« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

夢見る頃を過ぎても

写真ミュージアム・ALINARIのカレンダー  いよいよ新年へのカウントダウンですね。新しいカレンダーは準備なさいましたか? こちらはミナ&アマが、一時帰国のお土産に買ってきてくれたカレンダー。フィレンツェにある、世界最古の写真ミュージアム、ALINARI(アリナーリ)のオリジナルです。1800年代から1900年代初頭のイタリア各地の風景は、興味深いですよね。ALINARIは世界最古の写真ミュージアムです(The world's oldest Photo Archive and the Photogragy's History Museum) お馴染みポンテ・ヴェッキオや、ヴェネツィアのリアルト橋は今と変わらないけど、そこを行き交う人々はずいぶんと様変わり。このミュージアムのコレクションは、資料としても大変な価値があるものだと実感します。
 さて、以前にもお話しましたが、昨年二ヶ月のフィレンツェ滞在中、その存在すら知らなかった・・当然訪れることもなかったこのミュージアム。PAXREXをオープンした今は、なかなか行けそうにもありません。でも、この町への想いは今も変わらず・・・。また行きたい街チェントロを離れた、ひっそりとした一角にあった小さなギャラリー、今度も見つけることが出来るか知らん? ルネッサンスの名残だけではない、アートを、美をDNAとして脈々と受け継いでいく彼らの感性。たとえば小さなトラットリアにも、オリーブオイルとトマトソースの匂いが染み付いた壁にたくさんの写真、絵画の数々が・・・。その一つ一つに込められた想いを探る。そしていつか、PAXREXの写真アートが、この美しい町の、何処かの壁面に飾られることを夢見る。自分の夢、家族の夢、そして大好きな人たちみんなの夢を大切に思いたい。

ミケランジェロ広場から  で、まずはささやかな夢・・・(というほどでもないか)。お正月は、ただ今お気に入りスカパーの旅チャンネルでテレビ三昧! お茶の間で、あちこち旅して、気持ちをリフレッシュ♪ そしてまた新年の挨拶をさせていただきたいと思います。大好きなみなさん、どうかよいお年を、たくさんの夢を・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

戦う気力

今回はイタリアの“交通  平和がモットーのPAXREX・・・なのにえらい物騒なタイトルやな、ですって? はい、今日はイタリアのストの話です。イタリア好きなあなたは、もちろんもうご存じですよね? もしもこれから行かれる方、そのためにイタリア語レッスンに励んでおられる方がいらっしゃったら、けいママから一つアドバイス。この言葉を覚えておきましょう。“sciopero ”イタリア語でストを意味するこの単語“ショーペロ”です。飛行機を降りたら途方にくれることが・・・ 先日ギャラリーへお越し下さった、ミラノを中心に活躍なさっているカメラマンM氏も言っておられました。「空港で降りた観光客がね、大きな荷物持って途方にくれてるんですよ。タクシーが、ショーペロで一台も止まってないんですからね、困りますよね。」 みな&アマからもこんな話が・・・。「最近、金曜日はATAF(フィレンツェの市バス会社)が必ずショーペロやんのよ! どうやら、三連休にしたいみたいよ、彼らは。」
バスも  滞在中けいママももちろん、何度かショーペロに遭遇しました。飛行機、バス、列車・・・。やるっちゃやりますよ、彼らは。そしてストをやられる側なんですけど、これがどうも・・・。ドゥオーモ前で(ベタなだじゃれ?)、若い男の子と、彼女が待ち合わせ。「いやあ、ストのおかげで会えたよね? どこ行こうか? 電車は動いてないけどね。」とにこにこ。彼はひょっとして運転手かも? けいママの憶測は広がる・・ 君が動かさないから止まってるんじゃないの? だからけいママは、予定していたアレッツォ行きを断念して、ドゥオーモ前でうろついてんのよ! いやはや全く、戦ってる気配がまるで感じられないショーペロ決行の皆さん、そんな状況に怒る気配がまるでない国民。。。incredibile!(インクレディービレ)信じられない!
Photo_181  みなさん、もう覚えました? ショーペロですよ。「おっかしいな、電車が動いてない、バスが来ない」・・・。イタリアでそんな事態に出くわしたら、とりあえず回りのイタリア人に尋ねてみましょう。「ショーペロ?」 とにかく役立つこの言葉。ペロ、ペロ! 「きみら、なめてんのか? 戦う気力はないのか!!」とせめて一言、置きみやげに言いたかった!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

