2020年5月30日 (土)

世界でいちばん長い青春

   Photo_20200526162402    
 引っ込み思案で、これといった目標もなく、冴えない毎日を送っている高校写真部員の主人公。ある日、風変わりなカメラに出会ったことから、モノクロだった人生が鮮やかな色に変わり始める。草野翔吾監督の『世界でいちばん長い写真』がいいですよ。誉田哲也の同名小説(光文社文庫)を映画化したみずみずしい青春物語。

Photo_20200526162401

 360度の撮影ができるように改造された珍しいパノラマカメラ。このカメラを使って愛知県の高校生が卒業記念に撮影した長さ145mの写真が、ギネスに認定されたという実話に基づいたお話だ。校庭で輪になって集合した生徒たちの中心にこのカメラを設置して、13回転させて撮影するクライマックス。ひと夏のキラメキと爆発の記録。

Photo_20200526162502

 フツーの高校生のフツーの青春。目立たない地味な男子の話なのに感動的だ。ナチュラルで、リアルで、ドキュメンタリーのように見せる監督の手腕が素晴らしい。さまざまな部活や文化祭や体育祭など、等身大の青春がギュッと凝縮された148mのパノラマ写真。「ああ、そうだったなぁ、あの頃は」。遠い記憶の彼方からいろんな思い出がよみがえる不思議な映画になりました。

Photo_20200526162501

 気弱な高杉真宙、しっかり者の松本穂香。どの出演者も素晴らしいけれど、主人公をグイグイ引っ張る従姉を演じた武田梨奈さんが特にいい。ワカコ酒の人です。こんな気風のいい“男前”のお姉さんが展開をリードし、高校生たちの成長を促している。ちょっと強引だけどね。昔も今も男子はこんなお姉さんに憧れるものです。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

ノアの方舟を知る

   Photo_20200524110001

 ダーレン・アロノフスキー監督の『ノア 約束の舟』を観る。聖書の「創世記」に出てくる有名なエピソードを基にした壮大な叙事詩です。正直に言うと、有名なわりにはあまりよく知らなかったけれど。ラッセル・クロウやジェニファー・コネリー、エマ・ワトソンやアンソニー・ホプキンスなど豪華キャストが、火山と氷河が形作ったアイスランドの神話的風景のなかで躍動するスペクタクル大作です。

Photo_20200524110004

 アダムとイブから10世代あとの物語。楽園追放、兄弟殺し・・・地上は人間たちのさまざまな悪がはびこる時代になっていた。これをよく思わない神が世界の浄化を考えて引き起こした大洪水。ノアの方舟に乗った生きもの以外は、すべて死に絶える。こうして世界はリセットされるのだ。聖書の神はじつに厳しい。いや、人間の尺度で神を考えること自体が思い上がった行為なのでしょう。

Photo_20200524110003

 神のお告げにより行動を起こすノア。しかし最後は自分の意志で、つまり人間として決断する。神への信仰か、家族への愛か。この映画では、神は彼の意志に人類の運命をゆだねた、という解釈がとられる。これが後の人類すべてに影響する大きな決断だったのだ。あくまで「聖書」の話ですよ。あくまで、たくさんある世界創造神話の一つに過ぎないわけですからね。

Photo_20200524110002

 神はノアと三人の息子たちを祝福して言われた。「産めよ。増えよ。地に満てよ。」 そして三人の息子、セムとハムとヤベテが現代のすべての人類の祖先となった。長男セムはユダヤ人や中近東の諸民族など黄色人の、次男ハムはアフリカ大陸の諸民族など黒色人の、三男ヤベテは欧米人やインド人など白色人の、それぞれの祖。あくまで聖書は科学ではなく「神話」なので・・・悪しからず。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

フィンランド式お片づけ?

  365   
 私たちの部屋にはモノがあふれている。知らず知らずのうちに増えてしまった服や、家具や、家電製品や、日用品。困ってはいるけれど片づけられない。だから断捨離がブームになったり、こんまりさんがスターになったり・・・。こんな状況を疑問に思ったフィンランドの青年が「自分にとって本当に必要なモノは何か?」と、ちょっと風変わりな『実験』を始めました。その一年間のドキュメンタリー。

Photo_20200516204202

 ペトリ・ルーッカイネンが監督、脚本、主演を務めた『365日のシンプルライフ』。ユニークなのは彼の方法論だ。自分の持ちモノをいったんすべてトランクルームに預ける。そして一日に1アイテムずつ持ってきて生活にプラスする。一年間は何も買わない。そんなルールを自分に課す。まさに裸一貫、ゼロからのスタート。そのせいで遭遇する場面にバカバカしくもマジメに取り組む彼の姿が笑えます。

Photo_20200516204201

 モノを捨てる、モノを減らす。こんな方法が片づけには一般的だと思うが、ペトリは違った。必要なモノだけでシンプルに暮らす、というゴールは同じでも、まったく逆の視点からスタートしたのだ。いまの生活から『引き算』をして整理する、のが従来の考え方。それに対してゼロから『足し算』をして本当の暮らしを築き上げる、というのがペトリ流。きっとフィンランドでも変わり者でしょうね。

Photo_20200516204204

 いまは不要だけど、いつか役に立つかもしれない。しかもそれぞれのモノには愛や想い出がこもっている。だから整理は難しい。モノを捨てるということは、過去の自分を否定することでもあるから。それは誰にとってもつらいことだ。『足し算』方式の優れた点は、目指す人生に向かう前向きな姿勢にある。モノが増えるごとに、ひとつずつ確かな歓びを実感できるって素晴らしい。

Photo_20200516204203

 ちなみにペトリは40㎡のアパートに、なんと5,000点以上のモノに囲まれていたという。そりゃボールペンやスプーンや下着や、と数え出したら誰でもそれぐらいはあるかもしれない。でも幸せを感じなかった彼は、持ち物をすべてリセットして365日の実験をやり遂げました。結果、モノは探している幸せとは結び付かないという発見に至る。きっとゴールよりプロセスに価値があったのでしょう。

| | コメント (0)

«南アにとってラグビーとは