« 栄町でお買い物その3 | トップページ | ほっこり日だまりカフェ »

2006年9月 5日 (火)

フィレンツェの毛糸屋さん

2_3  少〜し秋の気配を感じる今日この頃、虫の音を聞きながら編み物なんぞ・・・と取り出したのがこちら。実は昨年の今頃も同じ心境のもと、編み始めて結局この状態で放ったらかし! トホッ。けれどこのニットヤーン、昨年フィレンツェ滞在中に買った、とても思い出深いものなんです。ポンテ・ヴェッキオのたもと、ひっそりとその毛糸屋さんはありました。何度もその前を通っていながら、レストランや土産物屋に気を取られて、フィレンツェを発つ直前まで少しも気付かなかったのです。ドアを開けると、京都の町屋を思わせる細長〜い造りの店内。棚にぎっしりと並ぶニットヤーンの見事な色彩は、さすがデザインの国! そして店の突き当りには小さなバルコニーが。外に出てみてもいいですか?とシニョーラに声を掛けると、にっこりほほ笑みながら、自ら案内してくださいました。199 真下を流れるアルノ川、右に目をやればポンテ・ヴェッキオ。そこには溢れんばかりの観光客・・・。でもここは何て静かなんでしょう! バルコニーには、たくさんの鉢植えの花。甘い香りが川風と共に頬をくすぐります。

 「花が無いと寂しくて。私はもう40年近くずっとこの店で働いて、花をきらせた事は無いわ。」 「今着ていらっしゃるそのステキなサマーセーターも、ご自分で編まれたの?」 「ええ、もちろんよ」。しっかりと目の詰んだ、ブルーグレーのエレガントなサマーセーターと、咲き誇るゼラニウムの鉢植えが、大切に日々を積み重ねていく、凛として美しい彼女の生き方を伝えます。ステキなシニョーラとの思いがけない出会いに、写真を撮る事もすっかり忘れてしまったけいママ。このストールを仕上げて、いつかまた会いに行かなくては。

 もしもこの秋、フィレンツェを旅行なさる方が居られたら、是非けいママの代わりにシニョーラの店を訪ねてみて下さいな。Beatrice Yarn Shopのホームページでは、ン年前(?)のシニョーラのお顔が見られます。

 さてけいママのフィレンツェ・ロングステイ・・・たかが二ヶ月、されど二ヶ月。あれこれ体験談をこのブログで、ランダムにお伝えしていこうと思っています。いつか私も、とお考えの方に少しでも参考になればいいんですけど。

|

« 栄町でお買い物その3 | トップページ | ほっこり日だまりカフェ »

[伊]フィレンツェ ロングステイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェの毛糸屋さん:

« 栄町でお買い物その3 | トップページ | ほっこり日だまりカフェ »