栄町にてクリスマス

4/21にオープンし・・・  冬晴れの空の下、今日も栄町のギャラリーPAXREXへ。思えば昨年の今頃、まだPAXREXは存在しませんでした。ただひろパパの頭ン中にだけ・・・。やはり元広告マンですよね。場所も決まらないうちから、名前だけはしっかり決めていたんですから。そして4月21日のオープン以来、水曜の定休日以外ひっそりと看板を出し続け、気が付いてみると、もうクリスマス! あちこち界隈で見かけた、ステキでお洒落なディスプレーを見て下さいな。今や大好きなマイタウン!早いもので・・・ 最初の頃は、お客様から電話がかかってきて「ギャラリーの場所を教えて下さい」と言われるのが恐怖でした。だって、自分自身まだ場所がよく分かっていなかったんですから(笑!)
今はもう大丈夫! おいしいお店、ゆっくりお茶出来るカフェ、お気に入りが見つかりそうな店、けいママいろいろ教えられますよ。この町を散策しながら思うこと・・・。ゆったりとした時間が生み出してくれる心の豊かさ、だからこそ出会える美しいモノ、大切な出会い・・・。 ひろパパはPAXREXオープンの時に言いましたっけ。「お客さん、一人も来ない日もあると思う。もう、クリスマス!そんな時は読書三昧やな。あっはっは!」もしもこのギャラリーであなたに、心和む時間を少しでも過ごしていただけたら、それこそがPAXREX・・・はい、ラテン語で「平和の王様」・・・。おっと! ひろパパが王様というわけではありませんが、舌をかみそうなこの名前をみなさんが愛してくださって、同時にその輪を広げて下さったら、と願っています、はい。
 さてさて「FLORA 女神に捧ぐ」展は今月25日まで。我が家の今年のクリスマスは、アット・ホームなものではないですけど、今年一年凝りに凝った手作りクッキーをポリポリ・・・。みなさん!メリークリスマス!みなさん、Merry X'mas!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

想定外のアクセサリー

Photo_162 “想定外”のアクセサリーに出会える・・ ギャラリーショップ Siで開催中の「CONTEMPORARY JEWELLERY」展。国内外4人のジュエリーデザイナーによる作品は、どれも独創的、個性的、そして魅力的。たとえばこちら、先日このブログで紹介した「CRODA」のスタッフとして活躍中の玉邑みち子さんの作品。そうか! ネックレスは首に沿ってまあるくなくてもよかったんだ! 三角、四角・・・。並べてつなげて遊ぼ♪みたいな発想でしょうか。作品は角張っていますけど、アーティスト玉邑さんの頭ンなかは、やわらか〜い。Photo_168
 一方こちら、辻田恭子さんの指輪。そうか指輪は“指にはめる”ではなく“指と指の間に挟む”でもOKだったんだ! そして身に付けていないときは、お部屋のオブジェに早変わり・・・。外出前に「あらら! 何処に置いたかしらん?」と探し回らなくてもいい、まさに一石二鳥ですよね。Photo_170この袋詰めされているのは(下の写真9、勝手に色を塗ってお楽しみあれ、というセルフバージョン。白い小枝みたいな部分に、パックされているマニキュアを塗れは出来上がり。 でも、そんな装着の仕方で、するりと指から落ちないの?というあなた、固い頭をリフレッシュ!Photo_172 出かけて行って、試してみましょう。
 今回のフェアーは25日までですが、イギリス人作家によるシャープな、それでいて暖かみを感じる作品、また下の写真、なんと“紙”で出来たアクセサリーなどはいつでもご覧いただけますよ 。
 オーナーのセレクトの凄さを実感できる、小粋な、けいママ一押しのギャラリーショップです。Photo_169

