2022年7月 2日 (土)

山下清を大回想

   Photo_20220701171701
   
 小林桂樹や芦屋雁之助が主演した映画やTVドラマでも有名な『裸の大将』こと山下清。1922年(大正12年)に浅草で生まれ、1971年(昭和46年)に49歳で亡くなっている。今年が生誕100年。ということで、百年目の大回想というサブタイトルで『生誕100年 山下清展』が、いま神戸ファッション美術館で開催されている。

Photo_20220701171301

 山下清といえば「長岡の花火」をはじめとする緻密な貼絵が圧倒的に有名です。今回の展覧会では貼絵はもちろん、鉛筆画、ペン画、油彩、水彩画、版画まで多岐にわたる。大皿や急須や湯吞に絵付けした陶磁器まで展示されているのだ。これまで何度も見てきた天才画家の作品群。こんなにまとまった展示は初めてです。

Photo_20220701202001

 細かくちぎった色紙とコヨリをピースとして貼り合わせる貼絵。それに対してペン画も、やはり点と線で描かれている。貼絵のテクニックは他の画法とも親和性が高かったようだ。油彩の「ぼけ」や「つばき」や「ラッパ水仙」など花の作品も、期せずして後期印象派の画家たちと共通する趣がある。とはいえ本質は自然体です。

Photo_20220701204101

 海外にも行って作品を残している。ロンドンの「タワーブリッジ」や、パリの「エッフェル塔」。コペンハーゲンの「人魚増」やベニスの「ゴンドラ風景」などなど。さすがの観察力、描写力を示している。ただし以前の自由奔放な熱量が、少し落ちているのではないか。つまり、うまくなり過ぎている感じがする。(スミマセン、エラそうで)

   Photo_20220701204801

 有名になるにつれて、絵の先生やマネージャー的な世話係など取り巻きが増えていったのでしょう。善意からの指導やアドバイス。だけども言うならば100%の自分から、他の人の考えやモノの見方が入り込んできたのか。無意識のうちだと思うけれど。でも、そのおかげで『自分の顔』という自画像も生まれたのだから良かった。

   Photo_20220701220901

 昭和7年ごろから絵を描きはじめ、知的障碍児施設の八幡学園で暮らすも、そこを脱走。夏は北へ、冬は南へ、全国を気ままに放浪しながら、記憶に残った旅先での風景を貼絵などで表現。脳出血で生涯を終えるまで、激動の昭和を描き続けた。「今年の花火見物はどこに行こうかな」、が最後の言葉だったと言われている。

100年目の大回想
生誕100年 山下清 展
2022年6月25日(土)~8月28日(日)
神戸ファッション美術館

| | コメント (0)

2022年6月29日 (水)

イタリアは美味しい学校

   Love-jerato

 ローマ路地裏の絶品マリトッツォ。ばあちゃん秘伝のピスタチオのジェラート。観ているだけでヨダレが垂れそうな、イタリア美味と恋の探求コメディ。一見お気楽な映画ですが、母の秘密と自分のルーツ探しもからめ、堅物アメリカ女子の成長物語としてもなかなか見ごたえがありました。ブランドン・キャンプ監督の『ラブ & ジェラート』。

Photo_20220625102201

 がり勉で世間知らず、ボーイフレンドも作れないリーナ。亡き母との約束で、大学入学直前の夏休みをローマで過ごすことになる。現地で母の旧友から渡された昔の日記。そこには知らなかった母の意外な一面と初めて聞く名前。日記を手掛かりに美しい街と優しい人々に囲まれて、リーナのルーツ探しの冒険が始まる。

Photo_20220625103501

 自分から動き始めることによって生まれるさまざまな出会いと別れ。セレブのパーティやオペラ鑑賞、ローマ庶民の家庭でキッチン修行など、驚きと喜びを初体験することばかり。この辺りは『ローマの休日』にちょっと似ている。二人の若者の間で揺れ動きながら、母の思いが詰まったローマとフィレンツェの街並みを巡る。

Photo_20220625104401

 いろんな困難に立ち向かいながら成長を続けるリーナ。そして母の自分への深い愛を知り、母がいちばん教えたかったのは「自分自身を大切にすること」だと思い至る。美味を知る。恋を学ぶ。前向きに生きる。気持ちが浮き立つワクワク感と、後を引くおいしさ。母の時代も娘の今も、イタリアはまさに人生の学校だ。

3_20220625104801

 この作品が気持ちよかったのは、アメリカ人も、イタリア人も、それぞれの良い面が偏見なく描かれているところ。ともすれば一方的な立場から類型的に表現してしまいがちですからね。本当によくできたイタリア観光プロモーション映画でした。このところのコロナ禍で行けなかったイタリア。そろそろ行きたくなってきました。

| | コメント (0)

2022年6月26日 (日)

願う、信じる、前を向く

   Photo_20220621193801

 お手軽な作り話のようだけれど、実話に基づいた映画だという。2014年、メキシコのロスカボスを舞台にした『ブルーミラクル』。いや~、ホントに奇跡のような出来事があったのだ。資金難でつぶれそうな孤児院を、カジキ釣り大会の優勝賞金で救おうと奮闘する二人の男。予想通りのハッピーエンドですが、素直に拍手を送りました。

Photo_20220621201201

 こんなに見え透いた結末なのに、なぜ感動を覚えるのでしょう。まず、舞台となったメキシコの状況。治安が悪く殺人事件も多発する。親を亡くし住む家も失った子どもたちはストリートチルドレンに。目の前にはクスリや悪事の誘い。生きていくために避けられないのか。こんな孤児たちの面倒を見ているのが、主人公オガール。

Photo_20220621211501

 孤児院カサ・オガールは銀行からも見捨てられ、その存続は風前の灯火。しかも大型ハリケーンに襲われ万事休すか? そんなとき出会った、元腕利きのカジキマグロ漁船の船長ウエイド。考え方も性格も全く違う二人が、ぶつかり合いながらもオンボロ船で3日間の大会に挑む。乗船した孤児たちもみんな個性的。

Photo_20220621202802

 がんばればきっといいことがある。正しい行いをしていれば神さまが願いをかなえてくれる。口では言うが、「本当は人生は不公平なものだ」とみんな分かっている。でもどんなに誘惑に駆られても、ズルをしないし、間違ったことはお断り。しかし奇跡は起こったのだ。最後の最後、彼らは苦闘の末にチョー大物を釣り上げて優勝。

Photo_20220621202801

 主人公オガールを本当の父親のように慕う孤児たちとの強い絆。妻子と疎遠になっているウエイドの悔悟と人生の再出発。二人の人生はもちろん、子どもたちそれぞれが背負う人生も丁寧に描いた、監督・脚本のフリオ・キンタナの手腕は素晴らしい。諦めない努力と熱意が報われたことに、理屈を超えて感動しました。

  Photo_20220621200101

 実話に基づいたこの映画。エンドロールで孤児院カサ・オガールの「その後」も紹介されていた。もちろん無事に存続し、賞金できれいに建て替えられていた。運営するオガールさん夫妻は本当にいい人だから、めでたし、めでたし。なお世界高賞金のカジキマグロ釣り大会 Bisbee's は、今も盛り上がっているようですよ。

| | コメント (0)

«歌舞伎の赤胴鈴之助