2016年12月 1日 (木)

ポンペイの赤は鮮やかです

Photo_2
 西暦79年、ヴェスヴィオ火山の噴火により、1日で消滅したポンペイとその周辺のエルコラーノやトッレ・デル・グレコなどの町々。18世紀半ばに土の下から発見された古代ローマ遺跡の建物からは、色鮮やかな壁画がたくさん見つかった。火山灰や火砕流であっという間に埋もれたこと、火山灰が乾燥材の役割を果たしたことなどが原因で、2000年近く前のフレスコが色あせず鮮やかに保存されていた。これはまさに奇跡です。
 日伊国交150周年記念の事業として、兵庫県立美術館で開催中の世界遺産「ポンペイの壁画」展。有名な『ポンペイの赤』だけではなく、『エジプト青』も印象的でした。これはカメオ作家の町、トッレ・デル・グレコの海浜別荘跡で多用されていた。

Photo_3
 驚いたのは表現技術です。人物や動物の描写力、建築物を描く透視図法。西洋絵画ではルネサンスの先駆けのジョットが現れるまで、稚拙な表現しかできないと思っていましたが・・・。ミロのヴィーナスやサモトラケのニケをはじめ古代彫刻は素晴らしいのに、なぜ絵画は進歩しなかったのだろう?と不思議に思っていた。でも、大間違いだった。暗黒の中世に、古代ギリシャ・ローマ時代の進んだ絵画表現技術が失われてしまったのだ。キリスト教の悪しき影響なのでしょうか。

Photo_4
 ポンペイ遺跡には2回行ったことがあるが、50年前と20年前。(古う~) こんな素晴らしい作品は観た記憶がなかった。クレジットを見ると今回の展示作品は、ほとんどナポリ国立考古学博物館のもの。そうか、出土した壁画は切り取って、保存状態をうまくコントロールできる博物館に収蔵しているのだ。考古学博物館という名前だけで古めかしいものばかりと決めつけて、行ったことがなかった。次にナポリへ行ったらピザ屋巡りだけじゃなく考古学博物館にも足を延ばしてみましょう。

ポンペイの壁画展
2016年10月15日(土)~12月25日(日)
兵庫県立美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

映画「この世界の片隅に」とクラウドファウンディング

 Images
   今年も後一ヶ月ちょっとでお終い!街にはクリスマスの灯りが溢れ、道行く人も心なしかセカセカ・・・そんな中、年がら年中セカセカのけいママは、昨日映画館に駆け込みました。
 Facebookで繋がっている方が「絶対観るべし!」と断言しておられた映画「この世界の片隅に」を、絶対観ておくべし!と直感したためです。
 原作がこうの史代さんによる有名なアニメであることも、すでにテレビドラマ化されていることも知らなかったのですが、アニメをそのままアニメとして映画化。それはきっと簡単なようで、大変なこと。関係者の作品に対する深い情熱と、闘志がなければ成しえなかったことでしょう。ただ映画は淡々と進んで行くんですよね。「昭和20年、広島・呉、わたしはここで生きている」というサブタイトルがすでに多くのことを示唆していると思うんですが。
 主人公すずの愛らしさ、彼女の日常。いつの時代も食卓を囲んで家族が集い、たとえドンと心に重い傷をそれぞれが抱えていたとしても、時は容赦なく過ぎてゆき、そしてその容赦ないことにまた救われる。
 いや、本当に素晴らしい映画でした!きっと観客者全員・・・エンディングに入ってからも、誰一人席を立たなかったばかりか、館内が明るくなった後もじっと座り込んでいる方が何人もいたのですよ。そんな映画って、やっぱり珍しいんじゃないかな?
 と、エンディングと言えば、最後でクラウドファウンディングに参加した方々のお名前がずらずらっと流れて紹介されました。「そうか、クラウドファウンディングか・・・この映画もそうだったんだ」と、これまた初めて知りました。
 Unknown
   実は最近初めて私、映画制作のクラウドファウンディングにちょこっと、ポチッと参加をしたんですよね。その時点ではまだ目標が達成されていなかったんですが、そのうち「やりました!」ってお知らせが来て、ただいまその映画は制作段階に入りました。達成率100パーセントをクリアしたわけです。そのうち映画鑑賞のチケットも送られてくるわけです。そうか・・・クラウドファウンディングとやら、なかなかの仕組みですね。
 主人公すずちゃんが生きた時代、誰がこんな世の中を予測したでしょうか?日々めまぐるしく変化していく世界。一体誰が変化させているんだろ?と不思議に思いながらも、人はそれぞれ懸命に、与えられた、いえ、自分が選んだ場所で幸せになりたいと生きていくんですね。
 そうそう私がクラウドファウンディングに参加した映画、まだ仮ではありますがこんなタイトルです。「ほたるの川のまもりびと」これまた、素晴らしい映画になるはず!なりますよ、きっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

ぜんざいの町?丹波市

Photo_2
 丹波市・青垣の観光案内所でもらったマップやパンフレットを見ていると、すごくインパクトの強いフレーズが目に入ってきた。なんと!なんと!『丹波市をぜんざいの町としました』。 問答無用の断定! 「ぜんざいの町にします」という宣言や、「ぜんざいの町になります」という意思表示が順当な表現でしょう。それが誰が主語かわからないけど、いきなり「ぜんざいの町としました」ですからね。『に』ではなく、『と』。『なります』、ではなく『なりました』。すでに世間の常識、社会的な既成事実と化しております。知らないうちに。

Photo_3
 丹波市内の飲食店が36店舗参加して、この『ぜんざいフェア』を盛り上げています。なぜ『ぜんざい』なのかと言えば、ここが丹波大納言小豆の発祥の地だから。朝廷や幕府に献上されていた歴史があり、現在は高級和菓子の食材として使われているブランド小豆を、もっと身近に感じてもらえる『ぜんざい』でPRしようというわけ。Photo_6
素朴なぜんざいをはじめ、フレンチ風、中華風、蕎麦屋のぜんざい、カフェのスイーツぜんざいなど、いままで聞いたこともない創作ぜんざいがズラリ。トライしたのが三津屋妹尾の「そばがきぜんざい」。二八の鴨汁そばをいただいたあとのデザートとして。そばの香りに大納言小豆の上品なおいしさが楽しめる逸品でした。

Photo_4
 青垣町田井縄の三津屋妹尾さんは、築120年余りの茅葺き古民家をリフォームした蕎麦屋さん。漆喰の壁、燻し竹の天井、木枠のガラス戸など、随所に和の美と細やかなこだわりが見える。こちらはもちろん古民家カフェではなく、正統派の手打ちそばやさん。十割と二八そばが味わえる。鯖ずしも程よい塩加減としめ加減が素晴らしい。Photo_5
 こちらは奥丹波そば街道という活動もしているという。すべて手打ちの個性派そば屋さんが揃った丹波地域を盛り上げようと始まったそうだ。「奥丹波でそば屋を開業したい方がいらしたら応援します」とのこと。いかがでしょうか。あれ、「ぜんざい」から「そば」に話が変わってしまった?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«信州りんごの家系図