2016年8月24日 (水)

続く断捨離の日々

Img_5819
   私も60代半ばを過ぎて、モノの整理を心がけている今日この頃。不思議だなあ〜と思うことがいろいろ。その一つが「なんでこんなモノが捨てられないの?私・・・」。
 つい最近、真新しいタオルケットや、一度も使わなかった手ぬぐいや、外国で買ったそこそこ名の知れたブランドのTシャツなどをバッサバッサと処分したのに、このプラスティック製の容器に出くわした時にハタっと手が止まりました。
 蓋を開けてみると仕切り板が一枚付いていて、中には無造作にキーホルダーやカードや小さな工具など、色んなものが・・・。そのどれもが全て重要でもなく、どちらかというと要らないものモノばかり。決してお宝箱でもないんだなあ〜残念ながら。しかもこの容器への思い出もさらさらない。
 一体いつから手元にあったんだろう? どう言う経過で私の元に来て、しかも長年ずっとあり続けていたんだろう?と、そうなればゴミ箱行き? でもその時不意に目に止まりました。箱の底に引かれていた商品説明の用紙が。
 Img_5817
    「ワイドケースの栞」。まだプラスティック製の容器が珍しかった時代の製品ですよねえ。今では百均に行けば、このような品物は嫌というほど溢れていますが。一体どんな店で、どんな風に販売されていたのか。製造していた会社の住所が詳しく書かれていないのは、ちょっと残念。だってとても丁寧に作られたものなのだと分かります。一枚付いていた仕切板は、数十年を過ぎた今でも少しも狂いはなく、蝶番もしっかりしていて、細かな模様に傷もありません。
 「好きな物を入れて、鏡台・食卓や机の上に・・・」好きなものを入れていたわけでも、飾りになると重宝していたわけでもなく、戸棚の暗い場所に放置していたからこそ、綺麗な状態で見つかった容器なんでしょうけど、ふとこんなことを考えました。
 数十年の歳月を経た後でこんな形で向き合い、私の残りの人生で使うようにと生まれてきた製品なのでは? 普通はとっくに捨ててしまうはずの商品タグまでが残っていた、いえ、私が残していたわけですから。
 Img_5814
 で、あれこれ使い道を考えてみました。仕切板もあるんだから・・・ でも意外と使い道があるようでないんですよねえ。「放置して、忘れていたはずかあ〜」。結局、普段は使わないお箸を入れる容器へと落ち着きました。家族が見つけたらきっと言うでしょう。「えらい、古い物やなあ、これ」。そう、使う私も古い! そして先が見えない断捨離は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

生姜保存食の3連発

ち Img_5858
 極暑、猛暑、炎暑・・・けたたましく鳴き続けるセミの声を聞きながら、滴り落ちる汗に耐えながら、ひろパパは黙々と生姜の保存食作りに励んでおります。
 生姜と言えばまずは思い浮かべる効能が体を温めることですが、他にも殺菌効果や血行促進、抗酸化作用が高いなどいいことづくめ。たくさん手に入った時は、さまざまな保存食にして毎日食べたいですよね。と、言うわけで、はちみつ生姜レモン・生姜の酢漬け・生姜の佃煮と、どど〜んと生姜保存レシピ3連発!

 Img_5850
<はちみつ生姜レモン>の材料
レモン  1個
生姜   手のひらサイズのもの
はちみつ 適量
<作り方>
1  生姜は全部すりおろす。レモンはなるべく薄切り。
2 レモン→生姜→はちみつの順でサンドしていく。何度か繰り返す。
3 はちみつがサラサラになってきたら飲み頃。
※お手軽はちみつレモン?レモンも柔らかくなって食べやすい。
 Img_5855
<生姜の酢漬け>の材料
生姜 1袋
酢   適量
<作り方>
1 生姜をなるべく細い千切りにして器に入れ、酢をひたひたまで注いで完成。
※別に甘酢でなくていいんだ! キュウリの和え物、ご飯に少し、サラダのトッピングと大活躍してくれる1瓶。
 Img_5853
<生姜の佃煮>の材料
生姜 200g
醤油 大さじ4
酒  大さじ4
砂糖 大さじ
みりん 大さじ1
<作り方>
1 よく洗ってスライスしてからみじん切り。
2 鍋に調味料を入れて、軽く水分を飛ばす感じで煮る。
※これまた、煮物に加えたり、卵焼きに入れたりと大活躍!
 
