2020年11月29日 (日)

本来、サクラは秋に咲く !?

  Photo_20201128143001

 JR六甲道駅から西へ少し歩いた南北の道。花園線という名がついているようですが、いまサクラがきれいに咲いている。道路整備にともなって植えられた、高さ3mに満たないまだ若い街路樹です。その数ざっと4~50本。ところで、近ごろ秋に咲くサクラをよく見かけるようになったと思いませんか? で、品種を調べようとネット検索。
 Photo_20201128143002

 十月桜、冬桜、四季桜、不断桜、小福桜・・・。いっぱいあるんですね、秋から冬にかけて咲くサクラ。小春日和に誘われて季節を勘違いしたうっかりもの、と思っていたけど間違いでした。調べているうちに東京農業大学のサイトで興味深い記事を見つけました。好奇心へのアドベンチャー VOL.5「サクラは実は秋咲きだった⁉」

Photo_20201128143003

 秋に咲くネパールのサクラと日本のヤマザクラやソメイヨシノなどは遺伝子的に非常に近いこと。亜熱帯で標高が高く一年中温暖なネパールから、中国などを経て北上し日本にまで分布を広げる過程で、春に開花するように進化したことなどが説明されている。厳しい冬を「休眠」して生き延びる「種」としての知恵。秋に咲く十月桜や冬桜は「狂い咲き」ではなく、先祖返りによってよみがえった姿。

Photo_20201128150101

 そして近所で見たサクラは花の色、八重でない、長い雌しべを持つことから「ヒマラヤザクラ」だという(個人的)結論に至りました。なんだ「元祖」じゃないか。二酸化炭素や窒素化合物の吸収率がソメイヨシノの5倍と高いヒマラヤザクラは、いま環境浄化に役立つ木として注目されている。なぜ日本に?という話はまた次の機会に。

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

オシャレな哲学アニメ

  Photo_20201125215901  

 切断された自分の体を探すため、パリの街をさまよう男の手。なんてシュールなアニメなんだ! なんてオシャレな映画なんだ! ジェレミー・クラパン監督にとって長編アニメーションのデビュー作だという。大人のメルヘンと言うには、ちょっと哲学的過ぎ? でもそのあたりが、さすがフランスの作品、トレビアン!

Photo_20201125220001

 あの『アメリ』の脚本を担当したギョーム・ローランの小説が原作。なるほどね、という感じの日常的な道具立て。だけどもそれらが合わさると、なぜかシュールな世界になってしまうから不思議。こっそりと徘徊する手が中心の画面には、アリやハトやネズミが相対的に大きな体であらわれる。気味悪さより乾いたユーモアを感じる。

Photo_20201125220003

 ハエの羽音から始まるこの映画。同じアニメーションでも宮崎駿監督や新海誠監督の作品とはテイストがまったく違う。可愛くないキャラクターも、シックな色調も、流れているクールな音楽も。文化の違いか、作家の個性か。(たぶんその両方です) 世界にはいろんな表現、いろんな感性があるものだ、と改めて感心しました。 

Photo_20201125220002

 町を動き回る手がなにかに触発されると、連想ゲームのように温かい過去の記憶がよみがえる。回想シーンはモノクロだ。両親の愛に包まれた夢あふれる子ども時代と、思い通りにいかない現実の日々の対比が絶妙だ。シンボリックにあらわれる小さなハエと、巨大な建築用クレーン。ミクロとマクロ。世の中の見方がおもしろい。

Photo_20201126005501

 切断された手が自分の体を求めるアヴァンチュール。それ自体が意識を持つ存在として自立している手が、地下鉄やゴミ処理場など都会の片隅を巡る冒険。幸せな記憶。悲しいトラウマ。淡い恋心。希望への旅立ち。さまざまな感情を乗せた美しい映像詩。いいモノに出会えました。これもNetflixのおかげです。 

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

ソフィア・ローレンは健在です!

   Photo_20201122163801

 えっ! ソフィア・ローレン主演? Netflixオリジナル『これからの人生』(LA VITA DAVANTI A SE'   英語ではThe Life Ahead)というヒューマンドラマで素晴らしい演技を見せている。86歳ですよ。さすが、世界の名女優。監督はエドアルド・ポンティ。ポンティ?もしかしたら、と思ったあなた、そうなんです、彼女の息子さんです。

Photo_20201122164001

 アウシュビッツを生き延びたユダヤ人女性の元娼婦マダム・ローザ。自宅で子守をして生計を立てている。セネガル難民の男の子モモは、母を亡くして独りぼっちのすさんだ暮らし。心に傷を持つ二人が出会い、共に暮らすうちに少しずつ心を開いていく。そんな気持ちの機微を丁寧に描いて、感動的な映画に仕上がっている。

Photo_20201122163902

 ユダヤ人と黒人。ユダヤ教徒とイスラム教徒。ホロコーストと難民。ゲイの親子と認知症。イタリア南部プーリア州を舞台に、社会の底辺で生きる少数派の人たちが繰り広げる日々の生活。暗いお話になりがちなシチュエーションですが決して暗くない。それは悪人が出てこないからか。ヤクの売人ですら、すごくやさしい。

Photo_20201122163901

 過去の壮絶な体験からの心理的逃避。現実を脱出するために見る幻覚。それぞれに秘密を抱えたまま一生懸命に生きる二人を見守る、ちょっとアンバーな映像が温かい。大きなテーマを扱いながら重くなり過ぎない。グッと胸にくるラストまで引っ張っていく、イタリア伝統の人情劇は健在です。ソフィア・ローレンも健在です。

| | コメント (0)

«ロンドンから西洋絵画史