2014年7月22日 (火)

夏の花はブルー?紫?

Photo_4
 高原の日当たりのよい場所にすっくと立つアザミ。この鮮やかなピンクがかった紫色の花は、よほど蜜がおいしいのでしょう。必ずチョウやハチがとまっている。うっかり鼻を近づけようものなら痛い目に合う。人間なら熱中症になりそうな強い日差しのただなかに、太陽のパワーを一身に受け止めて咲く姿は潔さの極致だ。

Photo_5
 ウツボグサは半日陰のようなところに咲いているもののほうが、色に深みがあるようだ。そして六甲で咲いているのは紫だが、信州奈川では濃いブルー。特に日陰のものは色が美しい。下から(上からか?)順番に咲いていくので花の時期は比較的長い。アジサイのように途中で色が変わっていく、なんてことはないでしょう。

Photo_9
 ホタルブクロはオレンジ色に近い花から赤紫、濃いブルーまで色の幅が広い。少し日当たりの悪いところの花のほうが青みが強くなるようだ。でも、ここまで青が強いのは珍しいので、写真に収めました。ウツボグサと同じく青の濃度と日照は関係あるのだろうか。リトマス試験紙のように、ブルー濃度が紫外線の強さを測る尺度になるかもしれません。
 アザミは華やかな薄紫だけですが、ウツボグサやホタルブクロは、えっこんなに濃いブルーの花があるの?というのを、あえてご紹介しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

下村優介さんのカモフラージュ展

Photo
 先日ブリーゼブリーゼで展示をしていただいた下村優介さんの個展が、北浜のLinksさんで開催されています。下村優介切り絵展-camouflage- これがホントに素晴らしい。ブリーゼブリーゼではいろんな制約があり思い通りとはいかなかった彼が、コンクリート打ちっぱなしの明るい空間を効果的に生かして美的興味をかきたてる。ハトたちも三次元空間に飛び出してのびのびと羽を伸ばしている。

2
 この前も感じたことだが、彼のデッサン力はすごいと思う。飛び立った瞬間、いまにも着地しようとする、羽を広げる、羽をすぼめる・・・ハトが飛んでいる姿をもう150体以上も制作しているが、どれもイキイキしてカーターで切った細い線だけで構成されていることを忘れて見入ってしまう。それらを天井から壁へ渡した何本ものテグスから吊り下げて、リアルに、立体的に、照明による影も生かした見事なインスタレーションに仕上げている。

Photo_2
 もうひとつの見どころが彼独特のワニ。カラフルなカモフラージュ柄を背景に同じ色のカモフラージュ紙をカットしたワニが組み合わされ、よく見ると手前にワニがいるのがわかる。切り絵による上等なだまし絵、とでも呼べばいいのだろうか。うまく出来すぎているので、私の写真ではわかりにくい。で、この個展の案内DMの画像も紹介しておきます。同じカモフラージュ柄の紙を背景にしながら、白い紙をカットしたワニを組み合わせているので見分けがつきやすい。

Dm
 ふたつのテーマを取り上げましたが、下村優介さんがチャレンジしているのは、従来の切り絵とはまったく違う、紙とカッターを使った新しいアートの創造だということ。彼のこの独創的なアートに、「切り絵」とは別の何かいいネーミングがあればもっと世の中の人々に伝わるのになぁ、と思っています。これからますます発展が期待できる作家さんです。皆さまも注目していてください。

下村優介 切り絵展 
-camouflage- 下村優介×BENDS
2014年7月14日(月)~26日(土) 12時~19時
Links 中央区北浜 宣成社ビル1F
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

升本真理子さんのSPROUT

Photo
 切られても、踏まれても、捨てられても、その一部だけでも残っていれば、また新しく芽生え成長する野菜。まるで、どんな境遇にあっても生き抜こうとする強い意志があるかのようで、涙が出るほど感動します。クズ野菜(もうこれからはクズなどと呼べなくなります)の切れ端から新しい芽を出した作品シリーズ、升本真理子さん撮影の『SPROUTー 萌芽』展が、西梅田のブリーゼブリーゼで始まっています。タマネギから、ジャガイモから、キャベツから、ニンニクから、サツマイモから、ニンジンから・・・。毎日食べている野菜が、こんなにたくましい生命力を持ち、しかもここまで美しいなんて。驚きです。

Photo_2
 新しい命の芽生えを台所で撮っても、きっとこんなにはインパクトはなかっただろう。屋外に持ち出して、ビル群や港など人工の建造物や都市の景観をバックに撮影したからこそ、これらの作品は説得力を持ちえたのでしょう。季節の桜や雪を背景に撮影したからこそ、これらの作品は観る人の想いをすくい上げることができたのでしょう。
 ジャガイモは哲学者の風貌で地球と人類の行く末を考えている。キャベツは春風駘蕩たる風情でその日その瞬間を精一杯生きようよと言っている。なのに私たち人間は、何を考え何を行動しているというのでしょうか。升本さんの野菜たちから教えられる思いです。

升本真理子 SPROUTー 萌芽
2014年7月13日(日)~7月23日(水)
大人のベルギービアガーデン
DOLPHINS
ブリーゼブリーゼ 1階
JR大阪駅桜橋口より徒歩5分
地下鉄西梅田駅より徒歩3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«フジウツギとトラノオ