2014年12月20日 (土)

震災 記憶 美術 という展覧会

Photo
 もうすぐ阪神淡路大震災から20年。BBプラザ美術館では13人と1組の作家たちによる展覧会「震災 記憶 美術」が開かれている。震災に真摯に向き合って制作された平面、立体、インスタレーションなどの44作品が展示されています。WAKKUNさんの作品でできた入口を入ると、震災の年の夏ごろタウン誌「神戸っ子」に掲載された司馬遼太郎さんの感動的な文章が掲示されている。ギャラリーPAXREXにもよく来ていただいていた堀尾貞治さんや榎忠さんの作品もあります。それぞれの咀嚼の仕方、定着のスタイルはさまざまですが、テーマがテーマだけに重い。決して悲惨でも深刻でもないけれど。

Photo
 参加しているアーティストは井上廣子、榎忠、金月炤子、古巻和芳+あさうみまゆみ+夜間工房、栃原敏子、中岡真珠美、西田眞人、秀島踏波、堀尾貞治、吉田英智、吉田廣喜、吉野晴朗、吉見敏治、WAKKUNです。アートが震災の記憶をどのように受け止め、どうかかわっていくのか。じょじょに記憶が風化し、特に東日本大震災が起こった後ははるか昔の出来事のように感じられる今だからこそ、この展覧会の意味があるのでしょう。そしてこの展覧会は『結論』を示すのではなく、『きっかけ』を与えてくれているのだと思います。

震災から20年  震災 記憶 美術
BBプラザ美術館
2014年12月16日(火)~2015年3月8日(日)
10時~18時 月曜休館日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

クリスマスの飾り物

Photo
 すっかり寒くなり、クリスマスの雰囲気になってきましたね。この寒波が北海道や東北に大きな被害をもたらさないよう祈っています。
 我が家でもささやかにクリスマスを祝う飾りが登場しました。派手な飾りではなく、静かにイエスの誕生を祝う。そんなアイテムは、まずルーマニアンレースのツリーとベル。ヒイラギではありませんが緑の葉に赤い実。朝日が当たるリビングルームの棚の上にひっそりとたたずんでいます。素朴で温かい感じがとてもいいと思いませんか。

Photo_2
 そして玄関には天使の置き物。これは昔このシーズンにイタリアに旅行した時に買ってきたもの。プレゼピオの飾りつけのためにいろいろ売られている人形のひとつ。プレゼピオとは聖書に書かれたイエス生誕の場面を再現した飾りのことで、バチカンの広場には原寸大の立派な馬小屋や人物、羊たちが登場する。一般的にイタリア人はあまりクリスマスツリーは飾らず、趣向を凝らしたプレゼピオで静かに祝います。24日まではこの中に赤ちゃんはいなくて、25日午前0時に赤ちゃん(イエス)を置くそうだ。なるほど。
 プレゼピオでは天使はほんの端役でしかありませんが、キリスト教徒ではない我が家では主役です。小さな天使さまに、世の中が平穏で安らかになるようお願いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

20回目のルミナリエ

Photo
 阪神淡路大震災の年の暮、犠牲になった人の鎮魂と街の復興を願って始まったルミナリエ。今年で20回目を迎えました。資金難のため、「今年が最後、もうこれで打ち切り」と毎年のように言われ続けながら、いろんな人たちの寄付金のおかげで20回も開催できたのは、ほんとうにうれしいこと。まだまだこの先10年も20年も続けていってもらいたいものですね。そのためにも、皆さま、ご寄付をお願いいします。

Photo_2
 今年のテーマは『神戸 夢と光』 Kobe, citta dei Sogni e della Luce だそうです。先に向かって進む原動力が夢。その行く手を指し示すのが光でしょうか。
 激しい揺れのあとの真っ暗な闇、不気味な静寂。あの朝を思い出すと今でも胸がざわつきます。鎮魂と祈りで始まったルミナリエ。回を重ねるにしたがってエンターテインメントの要素が強く感じられるようになっていました。だから20回を機に原点に戻るのもいいんじゃないかと思います。今日の感謝と明日への祈り。なんか宗教っぽいかもしれませんが、この光のアートを見ていると素直にそんな気がしてきます。

Photo_3
 いま各地で流行りのプロジェクションマッピングは、同じ光のアートでも、コンピューターを駆使して華やかにテンポよく画像が動き、観る者を驚きと感動で包んでくれる。それに対してルミナリエは穏やかで地味だ。動画になるどころか、点滅もしない。でもローテクで人間味あふれる表現は、どこかホッとする。プロジェクションマッピングがテーマパークのライトアップだとしたら、ルミナリエは教会のステンドグラス、または神社の灯ろうのよう。
 それでもよく見ると使用されているカラー豆球は6色使い。赤、ピンク、黄色、グリーン、青、白(電球色)。がんばっているんです。これを毎年イタリアから持ってくる。そして10人余りのデザイナーや職人がイタリアから設置作業にやって来る。ご苦労さんです。また来年もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ド派手な棺桶と祖先の像