« ギャラリーという名の異空間 | トップページ | フィレンツェの毛糸屋さん »

2006年9月 1日 (金)

栄町でお買い物その3

1_2  こちらPAXREXの必需品のメジャー、4月オープンの少し前、近所のユースド家具と雑貨の店VIVO,VAで購入しました。メード・イン・フランスのデッド・ストック! まず、よく出来てるなと思うのが、透明部分の窓があるために、引き出しの中とかの内寸が測れるんです。そして写真ではちょっとお分かり頂けないかも知れませんが、軸になる突起を引き出して円を描くことも出来ます。もっとも購入以来まだ、この機能を使ったことはありませんけど・・・ その上、ギャラリーではこれまた、必需品の水準器付き! 携帯して歩けるよう、ベルト引っ掛けのフックも付いてますし、もう至れりつくせり。ただ、チト重い・・・ ベルトに引っ掛け損なって、サンダル履きの素足の上に落としでもしたら、結構飛び上がるでしょうねえ~。それとですねえ、引き出したメジャーをシュルシュルと押し込む機能のボタンが無いという・・・要するにアナログ! 3mも引き出せば、えっちらおっちら手作業で中に押し込むのが何とも。。いいじゃん、そんなのゆっくりやれば。という方には、問題ナシ。メジャー(major)ではないメジャー(measure) 。デッド・ストックですが、まだ購入可能ですよ。 VIVO.VAさん、これって、お奨めになりましたかしらん?

Photo_50  ちなみに左の写真は、藤井さんとこのスタッフが使っていらっしゃったメジャーと水準器。色合いが可愛くて、ちょっと撮影。みんなが忙しく作業している間もけいママは暇だったって事です、はい。

|

« ギャラリーという名の異空間 | トップページ | フィレンツェの毛糸屋さん »

神戸でショッピング」カテゴリの記事

コメント

アナログ感の楽しさを味わってこそ、
ツールの進化がある、と最近考えております。
”便利ではない事”から生まれる何か、は
これからの時代、もっと価値が高まって行くでしょうね!

投稿: しょう | 2006年9月 2日 (土) 19時00分

ツールの持つモノとしての美しさは
おっしゃるようにアナログ感にあると思います。
手にするときの重みや、使い込むうちにつく
細かい傷や汚れが味になっていく素材。
これらが愛着を生み、存在感を増していく。
人と道具の幸せな関係は、以前はもっとあったように
思いますが・・・。
いつまでも大切に使いたいと思っています。

投稿: ひろパパ→しょうさんへ | 2006年9月 3日 (日) 15時42分

うっかりと、開店祝いを忘れました。

家内はとても気に入ったようです。

有り難うございました。

投稿: SK | 2006年9月 3日 (日) 21時42分

ご来店ありがとうございました。
来ていただいただけで充分です。
震災後、人が減った神戸に
来ていただけるきっかけになれば、というのも
ギャラリーを始めた大きな目的ですので。
またちょくちょくおいでください。
お待ちしていま~す。

投稿: ひろパパ→SKさんへ | 2006年9月 4日 (月) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栄町でお買い物その3:

« ギャラリーという名の異空間 | トップページ | フィレンツェの毛糸屋さん »