« 乙仲通りのお米屋さん | トップページ | グレメッティの撮るイタリア »

2006年7月24日 (月)

和花への思い

 「このやまぶきの前に立つと、私はまだひよっこだなあって恥ずかしくなるんです。鷹さんが言われるような、凛として美しい日本女性にいつかは成れるかなあ・・・」さよちゃん、大丈夫ですよ。5年後、10年後今よりもっとステキな女性になっていくあなたを、やまぶきは見守り続けるでしょう。

_3  彼女よりも少し年上のりえさん、ライターであり、イベントコーディネーターであり、まさにマルチな女性ですが、「今まで肩肘張って生きてきたかも、アタシ・・・このはなにらちゃんのように風に身を任せて、肩の力を抜いて、もっと楽しく生きてみるのもいいかな。」そんな彼女のそばで、はなにらはゆ~らゆらとゆれながら 、ほほ笑んだりあくびをしたり・・・でしょうか? 小林鷹氏の作品に、その姿を残していった「和花」たち・・・もの云はぬ。だからこそ受け取るメッセージはさまざまです。

 写真は鷹さんの「和花」作品集。その花にちなんだ俳句が添えられ、英語、フランス語訳付です。疲れた時、ベッドに入ってこの本をパラパラとめくるのが日課になりました、と云って下さる女性多数。PAXREXにて是非お手にとってご覧あれ。あなたを癒しの世界に誘ってくれますよ。

 なお、りえさんのチョー愉快なホームページ“みそぢをんなのひとり言”彼女作の童話やポエムが読めちゃう。2004年に出版された小説「スクールコード0-0-0」は、彼女の鋭い感受性と洞察力がうかがええます。

|

« 乙仲通りのお米屋さん | トップページ | グレメッティの撮るイタリア »

けいママ・セレクトの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/11081545

この記事へのトラックバック一覧です: 和花への思い:

« 乙仲通りのお米屋さん | トップページ | グレメッティの撮るイタリア »