« ヨリさんのポストカード立て | トップページ | 祈りの場所 »

2006年8月12日 (土)

神さまが眺める風景

_edited2_6  8月26日から、PAXREXで開催予定の「藤井保展」。氏は現在、日本広告写真界のトップでいらっしゃる方。広告批評8月号に、「神の庭で写真を撮らせてもらっている」というタイトルで、この展覧会についてとても興味深いお話が掲載されています。
で、まず今回の写真展、撮られた場所が全て日本だと言うと、「ええっホントに全部!これが?」と驚かれる方多数・・・雪景色に見る極寒の風景は、日本から遠く遠く、離れた場所を思わせる。荒れ狂う波も、雄大な火山も、飛行機に何時間も乗って出向いて行って、やっと辿り着いた場所で見る風景であるに違いないと。
_edited2_7  ところがこの記事の冒頭にこうあります。「日本人として、日本をきちんと撮りたい。外国のいろんな所に行くうちに、日本をちゃんと撮っておきたいと思うようになったんです」。ガ〜ン! そうだったのか・・・ ちっちゃくまとまって、何か箱庭みたいなイメージがあるこの国(私にとっては)、実は雄大で、エネルギッシュで、まさに大自然に出会える国だったんだあ!
 そしてその風景を捉える藤井氏、「風景を撮るときに、地球の肌を撮っている感覚になることがある」、大自然の中で「写真を撮らせてもらっている」という、超一流でありながら、この驕りのなさ。そこから生まれてきた作品の数々。
 さて、場所が日本であっても、そう簡単に行ける場所、見られる風景ではありません、もちろん!ひろパパが案内状にしたためたように、藤井さんに連れて行って貰いましょう。
 日本であろうが、なかろうが、そこはこの世のモノとは思えない魂を揺さぶられる美の世界です。

|

« ヨリさんのポストカード立て | トップページ | 祈りの場所 »

展覧会情報[2006]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/11397924

この記事へのトラックバック一覧です: 神さまが眺める風景:

« ヨリさんのポストカード立て | トップページ | 祈りの場所 »