2014年8月30日 (土)

園川絢也 ウハッと自分、生える展

Photo_4
 いまブリーゼブリーゼで開催中の園川絢也「ウハッと自分、生える」展。なかなかの力作で、見れば見るほど味わいが深くなります。現代アートというのは、わかりにくく考えれば何が何だかワケがわからん、となる。でも無心になって眺めていれば、いろんなものが見えてくる。いろんな思いが湧いてくる。これでいいのだ!(バカボンのパパみたい)
 この世界にウハッと生えてきて、ウドメキながら成長し、やがて熟し腐る。これは人間も他の生き物も、社会も歴史もアートも、みんな同じ。クヨクヨ、アクセクしても、どうせ同じ。それなら他人の目など気にせず、自分の思いに正直に生きたらいいじゃないか。

Photo_5
 この造形物、鮮やかな赤やピンク色したビニールの巨大なネットのようだ。何でできているかといえば、金属の薄板に切れ込みを入れて広げた金網のような素材で大まかなカタチを作り、それに絵具を混ぜて彩色した接着剤を流し、貼り付け、乾燥させたもの。触れば柔らかく弾力がある。彼の過去の作品を紹介する映像を流すデジタルフォトフレームを置いた台、そのテーブルクロスも同じく接着剤でできた作品です。ぜひ触ってみてください。このつやつやして硬質な見た目とは違って、ムニュッとした触感もまたおもしろい。

Photo_6
 こういう立体的な造形は、見る方向や高さによってずいぶん印象が変わる。こっちから見、あっちから眺め、1階から見上げ、2階で正対し、3階から見下ろし・・・。新たな発見に一人ニヤニヤするのも、現代アートを楽しむ秘かな喜びです。みなさんも自分自身の見方で、園川絢也のアート作品をお楽しみください。

園川絢也「ウハッと自分、生える」展
2014年8月25日(月)~9月7日(日)
大人のベルギービアガーデン
DOLPHINS
ブリーゼブリーゼ 1階
JR大阪駅桜橋口より徒歩5分
地下鉄西梅田駅より徒歩3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

園川絢也さんの空間アート

Photo_2

 朝7時から展示の準備を始めた大掛かりなインスタレーション、園川絢也さんの「ウハッと自分、生える」展がスタート! 赤、ピンクを主体に、黄色やグリーンやブルーの差し色が鮮やかな不定形の造形物が、ブリーゼブリーゼの巨大な吹き抜け空間に浮遊している。  雲のように、煙のように、あるいはクラゲのように・・・。この空間アート作品を形容しようと思って浮かんでくる言葉は、すべてふわりふわりとしたものばかり。地球の重力から解き放たれた喜びを感じる。生まれたての生命の喜びが。生まれたての魂の鼓動が。 

Photo_3
 園川さんがDMハガキに書いた文章を、ここに紹介します。よくわからないけど、なんとなくわかる。この作品の意図を汲み取ってください。

  ウハッと サポッと ドポッと 存在する自分
  人がはえる 社会がはえる 空気がはえる
  未来がはえる アートがはえる 命が生える
  内なる生えるモノ 導き 誘導し 惑わすモノ

  自分自身が内にはえるウゴメクウゴメキ
  受け止める 求める 欲する 食べつくす ウゴ
  飛び出す 伝える まき散らす 狙う メキ
  こぼれる 追い出す 堕ちる ウハ

  産まれる 成長する 熟す 腐る 繰り返す繰り返す
  この想いを無限なるウハと出会いから始まる風景

園川絢也「ウハッと自分、生える」展
2014年8月25日(月)~9月7日(日)
大人のベルギービアガーデン
DOLPHINS
ブリーゼブリーゼ 1階
JR大阪駅桜橋口より徒歩5分
地下鉄西梅田駅より徒歩3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

今年も熊が人里に出没

Photo
 今年も熊が人里によく現れているそうだ。奈川高原でも知人の山荘がテラスの補修工事中に、熊がやって来たという。朝、大工さんが来てみると真新しい柱の角が何ヵ所か割れている。そして割れ目には黒い毛がいっぱいくっついていたそうだ。どうもツメをたてて登ったらしい。生々しい話でしょ。
 この2、3年、熊の目撃談をよく聞くし、現に私たちも毎年見かけるようになった。以前はなかったことだ。温暖化の影響なのか、人の手が入ることによるのか、山の食べ物が減ってきたのかもしれない。
 
Photo
 以前から持っていた熊よけの鈴は、小さくシャラシャラと鳴るだけで音が響かず、これじゃまったく効果がないんじゃないかと思っていた。で、新たに熊よけのリンを買いました。これなら大丈夫でしょう、リ~~~ンと美しい澄んだ音がしてかなり遠くまで届く。
 木祖村の水木沢天然林では管理棟でこのリンを貸してくれる。ワラビ採りに来ている人もこれを使っていた。なかにはこんな道具は気休めだという人もいますが、なんとか役立ってくれて熊に遭遇しないことを祈りましょう。出会ったときに死んだふりをしてもダメなようですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«PECHU金魚が乱舞する