2015年2月28日 (土)

雪ダルマ制作器?

Photo_3
 先日このブログで書きましたが、六甲山天覧台の雪ダルマ。同じような小ぶりなサイズがそろっているなぁとちょっと不思議に思っていました。その後また登って行ったとき、こんな器具を見かけました。ここに雪を詰め込んでパカッとフタをしたら、出来上がり。ハイ。Photo_4 まるで鯛焼き器のようじゃないですか。これを使った雪ダルマづくり体験、一回100円なり。雪も積み上げてあります。目や鼻になるパーツも用意されています。六甲山ウインター・フェスティバルのメニューのひとつ。
 むかしは雪玉を転がして大きくして雪ダルマを作っていました。あまり雪が積もらない関西では、その方法でやると土がいっぱいついて汚くなったものです。カタチもきれいにできないし。で、こんな器具を考えた人がいるのでしょう。子供たちは手軽に雪遊びが出来て大喜びです。そのうち雪国に行って、もっともっと大きな雪ダルマを手作りしてほしいものです。

Photo_5
 六甲山ウインター・フェスティバルの目玉の出し物は、氷の彫刻。何人ものアーティストがチェーンソーやノミを使って制作していました。犬とサルを従え肩にキジをのせた桃太郎やハートの背もたれがあるベンチなど、豪快にかつ繊細に作業を続ける。完成すると赤やグリーンの色鮮やかなライトで照らされ、透き通った光とテカテカと反射した光が美しい対比を見せる。幻想的な氷のオブジェを楽しめる季節も、もうそろそろ終わりです。
 市街地ではなかなかできない雪遊びと氷の彫刻の鑑賞。冬の六甲山の一コマでした。

Photo_6

六甲山ウインター・フェスティバル
2月19日(木)~3月1日(日)
10:00~20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

アメリカン・スナイパーで考える

American_sniper1
 アカデミー賞は残念だったけれど、さすがクリント・イーストウッド監督。素晴らしい。戦争について、兵士について、勇ましさについて、殺すことについて、殺されることについて、深く考えさせられる作品です。
 いままで戦争をテーマにした映画はたくさん作られてきた。そのほとんどは実際に起きた戦争の意味を理解することを目指していた。だから太平洋戦争とかベトナム戦争とか、とうぜん具体的な戦争が描かれる。でも『アメリカン・スナイパー』は違う。舞台はイラク戦争なのだが、場所も時代もあまり重要ではない。ここで描かれているのは、従軍した兵士の精神が病み人格が壊れていく様。これだけ個人にフォーカスした戦争映画は珍しい。

Photo
 一兵士にとっての戦争の真実。それは大統領や首相が考える戦争とは別物だ。軍の司令官の戦争すらまったく違うものに思える。極限の緊張、強すぎる刺激、それらが日々続くことによる平常な判断力の麻痺。愛する家族のために、仲間のために、国のために戦い、なんとか生き延びて帰還しても元の生活に戻れない。戦場と故郷の街とのギャップ。強い虚無感と疎外感から立ち直れない自分を責めさいなむことで、ますます精神に変調をきたす。Photo_2
 この映画のテーマは、戦争は「人間」を壊す、ということ。命を失った兵士や市民はもちろん、勝者であるはずの生き残った兵士でさえも壊れていく。そこには勝つ喜びもなく、仕事を成し遂げた達成感もない。残るのはむなしい勲章だけなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

巨匠いっき見!だそうです

1
 神戸市立博物館で開催されている「チューリヒ美術館展」。ホドラーやセガンティーニなどスイスの作家はもちろんのこと、ヨーロッパの19世紀末から20世紀半ばにかけての秀作がずらりとそろう。印象派からシュールレアリスムまで、有名どころは網羅したコレクションだ。たしかに巨匠いっき見!のキャッチコピーにウソはない。上と下はチラシをスキャンした画像。これに書かれている名前を見れば、すごい!と思うでしょ。33人のアーティストの計68点の作品が楽しめます。

2
 チューリヒ美術館がこれだけの作品をコレクションしているということは、この時代スイスが豊かで富が集積していたことと名品を見分ける目利きがいたことに他ならない。文化的な成熟度が高かったのだ。こういったコレクションは、ある時代の潮流を知る上ではわかりやすいが、誰か特定のアーティストの作品をじっくり見たいという場合は物足りない。そんななかで充実しているなと感じたのは、シャガールの油彩とジャコメッティのブロンズ像。そしてやっぱりホドラー。先日ホドラー展を観たばっかりなので、それを補足する意味でも良かったです。

チューリヒ美術館展
神戸市立博物館
2015年1月31日(土)~5月10日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«六甲山のポップな雪ダルマ