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

森雅美さんの好きな色・・色バトン

「FLORA 女神に捧ぐ」展の作家、 先日バルセロナに住む友人el patitoさんから、色バトンとやらが回ってきました。折りしも「FLORA 女神に捧ぐ」展の作家、森雅美氏が東京からお越しくださったので、ちょっと参加してもらいました。チョー有名カメラマンに、こんな種類の質問はなかなか出来ないので、いい機会だと思って・・・.。だって、普通はこの作品に使ったカメラは? とかネガかポジか?  とかライトは? とかでしょ? では、行ってみましょう。チョー美人の奥様にも参加していただきましたよ!

好きな色は?  みどり(森さん)  白(奥さま)

嫌いな色は? (森さん) 濃茶ワインレッド(奥さま)

携帯の色は? 黒(森さん) ピンクシルバー(奥さま)

心の色は? 水色(お二人揃って即座に!)

回してくれた人の心の色は? これはけいママが答えます。みどり・・・ そばにいるとホッとする、癒やし系の女性

美術の時間に絵の具セットの中で一番初めに無くなった色は?

ブルー水色(森さん) 白(奥さま)

今はいてるパンツの色は? えんじ(森さん) クリームイエロー(奥さま)これも回答が早い早い・・・ホントにスバっとお答えになるのに、驚きましたね。いやあ、お二人とも有難うございました。

というわけで次の6つの色に合う人にバトンを回します。

 イベントコーディネーター兼作家のりえちゃん。彼女のサイト「みそぢをんなのひとり言」で、童話、小説 その他色々読めます。類まれな行動力と溢れる才能が赤のイメージなんです。

 ジャズ、テニス、モビール制作・・・と優雅な日々を送る太郎さん。愛して止まないとおっしゃるヴェネツィアの町・・・ その水をたたえた優雅な風景にピッタリとマッチする方。

オレンジ クラフト作家の店「ホトトギス」の店主、子規さん。ぬくもりのあるステキな作品を、よくぞと思うほど見つけてこられる。心がオレンジですね。 

ピンク つい最近このブログで紹介した彫金作家のCRODAさん、柔和な笑顔がピンクって感じ。けいママのビー玉リングも、今のお気に入りは水晶玉のピンク!

黒 イタリア語講師のゆかりちゃん、なが~い足!黒のパンツが似合う事!彼女のサイトはイタリアネタ満載ですよ。

白 アート好き、スポーツ鑑賞大好きのmeikei日暮らしさん、真っ白い心で好きなものをどんどん吸収していくパワフルウーマン、最近ブログを立ち上げました。

さてさて、よければバトンをよろしく。それと、みなさん、どれもお奨めの個性溢れるサイト覗いてみてくださいね。el patitoさんのブログでは、かわいいちびが出迎えてくれますよ。森雅美さんの好きな色は?

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年12月14日 (木)

