2021年2月24日 (水)

オレを捕まえてみろ

   Photo_20210222132501
 スピルバーグ監督の2002年作品『Catch Me If You Can』。The true story of a real fake.(日本語ポスターでは、本物の偽者を描いた真実のドラマ)とキャッチコピーが入っている通り、21歳で逮捕された天才的詐欺師の自伝的小説(『世界をだました男』新潮文庫)を原作にしている。40年ほど前に単行本で読んでメチャ面白かった。ただし、この邦題だったか記憶は定かじゃない。

Ca

 逃げる詐欺師ディカプリオと、追うFBI捜査官トム・ハンクスの奇妙な交流。犯罪者を描いているけれど、軽快でとても明るい映画だ。ある時はパンナムの操縦士、ある時は医者、またある時は弁護士になりすます。天才的な頭脳とチャーミングな魅力を持つ主人公は、若き日のディカプリオが演じるからこそ説得力がある。

Photo_20210222132502

 それにしても16歳から21歳の間、世界を股にかけて大金を稼いで豪遊していたとは。小切手の偽造というのどかな手口で、金融機関から大金をだまし取っていたとは。まだ社会が情報化や電子化がされていない時代。知的で花形の職業人になりすます姿は実に痛快です。偽者とバレないように、つい応援したくなる。

Photo_20210222132701

 ストーリー展開も、挿入されている当時のヒット曲も、ミッドセンチュリーのインテリアも、すべてが素晴らしい。なかでもオープニングタイトルが秀逸だ。レトロモダンでカッコいいソール・バス風のデザインには、60年代の懐かしい映画文化を感じます。Art OF THE TITLEというサイトに紹介されているのでご参照ください。

Photo_20210222132603

 フランス人のオリヴィエ・クンゼルとフローランス・デガのアーティストデュオが手掛けたタイトルデザイン。手法は、手彫りの消しゴム印で作るローテクなアニメーション。ハンコならではのカスレやスムーズじゃない動き。ジョン・ウイリアムスの音楽とマッチして60年代アメリカならではのオシャレ感がプンプン香ってきます。

   Photo_20210222153401

 タイトルの Catch me if you can。アメリカの子どもたちが鬼ごっこで逃げるとき、この掛け声をかけるそうだ。この映画でも、逃げる方と追う方が一緒にゲームを楽しんでいるような風情で、なるほどなと思いました。敵対しているハズなのにある種の親密さが生まれる人間関係。捕まった後の人生も含めていいお話だったと思います。

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

荒野に咲いた壮大なドラマ

   Photo_20210219164401

 1870年、南北戦争(The Civil War)が終わって5年後のテキサスを舞台にしたヒューマンドラマです。ポール・グリーングラス監督の新作『この茫漠たる荒野で』(NEWS OF THE WORLD)。米国の、わずか150年前とは思えない、荒野のごとき不毛と混沌をリアルに表現した傑作だ。原作はポーレット・ジャイルスのベストセラー。

Photo_20210219164501

 北部と南部の分断、戦争の傷跡、ネイティブ部族との争い、野生動物の乱獲、合衆国の支配が行きわたらない無法地帯。南軍の退役軍人とネイティブ部族に育てられた10歳の少女が、さまざまな危機を乗り越えながら旅をする。言葉も通じない状況から徐々に打ち解けていく心の交流を描く、感動的な冒険ロードムービーです。

Photo_20210219164402

 いろんな新聞記事から選んだ世界各地のニュースを読み伝える、いわばニュース屋を稼業にする男。ラジオやテレビはないし、字を読めない人も多かったことでしょう。そんな時代だからこそ成り立った仕事がおもしろい。いろんな人の思惑。それぞれの事情。人生の苦悩。南部だからこその特殊性もまじえながら旅は続く。

Photo_20210219164502

 トム・ハンクスが演じる勇気があって銃の腕もたつ優しい退役軍人。この男臭いカッコ良さは、ジョン・ウェインやクリント・イーストウッドの域まで達している。こういうのが米国人が理想とする大人の男なのだろうなぁと思いました。少女役のヘレナ・ゼンゲルも凄惨な過去に苦悩する難しい役どころを見事に演じている。

Photo_20210219164403

 テキサスやニューメキシコで撮影された壮大な自然。開拓民の質朴な暮らしぶり。そんな細部の描写が物語に奥行きを与え、深い余韻を残す。撮影センスもVFXの使い方も秀逸です。米国史の一面を鮮やかに切り取ったグリーングラス監督の手腕。バックに流れる音楽、ブルーグラスも素晴らしい。(ダジャレではなく・・・)

| | コメント (0)

2021年2月16日 (火)

まだ薪ストーブの季節

Photo_20210215151901

 もう2月半ば。信州奈川高原でも春の気配を感じる日があります。でもまだまだ薪ストーブが大活躍。グッと冷え込む日はそれでも足りず、寒冷地仕様の石油ストーブも燃やす。ただし石油ストーブは火に向いている側だけ熱くなって背中は冷え冷え、なんてことも。その点薪ストーブの火は柔らかくて体の芯から温まる。

Photo_20210215152301

 燃料は基本は敷地内で間伐した直径30~40cmのカラマツやナラ。伐り倒して玉切りにしてもらったものを斧で薪割り。それを2~3年乾燥させて使っています。薪に水分含有量が多いと燃えが悪く温まらない。シューシューと湯気が出ることも。まず薪自身を乾燥させるために熱量を使い、そのぶん暖房にまわる熱が減るからだ。

Photo_20210215152001

 木の種類によって温かさも違う。カラマツなど針葉樹はヤニが多いので高温になりすぎてストーブを痛めると言われる。ナラやクヌギは硬くて火持ちがよく理想的な薪材。ほかにシラカバやミズキも燃やす。燃える音も香りも、木によって違うから楽しい。上の写真がカラマツの薪。下がナラなど広葉樹。色も木目も違うでしょ。

| | コメント (0)

«木こりと映画監督