2017年7月22日 (土)

信州の、夏の、天の川

Photo_4
 まわりには何もありません。真っ暗です。信州奈川の夜。だから星空がきれい。梅雨も明けたようで、天の川もこんなにきれいに見えます。
 天の川で隔てられた織姫と彦星。一年に一度だけ会えると言い伝えられている七夕なのに、雨が降ったり空が雲に覆われたり、気の毒にも会えない年がよくある。そりゃそうだ、新暦の七夕はまだ梅雨時。それに都会では空が明るすぎて、小さい星の集合である天の川は光が弱すぎて見えません。
 芭蕉が 『荒海や 佐渡に横たふ 天の河』 と詠んだ時代の空はもっと暗かったはず。天空一面にタテに横切る天の川がくっきりと見えていたに違いない。この句が詠まれたのは七夕も近い7月4日だそうだ。もちろん旧暦の話。奥の細道で歩いたその年は、新暦では8月18日らしい。晴れた夜空を見上げるのは、これからですね。

Photo
 松本では民家の軒先や焦点のショーウインドーに七夕人形を飾る文化があります。きっと織姫と彦星の伝説から生まれたものでしょう。奈川では見たことがないので、松本市内に特有の習俗かもしれません。言わばお雛さまの七夕バージョン。折り紙のような簡易版から、本物の着物を子ども用ぐらいに小さくして着せる本格的なものまで、多様なカタチがある。専門の人形店もあるし、カルチャーセンターで七夕人形作りのワークショップまで開かれている。
 そうそう、天の川を見に外へ出ると、ホタルが3~4匹飛んでいました。奈川の家でホタルを見たのは初めてです。いつもこんな時間は夕飯を食べたあと、お酒タイムになっているから外に出ることはない。下の川まですこし距離があるのに、まさかホタルなんて!思ってもみなかった。感激です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

ソバの花と栗の花

2w7a6478d
 いま信州奈川では、ソバの花と栗の花が満開です。このソバは夏ソバ。8月後半に収穫される。普通にソバと言ったら8月お盆過ぎに花が咲く秋ソバ。これは9月末から10月にかけて収穫される。それはさておき、ソバの花ってちょっと臭いニオイがするって知ってました? 鶏ふんや堆肥に似たニオイが風向きによって漂ってきます。
 蕎麦はまだ 花でもてなす 山路かな (芭蕉)

Photo_2
  栗もいま花盛りです。ソバの花に比べてうっすらベージュがかった白色。夕方撮ったのでよけいに黄色っぽく見えますが。実ができるのは9月後半から。そして栗の花も独特のニオイがある。昔からよく男性の精液のニオイがする、と言われていますがホント生臭いです。
 怒る栗 笑う栗 皆 落ちにけり (子規) 

Photo_3
 ソバも栗も、花の時期は決してかぐわしいとは言えないニオイがするのに、秋に収穫して食べると得も言われぬ美味しさです。不思議ですね。イヤなニオイがする、姿は悪い、けれど食べたらメチャ旨いものもよくあるじゃないですか。人もモノも見た目だけで判断したら、自分が損する。そう思いませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

O JUN ×棚田康司の展覧会

Photo
 画家・ O JUN(おうじゅん)と彫刻家・棚田康司の「鬩(せめぐ)」展が、伊丹市立美術館で開催されている。単なる二人展ではない。タイトルの通り、まさに二人の表現がせめぎ合っている。それにしても、『鬩』なんてむずかしい字は初めて見ました。せめぎ合いの、せめぐ。絵画と彫刻、ジャンルは違っても、一騎打ちのバトルを繰り広げ、しかもお互いのエネルギーの相互作用でもう一段上の展覧会にまで高められている。

Photo_2
 1956年生まれの画家は、日常の事物や人物、あるいは抽象的な記号をさまざまな画材をミックスさせて描く。1968年生まれの木彫家は、ミステリアスで不思議な存在感の少年少女を生み出す。第3会場の奥の展示室では、随時公開制作も行われている。この日は棚田さんがノミと木槌で大きな木に対峙しておられました。

Photo_4
 3つの会場と1階2階のロビーも使った128作品。同じモチーフだとすぐにわかる作品の並びもあれば、まったく脈絡なく並べられているように見えて、なにか妙に心が揺さぶらものもある。不安や不穏や喪失感・・・観ている展示空間からは、現代が決してハッピーなだけじゃないことを示している。

Photo_3
 「絵画は壁に、彫刻は床に」、という常識を打ち破って入り混じって展示する方法も効果的だ。反発し共鳴し調和して、1+1が5にも10にもなる二人の世界。こんなスリリングな二人展は初めて見ました。まさに鬩ぎ合い、一騎打ちの真剣勝負! ちなみにこの展覧会は伊丹市立美術館の開館30周年を記念したものだそうです。

O JUN × 棚田康司
「鬩(せめぐ)」展

2017年7月8日(土)~8月27日(日)
伊丹市立美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«TAPは極上のエンターテインメント