2016年9月29日 (木)

栗のお菓子はコレでしょ!

Photo
 まずは長野県小布施にある「小布施堂」の『モンブラン朱雀』。獲れたての新栗を蒸して皮を除く。それを裏ごししてグニュっと絞り出すと、そばのような細麺状のお菓子になる。これを冷たいクリームの上にふんわりと載せた洋菓子です。砂糖も何も加えず、栗そのもののおいしさが味わえる究極の美味。この時期一ヶ月ほどしかいただけない、鮮度が命の芸術品だ。Photo_3
 しかもその日に獲れた栗がなくなると販売終了。予約不可、持ち帰りも不可。だから朝8時30分から配布が始まる券を買うために、並ぶしかない。めでたく券を確保すると指定された時間にカフェ「えんとつ」でいただく。まぁ大層なものだけど、これを目指して全国から人が集まるからすごいものだ。じつは私たちは和風の『朱雀』を目指して早朝からクルマを飛ばして駆け付けたけれど、すでに長い長い行列。整理係の人に「もう売り切れですから『モンブラン朱雀』のほうにお並びください」と言われ、少し離れたカフェの前まで走っていって手に入れたプラチナ券だったのです。

Photo_2
 もうひとつの絶品は岐阜県中津川にある「すや」の『栗白玉』。「すや」は栗きんとんで有名な老舗です。国道19号線沿いに広い駐車場と甘味処を併設した西木店を出している。栗という字は「西」の「木」と書くことから西方浄土をあらわし、行基はこの栗の木を杖にして全国を回ったと、いう伝説から名付けたそうだ。Photo_4
 で、『栗白玉』は栗のみで作った冷たいおしるこに白玉を入れた上品な甘味です。これを緑に囲まれた気持ちのいい甘味処『榧(かや)』でいただく。そうそう、こちらも9月の一ヶ月間のみの限定品だそうだ。いやぁ限定品に弱いからね。この店も行列こそできていなかったものの、混みあっておりました。駐車場のクルマのナンバーを見ると、かなり遠方からもお客さんが来るようだ。
 栗のシーズンに極め付けを食する幸せ。ああ生きてて良かったと実感する瞬間です。(オーバーだねぇ)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

神戸のパルシネマ

 Img_5920
 神戸の映画館「パルシネマ」に出かける日は、朝からちょっと気合が入ります。何せ二本立てですからねえ。結構長丁場。あれこれ家事をこなして、手短に朝食を済ませて家を出る。駅でランチ用のパンや何かを買って・・・バッグの中にはすでに水筒や、クッキーや、キャンディーや・・・まるで遠足ではないか!
 電車を2回乗り継いで到着の小さな映画館。自販機で切符を購入。なんとシニアは千円ポッキリ。中に入ると映画館にありがちのポップコーンや淹れたてコーヒーの匂いはしませんが、様々な映画情報のチラシと「ようこそ、いらっしゃいませ」と、礼儀正しいスタッフのお迎えが待っている。「この青年はきっと、寝ても覚めても映画のことを考えてるんやろな。映画オタクが高じて仕事になっちゃった?」てなことを考えながら、やっとシートに腰掛ける。見渡すとチョーこじんまりとした館内に観客がちらほら。この映画館の特徴は、一人で来るシニア世代が多いこと。今日の私みたいに。
 Img_5921
   このブログを読んでくれているあなたは映画を観に行く時は誰かと一緒派、それとも一人派? 最近のけいママは断然一人派です! 自分がいいと思って誘って観に行った映画が期待外れだった時の気まずさと言うか、申し訳なさというか(自分のせいでもないと思うのだけれど)。この歳になると、もうそういう面倒な経験をしたくないと思うんですよね。だから一人、今日も一人。
 そしてそんな客の気持ちを分かってくれているのか、このパルシネマでは赤いシートと白いシートが用意されています。男性は白、女性は赤。つまり知らない異性が横に座って・・・みたいな煩わしさをやんわりと察してくれているのです。もちろん厳密ではありませんし、男女のカップルでお越しになる方はどちらにでも、と言うことですが。
 赤いシートに辿り着いて、お目当ての映画が始まるまでのワクワク! 一本見終わって、客席でランチを食べるのがまた楽しい! 「うん?隣のご婦人はお手製弁当? どこからかお寿司のいい匂いが〜!」。インターバルでは「出迎え青年」が登場して、今後の上映予定の映画解説をしてくれます。これがまた楽しい!

Photo_3
 いつも感心させられるのは、パルシネマ独自の二本立てセレクトのマッチング。すでによその映画館で上映されたものだからこそ、こんな事が可能なんでしょうが、よくもまあこの二本を! この日は「バベットの晩餐会」と「千年医師物語」。かたや料理人、かたや医師。自分の仕事に情熱を燃やし、誇り高く人生を歩む主人公たちに拍手! 二本立てだと、お目当てでなかった方の映画が意外と良かった、なんて事がよくあるのですが、今日は二本とも大満足! また来ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

高谷敏正「奥の細道」ワールド

Photo
 この時期、毎年楽しみにしている展覧会が高谷敏正さんの陶展。今年もGALLERY北野坂で開催されています。なるほど、建築家が作る陶の作品って一般の陶芸家とは一味も二味も違うんだ!オリジナリティあふれるアートになるんだ!といつも感心させられる。そう思いながら、いただいた名刺をよく見ると肩書には『陶芸アート』と書いてある。「建築家が作る」なんていう紹介の仕方は今回でもう最後にしなくちゃいけない。しっかりと独自のスタイルを確立し、独創的な陶芸作品を作る陶芸アーティストなんだから。

Photo_2
 さて今回の展覧会のテーマは松尾芭蕉の「奥の細道」。江戸から奥羽、北陸と芭蕉がたどったルートになぞらえて並べられた49作品。それぞれの作品には「奥の細道」の一節が彫り込まれている。深川を出発、「行く春や 鳥啼き魚の目は泪」と詠み、美濃の大垣で「蛤の ふたみにわかれ 行秋ぞ」と終わる約150日間の旅。芭蕉の言葉や土地土地の歴史や自然の情景からインスピレーションを得て生み出されたこれらの作品は、単独で見ても美しい造形の花器である。とは言え、やはりすべてそろってこそ面白さは数倍になる。スケールの大きいその構想力。完成に至るまでの労力と精神の持続力。頭の下がる思いです。

Photo_3
 49作が描く地図の中に置かれた「風に誘はれて」など、大きな3点のテーマ作品。これはまた具体的なイメージをカタチにしたというより、芭蕉の思想哲学に共鳴して生まれた作品だと思う。いくつかの句を壁掛けオブジェにした作品などと共に、「奥の細道」ワールドが21世紀の感覚で私たちの前に現出している。
 あるテーマのもとにまとまった世界観を提示する、こんな素晴らしい展覧会を観ると自分でも何か作りたくなる。表現したくなる。いい刺激をいただきました。

高谷敏正 陶展
2016年9月20日(火)~9月25日(日)
GALLERY北野坂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スラム街のオーケストラ