 いかがでしょうか? 生姜がなきゃ、しょうがない。うん?これって何か関係ある?と、調べてみましたが「しょうがない」は「仕様がない」なんですね。でも私のように疑問に思って、調べている人が結構いることが判明。さてさて、生姜をたくさん食べて、猛暑を乗り切らなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

長野のスーパーTSURUYA・ツルヤ

Img_5729
    最近奈川に行くたびに、けいママが足繁く通う場所『スーパーTSURUYA・ツルヤ』。いやはやそこでの買いまくりレシートをどど〜んとお見せしたいくらい。へええ〜けいママ、一体何をそんなに買うの?とよくぞ聞いてくれました。
 まずは「だったんそば茶ティーバッグ」。先日はお徳用30袋入りを何と30個!と、言うのもお土産として配った友人、知人が残らずこのお茶のリーピーターになってしまい「今度、買ってきて!」ってことになるからです。「ふ〜ん、だったんそば茶って?普通のそば茶とは違うわけ?」 そうなんです! またまた、よくぞ聞いてくれました。
 だったんそばは苦そばとも言われ、独自の爽やかな苦味があり、一口飲むだけで普通のそばとは違う味わいにびっくりします。その上そばポリフェノールのルチンは普通のそばの約100倍含まれているとか。この時期冷たくして飲むもよし、何せティーバッグだから、後の処理もラクと良いことづくめ。「これって、関西でも買えるの?」と、ここからがミソ。いや、ミソではなくそば。この商品はスーパーツルヤのオリジナルですから、今のところ長野県に行くか、お取り寄せするか・・・と、言うわけで30袋どど〜んと!

Img_5740
    と、それだけでは終わらない。まだまだ続くツルヤ・オリジナル。信州は何と言っても果物が豊富で安くて、しかももちろん美味しいですから、そこんところをツルヤさんは百も承知で商品開発しておられます。ドライフルーツ・シリーズ(特にやわらかレモンの美味しさは感動モノ!) ジャム・シリーズ、さらにジュースシリーズ(中でもりんごジュースの美味しさは特筆モノ!) そしていつもの山歩きで重宝する「トレイルミックス」。ドライフルーツとナッツのバランスが絶妙! ここは信州、登山のメッカを感じさせてくれる一品。
 
Img_5741
    と、いつもお買い上げの定番商品をゲットした後は、その他をリサーチ。すると、あるわ、あるわ、お宝が・・・信州高原地ビール? こちらは「よなよなエール」で有名なヤッホーブルーイングとツルヤの共同開発商品。これ、買わないでどうするの?とカートにポイ。すると今度はポテトチップス・ブルーベリーバター味の試食コーナーへと誘われてしまった。口に入れるとまさしく爽やかなブルーベリーバター味。「はあっ! ポテトとブルーベリーがこれほどマッチするとは!」 こちらはカルビーとのコラボ商品のようで、どんだけ〜コラボうまいの?とお買い上げ。他にも信州ご当地の新鮮な野菜や、お肉、お魚(ツルヤはもともと魚屋さんからスタートしたそうで、これまた新鮮で美味しい!)と、やっとこさレジへと辿り着く頃に、我が家のカートがどんな状態になっているかはご想像にお任せします。
 スーパーツルヤと信州は、もはやけいママにとって切っても切れないセットになってしまっておりまする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スター・ウォーズ、いまだ途上