36  いよいよ12月、クリスマスのカウントダウン。冬の神戸名物「ルミナリエ」の準備も着々と進んでいますよ。ニュージャージーに住む友人は今年も、毎年恒例ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリー前で撮影の家族写真を届けてくれるでしょう。さてツリーと言えば、イタリアのクリスマスにはあまり見られないもの・・なんですね? 飾るのはツリーではなく、presepio(プレゼーピオ)と呼ばれる模型。 キリスト降誕の馬小屋へ、東方の三博士が礼拝に訪れた場面を人形で表現します。毎年、オーナメントをあれこれ買い足していくところや、基本を元に色々なバリエーションを楽しむところはツリーと共通してますけどね。2_9 写真はローマの街角で見かけたプレゼーピオで、さすがに立派! サンピエトロ広場のものほどじゃないにしても、カソリックのお膝元ですもんね。__2 この時期に訪れたボローニャでは、プレゼーピオ・人気投票によるコンテストが開かれていましたっけ。 いろんな材料、いろんなデザインで競い合うアイデアあふれた飾り方。けいママお気に入りのこのお人形も、その会場で買い求めたモノ。
 それとローマのナヴォーナ広場で買った、ベファーナのお人形。クリスマス後12日目にあたる祝祭の日(エピファニア)、その前夜に空を飛んで子供達に贈り物を届けるのは、この意地悪そうな顔つきのお婆さん。1_ 良い子には、靴下にステキなモノを入れてくれるけど、悪い子には“炭”なんですって! サンタクロースはどの子にもくれるんですよね?
 ともあれ12月は、愛する人へのプレゼントを買い求める人達が町中に溢れる・・・。そしてクリスマス当日、教会にはひたすらお祈りを捧げる人達の姿が・・・そういう日なんですよね。で、夜ともなれば町中はひっそり静まりかえる。この日に開いているレストランは中華料理店だけ! 遠くアジアからやって来た観光客は、部外者って感じの孤独を味わう・・・。さて、今年のクリスマス、あなたのご予定は? けいママは神戸にて、「FLORA 女神に捧ぐ」の最終日だなあ。それまでに、一人でも多くの方にご覧いただけますように。淡く、まばゆい光の世界へと誘ってくれるFLORAの世界を。

|

« なぜ花に魅せられるの? | トップページ | アートフルなアクセサリー »

[伊]フィレンツェ ロングステイ」カテゴリの記事

コメント

クリスマスの祝い方はイタリアと日本ではずいぶん違うんですね〜。ともかく、神戸では年間で最も観光客が多いのがルミナリエ期間。スタート地点からすぐの栄町にもたくさん人が来ると良いですね!

投稿: しょう | 2006年12月11日 (月) 17時58分

家族揃って家で静かに祝い、祈るイタリアのクリスマス。スイスやドイツに出稼ぎに行っている人たちもみんなマンマのもとへ帰ってきますよね。だから、クリスマス前後は列車も超満員。で、イブと当日はそれまで賑やかだった街もひっそり静まり返っています。
たまに走っているタクシーは、運転手さんが「せっかくのクリスマスに働いてるんだから」と言って、料金を倍ほど吹っかけたり・・・。
キリスト教徒じゃない我々は、華やいだ神戸の町を思い切り楽しみたいですね。「ブォナターレ!」

投稿: ひろパパ→しょうさんへ | 2006年12月15日 (金) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/12879074

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアのクリスマス:

« なぜ花に魅せられるの? | トップページ | アートフルなアクセサリー »