2017年5月27日 (土)

ライアン・ガンダーってなんだー

5
 ライアン・ガンダー展が国立国際美術館で開かれている。サブタイトルは「この翼は飛ぶためのものではない」。1976年イギリス生まれ、新しいコンセプチュアルアートの旗手と目されるアーティストだそうだ。ライアン・ガンダー、初めて知りました。
 会場には若い人がとても多い。外国人も多い。よくある美術館の展覧会はシニアの観客が多くを占めるのだけど、これは違う。ポスターやチラシに使われた「あの最高傑作の女性版」という作品。白い壁面の前に立つと、この目玉が気付いて動く。壁に耳あり、障子に目あり。ユーモアたっぷりだ。

Photo
 例えば「ポートレート」のシリーズ。肖像画そのものはなく、肖像画を描いたパレットがいっぱい並べられた作品だ。それぞれのパレットはそこで使われた色が残っている。その色の違いや組み合わせから、どんな人物を描いたか想像を巡らせる、というアイデアだ。だから決まったイメージはなく、鑑賞者一人一人が自分だけのイメージを作者と共同で創り上げる、という感じ。期せずして犯罪の共犯者に仕立て上げられたような、スリルと喜び。

Photo_2
 作品だけでなく、作品にまつわる思考や美術に対する概念、見ることについての洞察、日常性への知的な関心など、作品創作の背後にある美と知の世界に鑑賞者の意識を誘導する。普段の生活で遭遇する身近な物事を素材として、オブジェ、インスタレーション、絵画、写真、映像、印刷物など、いままで誰もやらなかった多彩な方法論で制作された作品の数々。私たち観る側も想像力を全開にして楽しみましょう。

Photo_3
 「ガンダーって、なんだー?」 現代美術は『難解』だ、という人も当然たくさんいると思います。それは決まった見方がないから、ではないでしょうか。でも、現代美術の面白さは、まさに「決まった見方がない、すなわち自分勝手に自由に見ればいい」というところだと思う。そして美術の歴史や過去の作品への接し方や経験によってどんどん面白さが深くなる。世界の見え方まで変わるような、充実した時間を過ごせたら幸せです。

ライアン・ガンダー
この翼は飛ぶためのものではない
2017年4月29日(土)~7月2日(日)
国立国際美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

奈川高原の春の食卓

Photo
 奈川でのある晩の食卓。冬は雪に閉ざされていますが、春が訪れるといろんな山菜が芽吹き、私たち人間はその生命のほとばしりを頂戴します。そんなわけで、まず近所の友人からいただいたアスパラガスを、バターとオリーブオイルでササッとでソテーしてパルミジャーノを振りかけたもの。すごく柔らかくてみずみずしい春の香りがします。

Photo_2
 そして山菜のアヒージョ。この皿もすべて貰いものを材料に。別の友人からウド、コシアブラ、コゴミ、シイタケをいただいたので作ってみました。ニンニクとトウガラシを効かせてパンチのある美味しさに仕上がりました。これならあく抜きなど山菜特有の下準備がいらない。指が真っ黒になることもないわけ。このオイルをバゲットにつけて食べると絶品です! ワインがすすみます!

Photo_3
 発見したばかりの第二の自生地から摘んできたクレソンは、グレープフルーツと合わせてサラダに。とまぁほとんどお金をかけずに、なかなか内容のある山里の春の食卓が出来上がりました。豊かな自然からの贈り物を分けていただいた友人たちに感謝! この季節だけのほろ苦さやほの甘さを、今年も味わえた幸せをかみしめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

第二のクレソン自生地

Photo
 信州奈川で二番目のクレソン自生地、発見! しかも狭い山道を分け入ってやっとたどり着く、最初に見つけた場所より、もっとカンタンに車でアクセスできる。すぐそばまで何度も来ていたところのごく近くなんです。なーんだ、こんなところに群生地があったんだ!と拍子抜けするほど馴染みのあるところ。じつはこの場所、地元の知人に教えてもらったのです。


Photo_2
 奈川の人たちはあまりクレソンを食べないそう。自生しているクレソンはスーパーで買うものより香りも高いのに。だけど、みんな関心がない。我が家があまりにも「クレソン!クレソン!」と騒ぐので、「もっといい場所があるから案内してあげる」と連れて行ってくれた、というわけ。よくそばを通っていたのに、まさかそんな場所にあるとは思っていないので、まったく目に入っていなかった。

Photo_4
 そこは奈川温泉の源泉があるところ。この温泉水が渓流に流れ込むところにたくさん自生している。桂の木の横にある説明の看板に、「鎌倉時代より湧き恵み 秘境奈川の温泉水」とある。この湯用いし炊く粥は、旨み溢れし絶品の極みなり。ナトリウム泉で効能は、慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病と書いてある。まぁ、いかがでしょうか。これで病気が治るなら医者いらず。横には日本秘湯を守る会の旅館もあります。

Photo_5
 こんな効能がある水を吸って育ったクレソン。おいしくないはずはありません。さっそくサラダでたっぷりいただきました。渓流の向かいには満開のヤマザクラ、背後の崖地には黄金色のヤマブキ。関西より一ヶ月半ほど季節が遅い奈川高原。(夜は冷え込むので真冬の服を引っ張り出して着ています。もう5月の下旬だというのに) タラの芽やコシアブラ、コゴミやウド、いまやっと遅い春の訪れを楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«岡山県の奈義町現代美術館