必見!ルミナリエ情報

冬の神戸名物「ルミナリエ」 冬の神戸名物「ルミナリエ」にお出かけになりましたか? 「人が多すぎるし、あの辺りの店は混んでるし・・」とそんなあなたに耳寄り情報・・・。う〜ん、あんまり教えたくないかな。けいママ、もう一回行こうと思ってるんだけど、このブログチェックした人が詰めかけて、予約満杯になってしまったらどうしよ? ンなことはないか・・・。それではいってみましょう。クスクスのオードブル期間限定のレストラン「Silk Road Club」12月8日(金)〜21日(木)の案内ですよ。場所は旧居留地、まさにルミナリエ会場のど真ん中! 当然5階の窓から点灯、あるいは消灯の瞬間がバッチリ見えます。そしてメニューは、イラン人が作る本格ペルシャ料理・・・。う〜ん何のこっちゃ、よう分かりません?酸味が効いたさっぱりサラダ
 この場所、実はバーラックさんというイラン人の方のマンションの一室。それがルミナリエ期間中だけ、ペルシャ料理店に変身するんです! 凄いでしょ?
 へええ〜!ペルシャ料理って何?っていう方、写真をご覧あれ。クスクスのオードブルに始まって、酸味が効いたさっぱりサラダ、そしてメインの鶏肉の煮込みには、香ばしい焼き茄子が入っていてこれが絶品!メインの鶏肉の煮込み 添えられたハーブたっぷりのピタブレッドや、ご飯に合う、合う・・・。全体的にさっぱりしてとてもヘルシー。デザートのざくろがのったアイスクリームを楽しみ、ナツメヤシをかじりながらのシナモン・ティーをいただく頃には、窓の外のルミナリエはひっそりと消え、小さなアット・ホームなレストランに集った20数名のお客は大満足。デザートのざくろがのったアイスクリームひろパパとけいママは、ただいま帰国中のミナ&アマを連れてもう一回来るぞ!と・・・。もしかしたらお会いするかもしれませんねえ〜。興味のある方、予約制ですからね、くれぐれも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

これを詰めればイタリアン

やりイカの詰め物 イカって、何か不思議な形をした生き物だと思いません? まあ、イカのほうも「何でこいつら、足が二本しかないんやろ、カッコ悪う〜」って思っているかもしれませんが・・・。このイカの内蔵を取り出して、モノを詰める料理法はイタリアにも、日本にも。ただ当然詰め物は違う。北海道の物産展なんかに行くと、イカのエキスが醤油に溶け込んだいい匂いのイカめし・・・。食欲そそりますよね? でも、たまには詰め物を変えてイタリア風に・・・。するめイカよりは断然、やりイカを!やりイカの胴の中に<2>を詰める

<材料>(4人分)
やりイカ・8はい、パン粉・大さじ4、パルメザンチーズ(粉)・大さじ4、オレガノ(ドライ)・適量、 塩・こしょう、にんにく(みじん切り)・2片、オリーブ油・50CC
<作り方>
<1>やりイカは、胴から足と内臓をはずし、きれいに洗って水分をふき取る。足は1cmに刻む。あっ、墨袋もせっかくだから入れましょうね。当然、中味は黒くなりますけど。
<2>ボールに、切ったやりイカの足、パン粉、パルメザンチーズ、オレガノ、オリーブ油、塩、こしょう、にんにくを入れて混ぜる。
<3>やりイカの胴の中に<2>を詰める
<4>約10〜15分、グリルで両面を焼く。グリルで両面を焼く
イカの風味と、にんにくの香りがグッド! それとドライハーブのオレガノが、イタリア料理にはほんとによく合いますね。
 今の季節、リンゴも美味しいから、デザートには焼きリンゴを!「トスカーナのごちそう」という本で見つけたレシピですが、バターもシナモンも入れず、くり抜いた芯の部分にお砂糖を入れて、赤ワインをたっぷり。ワインが残ってしまった時に・・・。そんな時はないですか?デザートには焼きリンゴを

