2018年2月20日 (火)

革新者か?ペテン師か?

6
 歌って踊ってスピーディな展開にのせられて、ハッピーな気持ちになる。ヒュー・ジャックマン主演の「グレイテスト・ショーマン THE GREATEST SHOWMAN」は、一途に夢を追う人物を描いた素晴らしい映画です。でもいろいろ考えさせられることが多い映画でもある。偏見と差別。芸術と興行。身分と社会・・・。主人公のP.T.バーナムは19世紀アメリカの興行師。だから今とは全く事情が違う時代の物語。でも、やっぱり考えてしまう。現代でもそれらの問題の本質は何も変わっていないと思うからです。

Photo
 先進国といわれる国々で、100年前のように正面から差別を叫ぶ人はいなくなった。でも見ないように、関わらないように、と考える人は多いのではないでしょうか。バーナムが理想主義者か金儲け主義者かどうかわからないが、偏見を打破する突破口を開いたのは確かだ。そしてマイノリティと共に生き、多様性を大切にする社会へ、私たちの目を向けさせる。そしてもう一つ、芸術は難解で高尚なものだという呪縛からも解放してくれた。なんてことを言うと、たたかれるかな。マイケル・グレーシー監督はお気楽を装って、深いところに問題の種をうまく埋めることに成功した。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

南京町の春節祭も、30回目

Photo
 中国の正月は旧暦で祝う。その春節、神戸の中華街「南京町」の春節祭も、今年で30回目だそうだ。『福』の字がさかさまになった旗やランタンが、通りにたくさん渡してある。福が降ってくるように、との願いだ。そして招福の色でしょうか、街には真っ赤と金色があふれている。

Photo_3
 この中国の正月風俗を楽しもうと年々人出が増えてきた。混雑緩和のため南京町内の主な通りは一方通行。ガードマンも多数出動して交通整理に当たっている。全国各地から、中国や台湾からも観光客が訪れ、南京町名物の点心の買い食いもままならないぐらいの賑わい。

Photo_2
 中国風の獅子舞や龍の舞、三国志の登場人物や楊貴妃に扮して練り歩く中国史人遊行など、さまざまな出し物で夜まで楽しませてくれる。それに1枚200円のポチ宝くじも。海外旅行やホテルの宿泊券、南京町で使える食事券などが当たる。朝早くから行列ができる人気ぶり。1日の販売枚数に限りがあるので、お早めに。

南京町春節祭
2018年2月16日(旧暦元旦)~18日

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

神戸駅前で、パンまつり

Photo
 パン好きの神戸っ子が大喜びするイベント『てくてくパンまつり』が、JR神戸駅前のHDCで開催された。知らなかったけど今回が第3回だそうです。神戸だけじゃなく、大阪や京都の人気店や話題のベーカリー約35店舗が参加。地下1階から5階までビルの中を上ったり下りたり、てくてく歩きながらいろんなパン、いろんな味を楽しめる。よく知っているお店も何軒か出店しているので、出かけてみました。

Photo_2
 たとえば5階は食パンフロア。「もっちり」や、「ふわふわ」や、「しっとり」や、「あっさり」など、それぞれの形容詞も多彩だ。カナダ産小麦に、北海道の牛乳に、大山の生クリームに、熟成させた湯だねに、と材料にもこだわった食パン専門店や人気の行列店が集合している。炊いたお米を練りこんだ食パンまであるんですね。

Photo
 1階の玄関前で長い行列ができていました。エスプレッソ移動販売のワゴン車です。知り合いがインスタにアップしていた大阪・天満のお店のクルマで、とても有名らしい。「エコプレッソ」という名前で、カップまで食べられるエスプレッソがユニークです。コーヒーの苦みとカップの甘みがマッチして、これはイケル!おいしい! 女の子や猫のラテアートもかわいかった。

Photo_2
 お総菜パンやお菓子パン、サンドイッチやパニーニ、ベーグルや焼き立てアップルパイまで、いまのパンブームがすべてわかる陣容です。各フロアにイートインコーナーも用意されていて、焼き立てをすぐに食べられるのがうれしい。パン好きとしては、とてもおもしろく満足できるイベントでした。また来年も期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«人は奇跡に飢えている