2017年6月29日 (木)

ジャパングラフ、7号は沖縄

Japangraph_2
 全国の47都道府県をひとつずつ取り上げ、その土地の風土や固有の文化を美しい写真と文章で紹介する『JAPANGRAHP』。写真家の森善之さんが中心になって株式会社七雲から発行されている。急速に画一化が進むなか、いま残さなければ消えてなくなるかもしれないモノやコト、景観や祭礼や風習を丁寧に取材。それらを一冊の本にまとめるという、とても意義のある活動だ。そしてこのたび7号沖縄編が出版され、その出版記念展が開催されている。

Photo_3
 沖縄県はとても広い。今回の取材でも、本島以外に伊江島や平安座島、久高島、宮古島や石垣島、鳩間島や与那国島、波照間島、南大東島などの島々をアーティストたちが訪れている。そこで彼らが見て記録した神事や生活習慣は、大きな海に隔てられているせいか、それぞれ独特の姿がある。神話と伝承。自然と人間の融合。先祖の魂と現代の子供たちとの交流。観光客の目では触れられない、奥深い歴史と真実の暮らしが、すごく魅力的に映る。

Photo_4
 ネット上にはさまざまな情報があふれ、もはや手に入らない知識や知見はない、という便利な時代になりました。でも、だからこそ、しっかりした目で編集しパッケージされたジャパングラフのような本が、ますます存在価値を高めてくると思う。まだ7号、47すべてを出し終えるまで、ぜひがんばっていただきたいと思います。

coffee books gallery iTohen
6月21日(水)~7月2日(日)
大阪市北区本庄西2-14-18 富士ビル1F

books & folkart ナナクモ
6月23日(金)~7月2日(日)
京都府宇治市宇治妙楽144

平敷兼七ギャラリー
7月5日(水)~7月17日(月)
沖縄県浦添市城間1-38-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

人類の、のっぴきならない遊動

Photo
 「INEVITABLE NOMADISM のっぴきならない遊動」という気になるタイトルの展覧会を、京都芸術センターへ観に行ってきました。黒宮菜菜、二藤健人、若木くるみ、若手アーティスト3人のグループ展です。
 10万年前にアフリカを出発したホモサピエンス。何万年をかけて世界のすみずみまで拡がった。その過程でいろんな場所に芸術の痕跡を残してきました。動く、遊ぶ、表現する、残す・・・これらはDNAに組み込まれた人類の本能かもしれません。

Photo
 そんな本能を内包した身体性をベースにした平面作品、映像作品、立体作品、インスタレーションの展覧会。会場の京都芸術センターは、1993年に閉校になった明倫小学校を活用した多目的アートスペース。1階から4階までの元教室や階段の踊り場、廊下を使った展示は見ごたえ十分。
 三人三様、それぞれ面白いが、和紙や染料を使って「にじみ」や「ぼかし」で表現する黒宮さんの独創的な絵画にとても感動しました。由緒ある戦前の名建築と渾然一体となった、素晴らしい世界を産み出している。今後の活動に期待したい。

黒宮菜菜/二藤健人/若木くるみ
INEVITABLE NOMADISM
のっぴきならない遊動

2017年5月25日(木)~7月2日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

草の辞典

 Images
 ふらりと立ち寄った本屋で目にして、パラパラとめくって即購入した本。その決め手って一体何なのでしょう? それは多分、心の片隅の小さなポケットのような部分に思わず触れて、「うん?これは?」と、取り出してじっくり眺めてみたくなるよう感覚でしょうか? 何せ手元に置きたくなるんですよね。iCloudにあるから、ネット上にあるからいいじゃん!では無く。
 さて著者の「森乃おと」さんのメッセージを少し抜粋します。
 『草の辞典』に登場した花の多くは雑草です。雑草というと、つまらない草、ありふれた草というイメージですが、こうして並んだ写真を見ていると、まるで宝石箱のようだと思いませんか?
 思います!思います! シロツメグサやスミレ、コバンソウなど四季を通じて、どこにでも見かけられるような草花の、何と輝いていることでしょう。真剣に花の名前を調べる。調べたい!という場合には、正直少し不向きな辞典かもしれませんが、まずはそのとっかかりを与えてくれるという意味において、とても素敵な辞典だと思います。
 私はベッドサイトにこの本を置いて、寝る前の僅かな時間に眺めたり、拾い読みをしたりしていますが、そんな時にふと昔大好きだった曲の一節をいつも思い出します。
 “野に咲く花の、名前は知らな〜い。だけども野に咲く花が好き。”
 Img_8450
   “どの草にも名前があり、それを知ると自然はくっきりと見えて来ます。”と著者の言葉。
 確かに! 名もない雑草は無いと言いますね。我が家のベランダでいつの間にか葉を茂らせた・・・実はこれ、今大流行の「コリアンダー」なんですが、その名を知らなければただの雑草にしか見えない?
 季節の訪れ、変わり目を、懸命に生きる姿で私たちに教えてくれる草花たち。心に余裕があれば、草花を愛でようという気持ちがあれば、日々の営みはうんと楽しくなっていくのですね。
 そうそう、辞典の中のパート2・花のこと葉の章にこんなこと葉を見つけました。
 “別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。川端康成”
 草花に込められた、秘められたこと葉の世界。様々な花言葉に加えて、草花を料理やお茶など生活に取り入れて楽しむ知恵もいっぱい詰まったオススメの辞典です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«まだ早め?六甲のアジサイ