2020年7月 2日 (木)

「泣き猫」ファンタジー

   Photo_20200701133801
   
 コロナの影響で6月5日から予定していた劇場公開ができなくなり、NETFLIXで全世界配信を始めた長編アニメーション『泣きたい私は猫をかぶる』。監督:佐藤順一と柴山智隆、脚本:岡田麿里で、スタジオコロリド制作の最新作品。みずみずしい思春期の感性を美しい映像と色彩で描いた青春ファンタジーです。

Photo_20200701133802

 主人公は中学2年生。自由奔放、明るく元気いっぱいの女の子ですが、突飛な言動でいつも周りを振り回す。呆れるクラスメイトからは「ムゲ」というあだ名で呼ばれている。つまり"無限大謎人間“の略。他人のことなどお構いなしに見える彼女。じつは人一倍他人の思いを気にするし、他人に言えない悩みや苦しみがある。

Photo_20200701133804

 そんな彼女の唯一の楽しみは、猫に変身して好きなカレに会いに行くこと。夏祭りの夜、奇妙なお面屋にもらった「猫のお面」をかぶると猫に変身できるのだ。猫になっている時だけ、わずらわしい人間関係や思ったことが言えない不自由さから解放される。しかもどこからでもスッと入り込んで、カレに寄り添える。

Photo_20200701133902

 気持ちが伝わらず空回りばかりする人間界。気ままに自由に生きていける猫の世界。二つの世界を行き来することは、人間の二面性を表現しているとも言える。本来の自分と、本心を隠し猫をかぶったもう一人の自分。そのうち猫と自分(人間としての)の境界があいまいになっていく。意識の混濁が始まるのか。

Photo_20200701133901

 そうなって初めて気が付いたこと。それは、自分が誰に支えられているのか。ほんとうに大切なものは何か。このまま猫の世界から帰れなくなったら大変だ。人間界へ戻って、これらの問題にちゃんと向きあわなきゃ。人間に帰るための大冒険とは、自己を確立するための道程。若い人たちの成長を応援するさわやかな物語でした。

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

METシネマ再開はガーシュウィン

Photo_20200628113401

 コロナ禍で中断していたメトロポリタン・オペラのビューイング・シネマが再開しました。ジョージ・ガーシュウィンの名作『ポーギーとベス』。コロナ騒動の直前、2月1日に上演された舞台です。METでは30年ぶりとなる上演で、ジェイムズ・ロビンソンによる新演出。幕間のインタビューやカーテンコールを含めて合計3時間40分の上映。

Photo_20200628113501

 死の2年前、1935年に作曲されたこの作品。南部の港町に住む貧しい黒人たちの暮らしを生き生きと描いている。1920年代初頭のサウスカロライナ州チャールストンが舞台。ガーシュウィン自身は「アメリカのフォーク・オペラ」と評しているそうだ。黒人霊歌やジャズのエッセンスがこもった音楽。もちろん英語オペラです。

Photo_20200628113502

 ブルース調の子守歌「サマータイム」で幕が開く。いまはジャズのスタンダードナンバーのように思われていますが、じつはこのオペラで歌詞を変えながら3度歌われる名曲。当時の風俗や色鮮やかなコスチュームに、ちょっとソウルっぽい味を効かした歌唱から、南部のむんむんした熱気が伝わってくる。

Photo_20200628121001

 貧困、麻薬中毒、ハリケーンの被害、警察からの圧力などなど、現代に通じるさまざまな困難が襲ってくる。弱い人間もいれば世話好きもいる。働き者も悪党も。貧しいながらもささやかな喜びを見つけて、なんとか日々を生きていく人たち。純粋な愛と不屈の精神が、すべてを突破していく希望となるのか。

Photo_20200628113503

 「黒人以外が歌うことを禁ずる」とガーシュウィンに厳命されたというオペラ『ポーギーとベス』。とうぜん出演者は黒人ばかりで、白人キャストは警官だけ。警官は昔も今も白人か(これは事実ではありませんが、イメージとして) 全米でBLMのデモが巻き起こっているいま、期せずしてタイムリーな上映になりました。 

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

障害、イジメ、赦し

   Photo_20200624114201

 小学校時代に耳が聞こえない転校生へのイジメがもとで孤立した元ガキ大将。高校生になったいまも、自分には存在する価値がないと思い詰め、死を考えている。山田尚子監督の『映画 聲の形』。罪の意識や人間関係のむずかしさを、かつてクラスのいじめっ子だった少年の視点で描いているのが新しい。障害者の問題、イジメの問題、教育現場の問題・・・これらを細やかに丁寧に描く。
 
Photo_20200624114301

 原作は大今良時の『聲の形』(講談社コミックス刊)。昨年7月、放火殺人事件で多数の犠牲者を出した京都アニメーションが、2016年に製作した名作です。聴覚障害者とイジメという、興行的に期待できない地味なテーマに真剣に取り組んだ良心と意欲。こんな日本が誇るいい会社がなぜ狙われたのか。残念でたまりません。

Photo_20200624114302

 障害者や外国人など異質な人たちとの付き合い方はむずかしい。キッカケが作れない。戸惑いもある。まして人生経験の少ない子どもたちだ。思ったことをそのまま言うこともある。思ってもいないのに言ってしまう場合もある。陰口や無視という最悪の対応も。そんな態度を「無意識のうちに」とってしまうから問題の根は深い。

Photo_20200624114202

 この映画は困難なテーマに真正面から逃げずに取り組んでいる。イジメた当人だけではなく、まわりの人たちも抱く深い悔悟の念。助けられなかった。見てないふりをしてしまった。逃げてしまった。「差別はダメだ」「イジメは悪だ」とリクツで理解するだけでは問題は永遠に解決しない。イジメにかかわる全員の哀しみと苦悩を心の底から感じなければ。こんな言葉も無責任なキレイごとか。

Photo_20200624114303

 イジメられる立場からの気持ちも語られる。相手とつながりたい、コミュニケーションをとりたい、と思っても出来ない不自由さ。そこからくる怒りと悲しみ。さらに自分がもとで周りにイヤな思いをさせている罪悪感と自己嫌悪。そのぶん他者と交流できた喜びは大きい。いやー、人間は複雑で奥深い。善と偽善。悪と無関心。もうイジメや差別について軽々しく語ることはできません。

Photo_20200624114203

 脚本の吉田玲子さんがインタビューで話しています。「自分で自分のダメなところを、他人の嫌な部分を、すこしでも許せるようになって、すこし好きになってもらえたらなぁと思っています」。思いやり。相手はもちろん自分に対しても思いやりを。価値のない人間なんていないんだから。これは自己肯定へと至る成長の物語なのだ。

| | コメント (0)

«スパイク・リーの DA 5 BLOODS