2014年10月30日 (木)

メイプルソープのポートレート展

Photo
 まったく予想してなかっただけに、ロバート・メイプルソープの「ポートレート & セルフポートレート」展を見られたのは、本当にうれしかった。テートモダンの一つの展示室で開催されていました。まさに、もうけものをした感じ。
 なんといっても凄かったのは自画像。各年代にわたって30枚ほど、そのすべてにアクの強いメイプルソープの顔がこちらを見ている。観客(あるいは社会)を憎んでいるのか軽蔑しているのか、挑発的な目でこちらを見ている。来ているコスチュームもロックスターのようだったり、内省的だったり、あるいはコスプレ風に何かになりきったり、とてもバラエティに富んでいる。シニカルなまでに自分を客観視するからこそ、できる表現なのかもしれない。とわかったとしても、天才じゃない我々ができるわけではないけれど。

Photo_2
 アンディ・ウォーホールやリサ・ライオンやキース・ヘリングなど、その時代の先端を走っていた面々の個性ゆたかなキャラクターが、モノクロの印画紙に生き生きと定着されている。ポートレートがうまいフォトグラファーはいっぱいいますが、メイプルソープの感性はずば抜けている。
 彼のヌードや花をモチーフにした作品も素晴らしいけれど、ポートレートはまた格別だ。きっと対象となる人物のとらえ方が他の作家とは違うのだろう。一癖も二癖もある有名人を、言葉は悪いがたらしこんで自分の世界を創り上げる手腕は独特のものがある。こんなことができるのも、彼自身の魅力があってこそなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

テートモダンは橋を渡って

Photo_4
 テートモダンへは、ミレニアムブリッジを渡ってアプローチするのがいい。セントポール大聖堂を背に、美しい歩行者専用橋を歩いて近づいていくと、どんどん期待が高まってくる。 中に入ると、この元・火力発電所を美術館にリフォームした巨大な空間で、リチャード・タトルの巨大な立体作品が出迎えてくれる。クジラの内臓のような、あるいは生命の連鎖のような布と木の板を使ったこの作品は、見る場所によってカタチが変わり、はるか上の天窓から降り注ぐ光を受けて、反射と透過で色味も変わって美しい。

Photo_5
 このスペースは小学生から大学生まで、座り込んでスケッチをしたり、輪になって議論したり、みんな思い思いに学校の課題をこなすには絶好の場所だ。アート教育って、こうあるべきだと考えさせられる。あ、そうそう、いま英国ではテートモダンに限らず大英博物館をはじめ主な美術館・博物館は入場無料です。Photo_4 『無料を維持するために4ポンド寄付を』などと書かれた箱が置かれていたり、サポーターを積極的に集めたりして経営努力をしている。日本も見習うべきでしょう。
 ここは世界でも有数の現代美術の殿堂だから、じっくり見ていたら3日はかかりそう。今回は4階と2階に的をしぼり、ささっと見たあとは6階の展望レストランで絶景を愛でながら食事を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

フィレンツェ室内オーケストラ

Photo
 カルツァイオーリのオルサンミケーレ教会でのコンサート。教会コンサートと言っても毎晩観光客を相手に開かれているものとは一線を画す、フィレンツェ室内管弦楽団の定期演奏会に行ってきました。しかも、それがとても意欲的なプログラム。たまたま歩いていて見つけたコンサートにしては、上出来すぎる演奏でした。Photo
 オルサンミケーレは四方の壁にドナテッロやギベルティの彫刻の名品が飾られているので有名だが、それらはレプリカ。風雨や排気ガスなどで傷みがひどいので、じつは本物は内部に展示されている。それら聖人の彫刻にまわりを囲まれて演奏が行われる。だからここでは大編成のフルオーケストラは無理で、30人ぐらいの室内オーケストラにぴったりのサイズ。音の響きもとてもよかったです。
 演目は、まずE.VELLA(ヴェッラ)の「Migranti」というタイトルの小品。日本語では、渡るもの、移動する人、あるいは渡り鳥というような意味でしょう。すごく現代的で音色が豊かな曲だな、と思って聞いていたら、終わったあと、30歳になるかならないかの若者がステージに呼ばれました。彼が作曲家で、しかもこの夜が初演だったようです。少し緊張気味の若い才能に観客から惜しみない拍手が送られました。

Photo_2
  そのあとの二曲はベルリンフィルの首席フルート奏者を長く務めるアンドレアス・ブラウをソリストに迎えたフルート曲。モーツァルトの「フルート協奏曲第一番」と、フランソワ・ボルヌの「ビゼーのカルメンより、フルートとオーケストラのための幻想曲」、カルメンファンタジーと呼ばれるフルートの技巧を披露する華麗な名曲です。
 ブラウのカルメンファンタジーは圧巻の一言。超絶技巧とゆたかな情感、哲学的な静けさとほとばしる情熱。この見事な演奏を、わずか3mほどの至近距離で聴けるのですから。もうサイコーです。2曲の演奏が終わると、全員スタンディングオベーション。鳴り止まない拍手に応えて、アンコールでカルメンのさわりを聴かせてくれました。

Photo_3
 そしてインターミッションのあと、最後の一曲はシューベルトのシンフォニア第5番。流麗なアンサンブルで、室内楽ならではの魅力を満喫しました。手の届きそうな近さで世界最高峰の演奏を楽しむ。( しかも安い!) この世界に2つとないユニークなステージは、フィレンツェに旅行されたときはおススメです。うまくいいコンサートに出会えれば最高!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イタリア新キッチン事情