2020年9月29日 (火)

トットちゃんの電車の教室

Photo_20200928135502

 信州松川村にある安曇野ちひろ美術館を中心とした広い公園。ここに黒柳徹子さんの自伝的エッセー『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)の世界を再現した、トットちゃん広場ができていた。1981年に出版された大ベストセラーの表紙と挿絵を担当したのが、いわさきちひろ。その縁で2016年に整備されたそうだ。ちなみに黒柳さんは「ちひろ美術館・東京」と「安曇野ちひろ美術館」の館長です。

   Photo_20200928135404

 幼少時代をつづった物語の舞台は、ひとりひとりの子どもの個性を大切にする教育を推進したトモエ学園。空襲で焼けるまで自由が丘にあったという伝説的な学校です。問題児のトットちゃんが転校してきて初めて見た電車の教室。この教室なら毎日休まず通おうと決意した、というエピソードが印象的。その教室を大正15年と昭和2年に製造された車両で忠実に再現しているのです。

Photo_20200928135401

 小さいころ「ショーセン電車」と呼んでいたチョコレート色の電車。意味も分からず使っていたこの「ショーセン」という名が、第二次大戦後に国鉄になる以前の鉄道省に由来する「省線」電車だと知ったのは、ずいぶん後のこと。車体の継ぎ目は溶接ではなく、リベット打ちだったんですね。貴重な文化遺産。これらは長野鉄道が保存していたものを譲り受け、改装して使用しているとのこと。

   Photo_20200928135602 

 運転席も残され、木の床や天井の照明器具も昔のまま。壁は淡いミントグリーンで明るい雰囲気に。座席は取り外されて小さな机といすが並んでいる。机の上には教科書のほかにソロバン、顕微鏡、試験管など思い思いの教材が。当時としては珍しい自由な教育ぶりがうかがえます。網棚はランドセルや下足袋を置くのに使われていたそうだ。きっと子どもたちの夢が膨らんだことでしょう。

Photo_20200928135601

 敷地内には農業体験や郷土食づくりができる体験交流館もある。横に回り込むと、おじいさんとおばあさんが米俵を背に縁側で日向ぼっこ?と思ったらカカシでした。身に着けている服や長靴はすべて本物。周りには置いてある稲やカボチャ、各種道具類もついさっきまで使っていたような生々しさで、本当に良くできている。農園や雑木林ゾーンもあるのどかな安曇野ちひろ公園でした。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

オリンピックの夢の跡

Photo_20200925163802  
 1998年の長野オリンピック。白馬村では白馬ジャンプ競技場でノルディックのジャンプ競技が、八方尾根スキー場でアルペン種目の滑降とスーパー大回転が、そしてスノウハープでノルディックのクロスカントリー各種目が開催されました。なかでも国民を熱狂させたのがスキージャンプ団体の、涙の金メダルです。

   Photo_20200925163704

 その会場でいまも観光客がたくさん訪れる名所、白馬八方のジャンプ台を見学に行ってきました。ノーマルヒルとラージヒル、2本のコースが並んでいる。リフトで上へあがって、そこからエレベーターでそれぞれのコースへ向かい、急勾配を滑り降りる。聖火台も残されていて、この競技場一帯が記念公園になっている。もちろんいまもワールドカップなどの競技会が開かれる現役の施設だ。

Photo_20200925163701    
 前回のリレハンメル大会で、よもやの失速で金を逃した日本ジャンプ陣。岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜のメンバーで悪夢を振り払って4年越しの金メダル。「フナキー!」と絶叫し涙をぼろぼろ流す原田選手。いやぁドラマチックでした。いまやジャンプ界のレジェンドになっている葛西紀明は、この団体代表メンバーに選ばれていない。その悔しさが長く続けるモチベーションかもしれない。

Photo_20200925163703

 これが夏冬あわせて日本がオリンピックで獲得したちょうど100個目の金メダルだったそうだ。長野大会ではスピードスケートの清水宏保、フリースタイルスキーの里谷多英、シュートトラックの西谷岳文も金メダルを取っていますが、メモリアルな100個目になったのがまさにこのジャンプ団体の金。三段跳びの織田幹夫から続く100名すべての名前が記された記念碑もある。

   Photo_20200925163801

 一般客のリフト乗車が終了した午後3時以降は、トレーニングをする選手専用。この日はひとり練習する若い女子選手がいました。上のほうで豆粒のように飛ぶ姿が見えるでしょうか? この一選手のためにリフトを動かし、一回飛ぶごとに散水し滑りをよくする。雪のない季節の練習は大変なんだ。見事に着地を決めたあと周りから大きな拍手が起こる。がんばれ、未来のオリンピック選手!

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

山野草の花もおしまいかな

   Photo_20200921221601

 最高気温が20℃を割る日も増えてきた信州の高原。山野草の花を楽しめる時期もあと少しになりました。秋と言えばキク科。よく見かけるのはヨメナ(嫁菜)です。薄紫色のきれいな花は春から初夏に咲くミヤマヨメナ(深山嫁菜)とその園芸種ミヤコワスレ(都忘れ)とよく似ている。でも花の時期が秋と春で、まったく違います。

Photo_20200921212301

 よく似た形のキク科で白い可憐な花も咲いている。ユウガギク(柚香菊)だと思うのですが、さぁ合っているでしょうか。植物は似たものがたくさんあるので、正しく何なのかは特定するのは難しい。言い訳っぽいですが。ちなみに名前の由来となっている「柚の香り」は残念ながらよくわかりませんでした。

Photo_20200921221101

 黄金色の花がパッと目を引くアキノキリンソウ(秋の麒麟草)。ひと昔前に社会問題にもなったあの北米産の帰化植物セイタカアワダチソウに近い分類で、もっと小さく可愛らしい。これもキク科、もちろん日本産です。山ではごく普通に見られる秋の花。とは言え外来種に競り負けて、減少しているようです。がんばれ、ニッポン!

Photo_20200921214601

 黄金色でもうひとつは、ナガミノツルケマン(長実の蔓華鬘)。こちらはケシ科の花で別名ナガミノツルキケマン(蔓黄華鬘)。ケマンという名前はお寺で仏前に飾る仏具の「華鬘」に姿が似ていることからと本には書いてありますが、華鬘のイメージはありません。それよりケマンの仲間は食用厳禁、みんな毒があるそうですよ。
 これらの花が終わると信州の高原には厳しい冬がやってきます。

| | コメント (0)

«高原はいま収穫の秋