2018年1月19日 (金)

新神戸へ移った大工道具館

Photo
 以前は兵庫県庁の少し上にあった竹中大工道具館。いまは新神戸駅の東に移ってきています。2番のバス道沿いで、生垣に囲まれた品のいい数寄屋が見えていた。たしか竹中工務店が迎賓館に使っていたところだと思う。その場所に、さすが竹中!と言いたくなるセンスのいい建物を新築。地上1階、地下2階。南の庭に面した1階展示室はガラス広くとったとても明るい平屋建て。いまは「木の国フィンランドの伝統と革新」展を開催している。

Photo_4
 そして広い明り取りスペースのある地下1、2階は、日本古来からの建築技法や道具を常設展示。それぞれの時代、その時々の名人の道具。これが素晴らしい。よく残っていたものだと思う。高層ビルや都市開発など規模の大きい案件が多い大手ゼネコンの一角を占める竹中工務店ですが、もともと数寄屋建築には定評があります。(理由は知りませんが) だから昔の製材や大工の道具を集め、伝統の技を後世に伝えるミュージアムを作ったのでしょう。

Photo_3
 いろいろ興味深い展示があるなかでも、これはスゴイ!と感動するのは、地下2階からの吹き抜け空間に再現された、唐招提寺金堂の原寸大の柱と組木。釘をいっさい使わない日本古来の木組みを見せてくれる。この組物は屋根の重さを柱に伝えるための構造で、8世紀後半(奈良時代)から伝わる技法の模型だそうです。地下2階から見上げ、地下1階の回廊から間近に眺める。木造なのに千年も持つ丈夫さと、木組みが生み出すリズミカルな美しさ。先人のすごさに感服します。

Photo_2
 もうひとつ、江戸時代中期の大徳寺玉林院蓑庵をモデルにした、スケルトンの茶室が地下2階にある。柱や梁など、構造を形作る材は完成と変わらないが、壁は竹の骨組みだけで漆喰は一部だけしか塗っていない。大工や左官の仕事がよくわかるように、との配慮からだ。土台の石と、木と竹と土と紙で作られる数寄屋建築。これが日本の伝統美なんでしょうが、現代にこれをやると途方もない建築費がかかる。贅沢の極みだ。ただし、こんな建物を作る職人さんの技術を継承していかなくてはならないのも確かだ。

竹中大工道具館
神戸市中央区熊内町7-5-1

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

フィンランドの清楚な木工展

Photo
 木の美しさを最大限に生かすシンプルでモダンなデザイン。北欧家具と言えばデンマークと思っていたが、森と湖の国フィンランドの木工製品も素晴らしい。木の質感を大切にし、余分な要素を極限までそぎ落としたミニマルな姿。デンマークデザインより歴史は浅いけれど、日本人の美意識により近い感性が感じられる。素朴で清楚で洗練されている。これは新しい発見でした。

Photo_2
 いま新神戸の竹中大工道具館で開催中の「木の国フィンランドの伝統と革新」展。サブタイトルは「工芸村フィスカルスとニカリの物語」。フィスカルスは地名、ニカリは会社名だ。この芸術家コミュニティに住む木工作家たちが今回作品を出品している。彼らにはサーリネンとアルヴァ・アアルトという二人の巨人から続くフィンランド・デザインの方向性が脈々と息づいているように見える。

Photo_3
 北欧デザインの中でもフィンランドはとりわけシンプルでストイック。でも決して冷たくはなく、どこかほっとする優しさと温かさがある。こんなユーモアを感じさせる椅子もありました。フレームに淡い色のバーチ材、座面には暗色と明色のコントラストが鮮やかなアッシュの心材。柔らかい布張りシートだとばかり思っていたけれど、よく見るとここも木なのです。遊び心と技術の高さが見て取れるでしょ。

木の国フィンランドの伝統と革新
工芸村フィスカルスとニカリの物語
2017年12月16日(土)~2018年2月18日(日)
竹中大工道具館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

どいつもこいつも嘘だらけ

Photo
 笑う門には福来る! 2018年初笑いロードショーと銘打ってあらわれたコンビは、中井貴一と佐々木蔵之介。骨董をめぐるだましあいを描いた、武正晴監督の『嘘八百』がおもしろい。冴えないオジサン二人が幻の利休の茶碗を仕立てて、堺を舞台に大勝負をかける!が、さてその顛末は。

Photo_2
 まぁ出てくるヤツが嘘つきばかりで、強欲で、しかしどうしようもなくおかしく可愛い。友近、前野朋哉、森川葵、坂田利夫、芦屋小雁、近藤正臣、堀内敬子、寺田農、塚地武雅、桂雀々などなど。これら芸達者たちが軽妙なやりとりを繰り広げ、抱腹絶倒のだましあいを繰り広げる。タイトルもいいでしょ。大江戸八百八丁に大坂八百八橋、八百万の神の国の『嘘八百』。

3
 なんでも鑑定団をはじめとするお宝ブームをおちょくった? ちょっと胡散臭さもただよう骨董や鑑定士の、奥深くてわかりにく~い世界。素人はあまり近づかずに、TV番組を見て「ほぉ―!」、「へぇー!」と、おもしろおかしく眺めているのが無難なようです。あ、その前にぜひ劇場でこの映画を観て、2018年の初笑いを。関西弁がええ味出してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«六甲山上は雪景色