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

アートフルなアクセサリー

阪急六甲にある彫金アクセサリーの店 先日の神田うのちゃんの婚約記者会見、ご覧になりました? 婚約指輪ご披露で、一個4円のパチンコ玉で作った指輪、見せていましたね。もちろんギャグ! 続いて見せたもう片方の手には、途方も無くでかいダイヤの指輪が光っていましたけど・・・。 で、こちらはけいママお気に入りの“ビー玉の指輪”でございます! 彫金アクセサリーの店「CLODA」のオリジナル。「CLODA」(クロダ)ビー玉とリングは別々になっていて、指にはめた時にドッキング。リングのデザインはさまざまで、好きなものをチョイスできます。そして何と20個のビー玉がそれそれにセットされているから、気分に合わせ、洋服にあわせ、とっかえひっかえ毎日変えても20日間! 他にも豊かな感性と遊び心から生まれたアクセサリーが、大きなテーブルやコンクリートの壁面に飾られたこの店、入ったとたん「ステキなもの」に出会えそうな予感がします。
 コンセプトは「小さな彫刻、身につけるオブジェ」・・・。オーダーももちろん可能ですよ コンセプトは「小さな彫刻、身につけるオブジェ」たとえば夏の浜辺で見つけた小さな貝殻、山で拾った愛らしい石ころ・・・。それがあなたにとって心ときめく出会いであるなら、たとえばタンスの奥にしまって忘れていた古い指輪・・・。それがあなたにとって何か大切なモノを思い出させてくれたのなら。たとえばふとした拍子に割ってしまったお茶碗・・・。それがあなたにとって捨てがたいモノだったら、この店のオーナーに託してみてくださいな。「あのお茶碗のかけらが、こんな風に?」「あのダサい、指輪がこんな個性的に?」 オンリー・ワンであることのプライド。人まねではない、自分自身の価値観でモノを選ぶ楽しさを提案してくれるこの店・・・。けいママはもう20年以上ハマってます。いつかCLODA&PAXREXのコラボで、何かおもしろいものが作れないかと思っているんですけどね。ところで、お店の場所は栄町ではなく阪急六甲なので、お間違いなく!オーダーも可能です

CLODA(クロダ)
Tel. 078-843-0034
神戸市灘区宮山町2-8-11
11:00〜19:00
月・火曜定休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

イタリアのクリスマス

1_36  いよいよ12月、クリスマスのカウントダウン。冬の神戸名物「ルミナリエ」の準備も着々と進んでいますよ。ニュージャージーに住む友人は今年も、毎年恒例ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリー前で撮影の家族写真を届けてくれるでしょう。さてツリーと言えば、イタリアのクリスマスにはあまり見られないもの・・なんですね? 飾るのはツリーではなく、presepio(プレゼーピオ)と呼ばれる模型。 キリスト降誕の馬小屋へ、東方の三博士が礼拝に訪れた場面を人形で表現します。毎年、オーナメントをあれこれ買い足していくところや、基本を元に色々なバリエーションを楽しむところはツリーと共通してますけどね。2_9 写真はローマの街角で見かけたプレゼーピオで、さすがに立派! サンピエトロ広場のものほどじゃないにしても、カソリックのお膝元ですもんね。__2 この時期に訪れたボローニャでは、プレゼーピオ・人気投票によるコンテストが開かれていましたっけ。 いろんな材料、いろんなデザインで競い合うアイデアあふれた飾り方。けいママお気に入りのこのお人形も、その会場で買い求めたモノ。
 それとローマのナヴォーナ広場で買った、ベファーナのお人形。クリスマス後12日目にあたる祝祭の日(エピファニア)、その前夜に空を飛んで子供達に贈り物を届けるのは、この意地悪そうな顔つきのお婆さん。1_ 良い子には、靴下にステキなモノを入れてくれるけど、悪い子には“炭”なんですって! サンタクロースはどの子にもくれるんですよね?
 ともあれ12月は、愛する人へのプレゼントを買い求める人達が町中に溢れる・・・。そしてクリスマス当日、教会にはひたすらお祈りを捧げる人達の姿が・・・そういう日なんですよね。で、夜ともなれば町中はひっそり静まりかえる。この日に開いているレストランは中華料理店だけ! 遠くアジアからやって来た観光客は、部外者って感じの孤独を味わう・・・。さて、今年のクリスマス、あなたのご予定は? けいママは神戸にて、「FLORA 女神に捧ぐ」の最終日だなあ。それまでに、一人でも多くの方にご覧いただけますように。淡く、まばゆい光の世界へと誘ってくれるFLORAの世界を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »