2019年1月16日 (水)

切り絵でここまでできるのか

Poster
 11人のカミワザ、超絶技巧の切り絵ワールドへようこそ! こんなキャッチフレーズで、「切り絵アート展」が開催されている。アーティストは蒼山日菜、井出文蔵、酒井敦美、関口コオ、辰巳雅章、筑紫ゆうな、倪瑞良、林敬三、百鬼丸、福井利佐、柳沢京子の11人。それぞれが追求している独創的な世界が楽しめます。

Photo
 切り絵といえば、一枚の紙から切り出した白と黒のシャープな世界、と思っていましたが、そんな既成概念は見事に覆されました。何枚もの紙を重ねて切り抜き、そのあと再構成する。切った紙と描いた絵画を組み合わせて作品にする。など、手法もさまざま。道具もカッターだけでなく、切り絵専用のハサミなど、いろいろ。

Photo_2
 反射光(順光)と透過光(逆光)で違う絵に見える作品もある。これはLED照明を組み込んだ特製の額入り。そして啓蒙主義者ヴォルテールの文章の書き文字を作品にしたものも。こんな発想、信じられませんでした。もう『切り絵』という言葉でひとくくりなどできないほど、『切り絵』の世界は進化しています。

息を呑む繊細美
切り絵アート展
2019年1月12日(土)~3月24日(日)
神戸ファッション美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

タイトルは、月まで三キロ

Photo
 伊予原新さんの短編集『月まで三キロ』(新潮社)がおもしろい。この「?」というタイトルにつられて、思わず買ってしまいました。「月まで三キロ」、「星六花」、「アンモナイトの探し方」、「天王寺ハイエイタス」、「エイリアンの食堂」、「山を刻む」の6編。今までちょっとなかった趣のお話に新鮮な感動を覚えました。オビには、「折れそうな心に寄り添う六つの物語」。まさにまさに、そんな珠玉の短編集です。SFではありませんよ。

Photo_2
 潮汐トルク。遺伝的多様性。樹枝状六花。ノジュール。示準化石。年縞。クォークとレプトン。右巻きニュートリノ。苦鉄質包有岩。マグマ混相流。???なんじゃこりゃ??? という理系マニアックな言葉がいっぱい出てきます。でも作者が描きたいのは、親しい間柄でも分かり合えない哀しみ。人生にふりかかる苦悩。そして難解な科学用語をスパイスに生まれる、ほのかな希望。ほっこり温かくなる現代の人情噺です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

冬枯れも、また楽し

Photo
 冬の六甲山。秋の紅葉が終わると、落葉した林は見通しが良くなり一年でいちばん明るい季節になります。山麓の日当たりのいい場所には、ススキやセイタカアワダチソウの綿毛が美しい。色といい形といい、ぜんぜん主張しないのにしっかり確立された美がある。枯れ草色の美しさに改めて気づく季節。

Photo_2
 枯れ草色とともに目立つのが、照葉樹林を構成するつややかな緑。その生命力あふれる緑に映えるのが真っ赤なヤブツバキです。六甲にもたくさんの群落がある。そして少し日陰になった場所にはアオキの赤い実が、やはり緑との対比で目に飛び込んでくる。枝に実だけ残った柿やマユミも見ごたえがある。

Photo_3
 緑の時期には葉が茂り下草も密集しているため見えなかったもの、気づかなかったものが見えてくるのも冬の山歩きの楽しみだ。伐採した木と切り株に薄茶色の半透明ビニールシートを被せたかたまりに、何か張り紙がある。「マツクイムシの燻蒸駆除」。 へぇ、こんなこともしているんだ。森林の維持管理は大変なのだ。放っておくと荒れる一方だから。

Photo_4
 修法ヶ原の奥を歩いていると、「少花粉スギ」の植栽を見かけた。まだ高さ2mぐらいですが、兵庫県森林ボランティア団体協議会が平成26年に植えた苗木だそうだ。花粉の量が通常のスギの1%以下だという少花粉スギ。花粉症対策に役立てばいいですね。何もないように思われる冬枯れの山のハイキングも、このようにおもしろい発見や新しい出会いがいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«マリア・カラス、真実の人生