2018年8月14日 (火)

銅版画の奥深き世界

14
 六甲アイランドの小磯良平記念美術館で、「浜口陽三と南桂子」展が開催されている。どちらもパリを中心に活躍し、国際的に高い評価を得たアーティストだ。浜口陽三はヨーロッパでもすたれていたメゾチントを復興させ、しかもカラーメゾチントという技法を発明した。暗闇でボーッと光る赤いサクランボのシリーズは、世界中から愛されている。

Photo_2
 浜口はさまざまなサクランボ作品で有名だけれど、サクランボだけではなくテントウムシやアスパラガス、レモン、スイカなども描いている。それらを通して「静謐」という言葉の真の意味を感じ取りました。真っ暗闇にほのかな灯りのように浮かぶ赤いサクランボ。究極の美学です。身近にある小さなモノに宿る大きな存在感に圧倒されます。

2
 南桂子は浜口のパートナーで、パリでも日本でもずっと一緒に制作活動を続けたけれど、その作風はまったく違う。お互いアーティスト同士で尊重しあっていたのでしょう。同じ銅版画でもエッティングやドライポイント、たまにはメゾチントもとさまざまな技法にトライして自分自身の美を追求している。特にサンドペーパーを使った背景のぼかしは美しい。

Photo_3
 もう一つ特徴的なのが、南の作品を見ていると物語を想像してしまう、ということ。彼女自身、絵本や児童文学を創作する作家でもあったからでしょうか。どこかやさしい心情を感じます。彼ら二人が生きた時代、まだ日本は戦争の傷跡から立ち直れず、日々の暮らしで精一杯だったと思います。そんな中で彼らが創り出したものは、奇跡の輝きを放っている。

ーふしぎな世界への小さな窓ー
浜口陽三と南桂子 展
2018年7月14日(土)~9月2日(日)
神戸市立小磯良平記念美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

日本の美、ピース・ニッポン

Photo
 その土地の気候や自然環境は、その土地固有の文化形成に決定的な影響を与える。食文化や生活習慣は言うに及ばず、宗教観や美意識など無意識の領域にまで作用する。そして独自の歴史をたどり独自の人間をつくり出す。堅苦しく言うと、そういうことだ。

Photo_2
 みんなよく知っている風景。でも見たことのない美しい瞬間。ほとんどの人は知らないけれど、本当に美しい絶景。中野裕之監督が8年の歳月をかけて全国をまわりまとめ上げた、後世に残したい日本の美。111分に込められた思いは、素直な日本賛歌だ。

Photo
 第一部「日本の精神」 第二部「日本の四季」 第三部「一期一会の旅」の三部構成でできている。世界が内向きになり、東京オリンピックも近付いたいま、なにか思想的に偏った企画に見えなくもないが、ドローンなど最新技術を使った4K映像は文句なしに感動的だ。

Photo_2
 こうやって見ていると、つくづく日本は水の国であり、火の国でもあることがよくわかる。おかげで変化に富んだ景観と多様な生命相に恵まれている。それは反面、災害の多さにつながる。台風、洪水、地震、火山の噴火。そして恐ろしい自然災害と付き合いながら生まれてきた無常観なども含めて、私たちの美意識を形成する。

Photo_3
 また美意識は時代とともに変わる。自然観も変わる。特に明治以降、西洋文明を積極的に取り入れだしてからは、それまでの日本人が気付かなかった「美しい景観」が生まれてきた。歴史の節目節目に、他の文化の刺激を受けるたびに美意識は磨かれ豊かになってきた。

Photo_5
 自然が自ら作り出したものが景観の基本だが、人間が手を加えたり新たに作った人工的構造物にも、美を発見してきた。自然は善で人間は悪、といった単純な見方からは何も生まれない。モノの見方も考え方も、絶対はない。移り変わっていくことにこそ、美が存在する。こんな考えこそ、まさに日本的かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

近代フランス風景画展です

Photo
 旅するフランス風景画、というサブタイトルでプーシキン美術館展が開催されている。国立国際美術館でのこの展示は、おもに18世紀から20世紀初めにかけて約200年間のフランス絵画を、『風景』という切り口で並べている。もともと人物や神話をモチーフにした絵画の『背景』でしかなかった風景。それが印象派前後からもっと前面に現れてくる。こんな流れを、プーシキン美術館が所有する作品65点で手際よくまとめた展覧会だ。

Photo_2
 自然への賛美、あるいは文明化された都市景観への憧れ。それらは近代市民社会が生み出した価値観や生活スタイルを色濃く反映している。またそれは王侯貴族や宗教的権威だけではなく、一般市民もアート作品を所有できるようになるのと対をなす動きだ。同時に、画家は注文を受けて描く職人から、自分が描きたいものを描く芸術家へ、変貌を遂げることでもあった。

Photo_3
 やがて身近な自然のなかで新たな光を発見し、ヨーロッパ以外の珍しい風景に刺激され、風景そのものをメインテーマとする表現が生まれてくる。カミーユ・コロー、クールベ、ルノワール、クロード・モネ、シスレー、セザンヌ、ゴーギャン、アンリ・ルソーなどなど。『風景』という視点でとらえた西洋絵画の大きな流れを、そうそうたる巨匠たちの作品がとても雄弁に語ってくれます。

プーシキン美術館展
ー旅するフランス風景画ー
2018年7月21日(土)~10月14日(日)
国立国際美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«天保山で木梨憲武展