2017年4月30日 (日)

レストラン・よねむらのオリジナルクッキー

Img_8765
   どっしりと重いそのクッキー缶をお土産に頂いた時「これは!一味も二味も違う、究極のクッキーだわ!」と、直感しました。
 「きっと、けいママが大喜びすると思って・・・」と、我が家に届けてくれた彼女、「でも、ほんと言うとね、私も食べてみたかったの、一緒に。だって絶対美味しいと思うから」
 うんうん、一緒に食べよう!最高のお茶タイムになる予感・・・
 まずはそのステキなクッキー缶を愛でる。イラストレーター・つづみさおりさんの作品だとか。レストラン・よねむら祇園本店をイメージして描かれているそう。
 そうなのです。このクッキーはそのお店のオリジナル商品。彼女はそこで思い切り美味しい食事をして、その帰りにこのお土産クッキーを買い求めてくれたのでした。
 Img_8724
   と、いよいよそのお味ですが・・・。まずはひときわ目立つグリーンのクッキーに手が伸びます。はい、京の老舗「丸久小山園」のお抹茶を贅沢に使用したお抹茶味。その濃厚さ!お抹茶は今や日本が世界に誇る味として、様々なものに使われていますが、さすがご当地京都の製品。お抹茶の世界を心得てはるわ。
 と、次に試してみたくなるのが、少し赤みを帯びたクッキー。これは何? あっ、七味味? ピンポ〜ン。これまた京都。清水の「七味屋本舗」の山椒風味豊かな七味を使用。憎いねえ〜!
 イタリアではよくペペロンチーノ(唐辛子)味のチョコレートを、どこのスーパーでも目にするのですが、ちょっと辛いもの、刺激のあるものと甘いものの組み合わせは癖になるんですよね。このクッキーは世界に誇る日本の一品に・・・。目が輝き、口が止まらなくなり、香ばしさ溢れるぶぶあられ(京都・鳴海屋)など、など12種類のクッキーを味わう。アラウンド・ザ・ジャパニーズクッキー。いやはや、参りました。脱帽です!
 レストラン・よねむらでは、毎日店頭販売されていて、また梅田阪急百貨店でも販売はあるそうですが、いずれにしろ入手困難な一品。予約がベターだそうですよ。さもありなん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

天正遣欧少年使節の展覧会

Photo_2
 1582年(天正10年)2月20日、長崎を出発。マカオ、マラッカ、インドのゴアを経由。喜望峰を回って、1584年8月10日、ポルトガルのリスボンに到着。2年半におよぶ長旅だ。当時13~14歳の伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルチノの遣欧使節団はマドリードやフィレンツェなど各地で熱烈な歓迎を受け、1585年3月23日ついにローマ教皇グレゴリウス13世に謁見がかなう。このとき教皇は感動の涙を流したと記録に残っている。
 プロテスタントとの戦いが続くなかで、カトリックの優越性を示したいローマ教会とイエズス会の思惑で企画された遣欧少年使節は、ヨーロッパ中に大きなインパクトを与えることに成功する。

Photo_3
 神戸市立博物館で開催されている「天正遣欧少年使節がたどったイタリア 遥かなるルネサンス」展は、彼らの足跡をイタリアのルネサンス美術作品で浮かび上がらせようという企画。トスカーナ大公国、ヴェネツィア共和国、ローマ教皇領などの肖像画や貴石モザイク、メダルやタペストリー、ブロンズ像や甲冑、書籍や地図、陶器や磁器・・・計75点の展示だ。
 1590年、彼らが帰国したときはすでに豊臣秀吉がバテレン追放令を発布していた。彼らの後の人生は大きく揺らぐことになる。

遥かなるルネサンス
天正遣欧少年使節がたどったイタリア
2017年4月22日(土)~7月17日(月・祝)
神戸市立博物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

ルーヴル美術館、220年の記憶

Photo
 「ルーヴルのないフランスは必要なのか?」と、刺激的な言葉を呟くロシア人の巨匠アレクサンドル・ソクーロフによる映画『フランコフォニア』。ルーヴルが持つ世界一とも言える美の価値は、つねに戦争とともに歩んできた歴史の集積だ。正直言って難解な映画です。哲学的で監督の自己満足という人もいるでしょう。始まったら即おねむになる方は、それもよし。

Photo_2
 この映画は第二次世界大戦中のナチス・ドイツによるパリ占領時、ジョジャール美術館長とドイツ軍の司令官メッテルニヒの関係を中心にしている。あくまで中心、というだけで、自在に時空を超えてストーリーは展開する(あっちゃこっちゃ彷徨う?)。そして時代をさかのぼりまた時代を下り、ヨーロッパの一大叙事詩をルーヴルからの視点で描く。

Photo_3
 ドイツ軍の爆撃機も出るし、重要な役回りで亡霊もあらわれる。ナポレオン1世は、「これも自分が集めてきたものだ!」と栄光を語るし、フランス共和国の象徴であるマリアンヌは「自由、平等、博愛」と呪文のように唱え続ける。マリアンヌはドラクロアの名画『民衆を導く自由の女神』やNYの像で、わたしたちにも有名だ。フランスでは貨幣や切手などに描かれ、三色旗(トリコロール)に並ぶ象徴です。

Photo_4
 映画のタイトル、フランコフォニアとはフランス語圏という意味らしい。このタイトルも良く分からないし、出だしから何度も挿入される嵐で荒れ狂う海を航行する美術品を積んだ貨物船も良く分からない。この船の船長はソクーロフ監督とスカイプでとぎれとぎれ交信している。もちろん現代。芸術は荒海の積み荷のように歴史に翻弄されるということ? 戦争や権力の前では無力だという比喩? きっと芸術を守るためには、絶えざる努力が必要なのでしょうね。

フランコフォニア
ルーヴルの記憶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヨコオ・ワールド・ツアーですよ